10月に入るとテレビは賑やかに
なりますね。

 

新番組が続々と始まります。

 

また、恒例のスペシャル、特番が
目白押しになりますね。

 

いつもと違う番組表になるので
予定録画がおかしくなります。

 

録画してもいない番組がとれたり
していて、「これ何?」「誰が
録画したの?」って騒ぎに
なることがありますね。

 

予定していない特番が録画されて
いたりするからです。

 

まあ。年に2回のいつもの出来事です。

 

期待していた新場組みがしっかり
録画できていれば、問題ない
ですね。

 

この半年以上騒がれた新ドラマ
スタートしました。

 

ミスキャスト」「イメージが違う
と言われた復活ドラマは、
どうだったでしょうか。

 

 

武田鉄矢「水戸黄門」1話がスタート

武田鉄矢さん主演の「水戸黄門」1話
スタートしましたね。


引用元:http://www.bs-tbs.co.jp/mitokomon/

 

BS-TBS水曜午後7時の新ドラマです。

 

久々の国民的時代劇が復活すると
話題になりましたね。

 

しかし、黄門様が武田鉄矢さんで
騒ぎとなりました。

 

そんな中で始まった「武田黄門様」
どうだったのでしょうか。

武田鉄矢「水戸黄門」1話あらすじ

水戸黄門のあらすじは、いつも
同じですね。

 

ただ、キャストと旅先と事件の内容が
少しずつ違うだけですね。

 

武田鉄矢さんの「水戸黄門」1話も
そのようになっていました。

 

ご老公は、水戸でのんびりと
隠居生活を過ごしています。

 

子供たちに学問を教える寺子屋は、
賑やかですね。

 

そんなとき、八戸藩士の大川新太郎
が、深手を負って担ぎ込まれます。


引用元:http://www.bs-tbs.co.jp/mitokomon/

 

大川は、八戸藩城代家老の悪政を
江戸の藩主に知らせる命を受け
江戸に向かっていました。

 

その旅の途中、大川は忍びに襲われ
てしまいます。

 

ご老公は、風車の弥七に次第を調べ
させます。

 

大川の命を狙った忍びは、
柳沢吉保の手先の柘植九郎太でした。

 

そんなことが分ったとき、
大川は息を引き取ります。

 

そして、吉保と城代家老の
悪政を暴くため黄門様一行は
八戸に向かい旅立ちます。

 

八戸藩では、代官が悪事
はたらき人々を苦しめています。

 

中には、濡れ衣で捉えられた
村人もいます。

 

黄門様は、村人を集め大勢で
「じゃんがら踊り」を踊ります。

 

その騒ぎにまぎれて捕らわれた
村人を救おうとします。

 

しかし、代官や役人たちとの
戦いが始まります。

 

そして、いつもの印籠を出し
代官の悪事を裁き村人を助けます。

武田鉄矢「水戸黄門」1話のキャスト

武田鉄矢「水戸黄門」1話の
キャストは、ゲスト出演
ありました。

武田鉄矢「水戸黄門」1話のキャスト

水戸光圀:武田鉄矢
佐々木助三郎・財木琢磨
渥美格之進:荒井敦史
風車の弥七:津田寛治
柳沢吉保:袴田吉彦
柘植九郎太:長谷川純

おみち:小島藤子
大川新太郎:佐野泰臣
番頭:あばれる君
留吉:宮路オサム
嘉助:直江喜一

語り:生島ヒロシ

「水戸黄門」1話の注目のゲスト出演

武田鉄矢「水戸黄門」1話には、
レギラーキャストとともに、
ゲスト出演がありました。

 

武田鉄矢さんの「水戸黄門」1話を
飾るゲストたちでしたね。

 

八戸藩士の大川新太郎役は、
「金八先生」で武田鉄矢さんの
息子を演じた佐野泰臣さんでした。

 

いきなり襲われて、命を落とす
役でしたが、新ドラマで旅が
が始まる重要な役柄でしたね。

 

村娘の「おみち」を演じたのは、
小島藤子さんです。


引用元:http://www.bs-tbs.co.jp/mitokomon/

 

NHK朝ドラ「ひよっこ」にも
出演した、注目の小島藤子さん
ですね。

 

黄門様に地元の名物「凍み餅
をご馳走します。

 

村娘の役も可愛いですね。

 

番頭役で出演したあばれる君
には、見ている方もビックリ
しましたね。


引用元:http://www.bs-tbs.co.jp/mitokomon/

 

黄門様の印籠を見つけて驚いた
様子と顔が、あばれる君そのもの
でした。

 

黄門様が印籠を腰にぶら下げて
いましたが、印籠を格さんに
預ける経緯が分るシーンでしたね。

 

また、「金八先生」から
直江喜一さんが嘉助役で、
茨城出身の宮路オサムさんが
留吉役で出演しましたね。


引用元:http://www.bs-tbs.co.jp/mitokomon/

 

このように1話は、ゲストの
出演する姿を探す楽しみも
ありましたね。

 

 

武田鉄矢「水戸黄門」CMにビックリ!

