森七菜「釣った魚でお寿司を食べる?」が1番やりたいこと!

女優

森七菜さんが、1億3000万人のSHOWチャンネルに出演し、自分で釣った魚で、お寿司をどれだけ食べられるかに、挑戦しました。

 

1番やりたいことの驚きの全貌を紹介します。

スポンサードリンク

森七菜、釣った魚で寿司を食べるに挑戦

引用元:https://www.ntv.co.jp/showchannel/

森七菜さんは、1日で、自分が釣った魚で、お寿司をどれだけ食べられる?に、挑戦します。

 

普段だと、お寿司は30貫ほど食べられます。お寿司は、大好きです。森七菜さんの食に関する情報は、たくさん放送されています。

 

今回は、自分で釣った魚をお寿司にし、どれだけ食べられるかという挑戦です。

 

森七菜さんは、小学生の時に、1回だけ釣りをやったことはあるが、釣れませんでした。超初心者です。

 

人生初の魚を釣り上げてみたい。すべてが、味方してくれそうな気がするので、大丈夫です。と、抱負を語りました。

 

魚は、3種類くらいは、食べたい。と言うのが、森七菜さんの計画です。

スポンサードリンク

森七菜がユニーク過ぎる釣りを始める

釣り本番の日は、とても良い天気です。出発場所は、横浜市の金沢八景です。

 

風もほとんどありません。いい釣り日和です。最高です。

 

「海賊王に俺はなる!」と、森七菜さんは、絶好調です。

 

釣り船は、「金沢八景 黒川丸」で、船長は、栗川欣也さんです。

 

釣った魚を、船上で寿司にしてくれるのは、「板前寿司」の布川進さんです。ドンドン釣ってもらえれば、バンバン握ります。

森七菜は港を出港しポイントに向かう

いざ、出港します。AM9:30です。森七菜さんは、ワクワクしてきます。

 

制限時間は、日没までの6時間です。果たして、何ネタのお寿司が、食べられるのでしょうか。

 

森七菜さんは、昔住んでいた家が、3日で建てたような家だったので、毎日ナメクジと一緒に、お風呂に入っていました。

 

さらに、畳の間から、カイワレ大根が生えてくるような家だったので、魚を触るのは、ぜんぜん平気です。

 

ポイントに近づくと、次第に波が高くなってきます。「波乗りだぜぇ!」と、森七菜さんは、快調です。

 

波の飛沫がかかるたびに、「アハハッ!」と、めっちゃ楽しそうです。ジェットコースターに乗っているみたいです。

 

森七菜さんの好きなネタが、大トロ、アナゴ、ゲソなので、マグロとイカ、アナゴを狙います。

 

ネタを考えるだけで、ヤバイです。もう、お腹が空いてきました。

スポンサードリンク

森七菜、1投目でテンションが下がる

最初のポイントに、到着します。

 

「いってらっしゃい。美味しいお魚を誘っておくれ。美味しく食べてあげるから。」と、1投目を投げ込みました。

 

3分後、「難しそうですね。簡単な作業だなと思ったのに。」「ええー、これ釣れるの?」と、早くも現実に直面します。

 

1投目にして、テンションが下がり気味です。森七菜さんの想像では、もう釣れているはずでした。

 

「くそお」悔しがります。「どうしてだ~」釣りって、そんなものですね。

 

しかも、そんなに悔しがるほど、まだやっていません。

 

森七菜さんの戦いは、ちょっと前から始まっていました。家で、マグロ釣り漁師のドキュメンタリーを見ていたのです。

 

森七菜、エサに名前を付ける

気を取り直して、2投目です。

 

よし、いくぜ。エサに、名前を付けましょう。艶っぽい名前で、フジコといきます。「フジコ頼むよ」

 

すると、フジコにアタリがあります。フジコすごい!思いのほか、強い引きです。大物の予感がします。

 

スゴい!太刀魚とったどぉ!太刀魚をゲットします。「お帰り!私のところに来てくれて、ありがとう」「フジコよくたった!」

 

さっそく、お寿司にします。自分で釣った魚を、目の前でさばいて食べられるなんて、最高ですね。

 

見たことないわ。カッコいいぜ!寿司を作っている板前のお父さんに、感激します。

 

1ネタ目、太刀魚をいただきます。ううーん、美味しい!鮮度が落ちるのが早い太刀魚、釣りたては、なかなかお寿司屋でも食べられません。

 

さっきまで泳いでいた筋肉、身を噛み切る音が、ザクザクってします。こんなの聞いたことがありません。

 

森七菜さんは、興奮してきました。とってもエキサイティングです。

スポンサードリンク

森七菜、更に2つのネタをゲットする

2ネタ目にチャレンジします。

森七菜さんは、釣り竿を持ったまま、ウトウトします。美味しいもの食べて、波に揺られながら、温かい日差しを浴びて、だんだん気持ちよくなりました。

 

1ネタ目ですが、結構満足しています。

 

2ネタ目のエサにも名前を付けます。上のエサは「モリ」、下のエサには「ナナ」です。「モリ・ナナいけ!」

 

「モリとナナ頼んだよ」と、再び挑戦します。すると、すぐにアタリがあります。引き上げると、ナナがアジを釣っていました。

小アジをゲットします。2ネタ目は、アジです。ウマすぎるー!味で、透明なことが分かります。森七菜さんは、新鮮すぎて透明と感じるのです。

 

続けざまに、アタリがあります。イシモチきたぁ!

 

イシモチをゲットします。3ネタ目は、イシモチです。淡白な味だけど、甘くて、とっても美味しいです。

 

3種類の目標を達成したので、ここから自分がどこまで行けるのか、試してみます。

森七菜、小物ばかりでネタなし

4ネタ目にチャレンジします。

 

森七菜さんは、釣りが趣味になるかもしれないほど、絶好調です。

 

何かキタ感じがします。引き上げてみると、カサゴでした。カサゴ獲ったどぉ!

 

ザンネンながら、チョット小さいカサゴなので、資源保護のためリリースします。元気に育ってね。

 

ここから、森七菜さんの苦難が続きます。小さなカサゴや身がないシマダボなど、釣れるのは、リリースサイズばかりです。大きく育てと言っただろ。

スポンサードリンク

森七菜、4ネタ目をゲットする

タイムリミットまで、1時間となります。残り30分のところで、アタリがありました。

 

トラギス獲ったどぉ!4回連続の放流サイズの不運を乗り越え、トラギスをゲットしました。

 

4ネタ目は、トラギスです。美味しい。モチモチのゴリゴリで、さっきまで生きていた感じがします。

 

こうして、6時間で4ネタの結果でした。

 

メチャクチャ楽しかった。森七菜さんは、お父さんが料理人で、お寿司も握るので、いつかは、私が釣ったお魚で、お父さんに握って欲しいと、思いました。

森七菜「釣った魚でお寿司を食べる」まとめ

森七菜さんの1番やりたいこと、釣った魚でお寿司を食べるは、ユニークな釣りが満載でした。

 

エサに名前を付けて、エールで送り出します。そして、釣った魚は、その場でさばいてもらい、握り寿司で食べます。

 

釣った魚をすぐに食べるなんて、魚釣りの王道ですね。

 

でも、森七菜さんの1番やりたいこと、本当は、別にありました。「ぶりっ子走りを直したい」です。

 

次のチャンスに、挑戦して欲しいですね。

スポンサードリンク
RECOMMEND
人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました