なつぞら 97話あらすじです。

 

なつは、26歳の若さで、初の女性アニメーターになりました。

 

週刊誌の記事にもなり、咲太郎も亜矢実も大喜びします。

 

そんな時、なつは、突然移動することになりました。

 

テレビアニメを製作するテレビ班で、原画担当とします。

 

長編漫画とは異なるテレビ漫画に、なつは動揺します。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第97話 なつ、女性初のアニメーター

なつ、取材を受ける引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和38年(1963年)の夏に成りました。

 

なつは、東洋動画初の原画担当の女性アニメーターとなりました。

 

そのため、一躍話題の人となりました。

 

この日なつは、週刊誌「週刊文夏」の取材を受け、アニメーションの制作について、記者に説明をしました。

 

記者から、夢は何かと、質問をされました。

 

なつは、素敵な漫画映画を作ることです。

 

子供が夢を見るように漫画映画を見て、その夢が大人になっても醒めない作品を作りたい。

 

私が、北海道を出て7年、子供の頃の夢を見続けているように。

 

と、答えました。

 

しばらくして、なつの記事が掲載された週刊誌が、発売となりました。

 

亜矢実は、週刊誌の写真を見て、大喜びします。

 

亜矢実は、週刊誌を沢山買い込んでいました。

 

欲しいというお客に、売るためです。

 

あと、北海道の家族にも、送ってあげると言いました。

 

なつは、千遥にも、送れたらいいなと、思いました。

 

咲太郎が、レミ子を連れて、風車に戻ってきました。

 

咲太郎のプロダクションは、仕事が増えて、四谷に事務所を持ちました。

 

レミ子はも、男の子の声優として活躍しています。

 

レミ子が、雪次郎のことを話しました。

 

雪次郎も、吹き替え役で、当たり役を得て、忙しくなっています。

 

アメリカのコメディ「ビューティフル・ナンシー」で、気の弱い夫の役です。

 

妻のナンシー役は、蘭子です。

 

雪次郎と蘭子の番組は、大人気となりました。

 

その二人が、劇団で噂になっていると、咲太郎が言いました。

 

雪次郎と蘭子が、恋仲になっているという、噂です。

 

 

なつ、テレビアニメの制作に移動

テレビ班の猿渡引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、心配になり、雪治朗の部屋を訪れました。

 

雪次郎は、蘭子さんのことだろうと、分かっていました。

 

噂は知っているが、何でもない。

 

俺は、蘭子さんに、早く追い付きたい。

 

好きだとか、言っている場合ではない。

 

芝居が好きなように、蘭子さんが好きだ。

 

と、雪次郎が、打ち明けました。

 

なつは、会社で、仲から話があると言われました。

 

仲は、中間管理職の作画課長になっています。

 

茜も出席するように、言われていました。

 

今年の1月から、手塚治虫プロダクションの「鉄腕アトム」がテレビで、大ヒットしています。

 

それで、東洋動画でも、テレビ用のアニメーション、テレビ漫画を作るテレビ班を設立します。

 

なつは原画として、茜は動画として、テレビ班に移動する。

 

坂場は、テレビ班で、演出家となります。

 

放送開始は、今年の12月です。

 

企画は、猿渡 竜男(新名 基浩)で、原画も担当します。

 

テレビ漫画のタイトルは、「百獣の王子サム」です。

 

舞台は、架空のジャングルで、ライオンに育てられた少年が、サムです。

 

サムは、人間なので、動物たちから差別を受けます。

 

そのサムが、様々なトラブルを解決していいきます。

 

そして、百獣の王として、動物から認められるようになる話です。

 

なつは、仲に質問をします。

 

東洋動画らしくというのは、鉄腕アトムとは、違うやり方で作れということか、と。

 

鉄腕アトムと同じ作り方でないと、テレビでは成立しないだろう。

 

低予算で、時間もない中で、テレビであれだけヒットしていることに、価値がある。

 

と、仲が説明しました。

 

坂場は、鉄腕アトムは、アニメーションであると、認めているのだろうか。

 

東洋動画らしい、アニメーションの作り方だと思わないと、仲に聞きました。

 

もちろん、鉄腕アトムは、フルアニメーションではないと、仲が答えました。

 

それでも、作る価値があると思うかと、坂場が言いました。

 

なつは、この新しい波に翻弄されるのか、乗るのでしょうか。

 

なつぞら 97話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 97話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、初の女性アニメーターとなりましたね。

 

26歳の若さです。

 

そのため、週刊誌の取材で、インタビューされます。

 

もちろん、週刊誌の記事となり、大騒ぎです。

 

写真も一面にデカデカと、載っていました。

 

そんな中、東洋動画に、テレビ班が新設されます。

 

テレビアニメのブームに、乗り遅れないためです。

 

なつが、アニメーターになった1963年1月から「鉄腕アトム」のテレビ放送が味まります。

 

そして、大ヒットしました。

 

その年の夏に、アニメ班が出来ます。

 

しかし、長編漫画映画と、テレビのアニメ漫画は、作り方が違います。

 

毎週30分の放送ですから、長編漫画のように作っていては、時間が足りません。

 

なつや坂場は、どう対応するのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事