武田鉄矢さんの「水戸黄門」は、
歴代と違った取り組みが感じ
られましたね。

 

いろんな意見がありましたが、
キャストを一新し42年間続いた
歴代の常識を変える意気込みを
感じます。

 

その一つなのか分りませんが、
「水戸黄門」ドラマ中のCM
ビックリしました。

 

なんと、CMに入ったと思ったら
黄門様と格さん・助さんが
登場しました。

 

そして印籠を取り出し、例の
口上です。

 

アレッ!おかしいな、流れが違う
と思っていたら、取り出した印籠
変わりました。

 

マルちゃんの赤いきつねと
緑のたぬきです。


引用元:https://twitter.com/2kaikara/status/915525940565774336/photo/1

 

ああ!CMだ!と気が付きました。

 

これって、ありなんでしょうね。

テレビ局も分ってやってる
ことですから。

 

計算、ジョーク、ユーモア、
それともイメージの一新でしょうか。

 

このCMのあとに、本番の印籠シーン
ありました。

 

笑うしかなかったですね。

武田鉄矢「水戸黄門」1話の評判

武田鉄矢「水戸黄門」1話の評判は、
どうだったでしょうか。

 

放送前の否定的な意見よりも
よい感想が多く見られました。

 

武田鉄矢さんの「親しみやすい
水戸光圀で」とコメントが以前
ありました。

 

実際の1話を見てみると、確かに
歴代の黄門様より身近に感じますね。

 

歴代に比べて重みがないと言えば
そうかもしれません。

 

しかし、そのために今まで水戸黄門を
見たことのない若い人には評判
よかったようですね。

 

事前の情報とは違って、鉄矢さんの
黄門様は面白い来週も観る
という意見が多くありました。

 

キャストを新しく入れ替え、
格さん、助さんをはじめ若返りの
キャストが、若い人にウケている
のかもしれなですね。

 

津田寛治さんの風車の弥七が
カッコイイという声も
多かったですね。


引用元:http://www.bs-tbs.co.jp/mitokomon/

 

また、財木琢磨さんと
荒井敦史さんの主題歌も
スッキリしてよかったです。

武田鉄矢「水戸黄門」の特徴

武田鉄矢さんの「水戸黄門」は、
歴代にない特徴が出ています。

 

その一つがラーメンですね。

 

水戸光圀が日本で最初にラーメンを
食べたのではない、という報告が
最近ありました。

 

そのためかどうか分りませんが、
1話でご老公がラーメンを作ります。

 

ただ、八戸藩士の大川新太郎が
切られて運び込まれたため、

苦しんでいる大川の傍で、格さん
助さんがラーメンをすする
ことになります。

 

チョッと、という場面ですが、
美味しかったのでしょうか。

 

また、生島ヒロシさんの
ナレーションとは別に、
弥七の語りが加わっています。

 

NHK大河ドラマのように、
ドラマが終わったあと
「弥七が行く!」があります。

 

弥七がドラマの舞台となった
地元を紹介します。

 

これも、なかなか評判が
いいですね。

 

それと、印籠を出すシーンですが、
歴代よりも5分ほど遅いですね。


引用元:http://www.bs-tbs.co.jp/mitokomon/

 

1話だけなんでしょうか。

 

あと、黄門様の4文字述語
解説も毎回定番となるのでしょうか。

まとめ

武田鉄矢さん主演のドラマ
「水戸黄門」は、いろんな
意見のうちに1話がスタート
しました。

 

歴代と違う革新的なチャレンジ
多く見られましたね。

 

ネットの評判も若い人を中心に
好評でした。

 

地上波で放送して欲しいという
声も多かったですね。

 

キャストが新しく、若い俳優が
多いので、新鮮な時代劇
なっています。

 

まだまだ馴れていない感じも
ありますが、そんなところが
新鮮に思えるのでしょうか。

 

今回の水戸黄門は、10話完結
となっています。

 

続きがあれば、地上波で
放送して欲しいですね。

 

もっと視聴者は増えると思います。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事