なつぞら 96話あらすじです。

 

なつ達の短編映画が、完成しました。

 

次の作品までの間、しばしの休息です。

 

みんな揃って、自然の中でハイキングをします。

 

そんな時、麻子さんが、みんなに意外な事実を伝えました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第96話 短編映画が完成する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつ達の短編映画が出来上がり、アフレコの時が、やって来ました。

 

声優には、蘭子ら咲太郎のプロダクションが、参加をしました。

 

なつや麻子、下山も声の吹き込みに、立ち会いました。

 

なつや麻子は、ストーリーに引き込まれるように、見ていました。

 

そして、無事アフレコが、終了しました。

 

蘭子は、まるで魔女に乗り移っているような、演技でした。

 

魔女は、とても良いキャラクターで、気持ちが自然と入った。

 

絵もチャーミングだし、とても好きだわ。

 

と、蘭子が絶賛しました。

 

それを聞いた麻子は、思わず「ありがとうございます。」と、蘭子にお礼を言いました。

 

魔女には、麻子さんの魂が込められていたのね、と蘭子が言いました。

 

なつは、坂場に、仲の感想を尋ねました。

 

仲は、何も言いませんでした。

 

あなたは、これで満足していますかと、坂場が問いかけました。

 

なつは、満足していない。もっと、坂場と作りたいと、答えました。

 

それなら、私と同じですと、坂場は言いました。

 

なつ達は、短編映画を完成させて、しばしの休息を味わいました。

 

みんな揃って、ハイキングに行きました。

 

自然の中で、バレーボールをしました。

 

運動が苦手の坂場は、上手くボールを返せません。

 

ダメですと諦める坂場に、麻子が言いました。

 

人には、何度も描き直しさせて、自分は簡単に諦めるワケ。

 

なつが、とにかく頑張りましょうと、続けました。

 

 

麻子、結婚のために会社を辞める

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

みんなで弁当を食べます。

 

なつは、麻子が、なっちゃんと、初めて呼んでくれたことに感動し、涙を流しました。

 

なつの姿を見て、みんなが笑いました。

 

食後、皆がはしゃぎまわる中、麻子は一人で、森の中に立っていました。

 

皆が、麻子の周りに寄ってきます。

 

わたし、結婚するの。

 

学生の時付き合っていた人が、建築家としてイタリアに行きます。

 

彼からプロポーズされ、迷った。

 

でも、今回の作品で、踏ん切りかついた。

 

仕事に満足したから、結婚しても良いと思った。

 

麻子は、なつのようには、まだ楽しめない。

 

それが、どうしてなのか、一旦立ち止まって考えてみたい。

 

と、麻子が打ち明けました。

 

坂場は、麻子のようなアニメーターは、日本にはいないと、言いました。

 

必ずまた、戻って来てくださいと、なつが言いました。

 

戻って来たくなるような漫画映画を、作ってねと、麻子が言いました。

 

なつは、分かりましたと、なつが誓いました。

 

なつぞら 96話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 96話あらすじ感想のまとめです。

 

なつ達の短編映画が、完成しましたね。

 

アフレコの時から、なつや麻子は、満足そうに見入っていました。

 

とくに、麻子さんは、区切りとなる作品だったので、気持ちが入っていました。

 

麻子さんが、何かを見つけ、なつ達に新たな気付きを与えてくれると、いいですね。

 

さて、なつは、次にどんな長編映画に、挑戦するのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事