半分、青い。ネタバレ、感想、第17話(第3週「恋したい!」)です。すずめは、バス停で、男子学生と出会いました。

 

男子が落とした、カセットテープが、縁です。すずめにとって、これは運命だ。すずめには、こんな出会いは、この先ないだろうと、律が言いました。

 

半分、青い。キャスト第17話
楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 草太:志水 透哉
楡野 仙吉:中村 雅俊

萩尾 弥一:谷原 章介
萩尾 和子:原田 知世
萩尾 律:佐藤 健
西園寺 龍之介(ブッチャー):矢本 悠馬
木田原 菜生: 奈緒
岡田 貴美香: 余 貴美子

語り:風吹 ジュン

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。ネタバレ第17話


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

『すずめ、恋の予感です』

 

バス停の前を自転車の男子学生が、横切って行きました。その男子生徒が、ポケットから落としたカセットテープを、すずめが拾って追いかけます。

 

『出会いの予感です』

 

すずめが、走って自転車の男子を追いかけます。「待って!これ、落としました!」「ちょっと、あなたー!」自転車が、止まります。彼が、振り向きます。

 

『運命の時』ですが、「び、微妙・・・」と、すずめは、心で、つぶやきました。

 

すずめは、「これ、落としました」と、カセットテープを差し出します。男子は、「すいません」と、言って、自転車から降りました。

 

そして、「ありがとうございます」と、深々と頭を下げました。すると、彼の学生帽が落ちました。すずめは、慌てて、帽子を拾います。

 

彼は、「2回も拾ってもらいました」と、恐縮します。すずめが、「野球部とか、ですか?」と聞くと、「新聞部です」と、男子が答えました。

 

『これは、出会いなのでしょうか。どうなのでしょうか』『すずめ的に、ありなのでしょうか。なしなのでしょうか』

 

『逆に、新聞部の彼には、すずめは、ありなのでしょうか』

 

すずめがモテた


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

クラゲ先生の世界史の時間です。いつものように、ぼそぼそと歯切れ悪い、先生です。すずめの付け耳に気付いた先生は、急に大きな声で、ハキハキと話し出しました。

 

『片方の耳が聞こえないすずめは、聞きづらい先生の授業には、聞こえるほうの耳に、付け耳をつけます。すずめvsクラゲ先生の攻防は、続いていました』

 

昼休み、すずめは、菜生に、今朝の出会いを話します。「新聞部で、しかも学生帽をかぶっていた」「あの人と結婚すれば、絶対に浮気はされん」

 

そこへ、ブッチャーが、話に割り込んできます。「モテたとか、モテないとか、何の話、誰の話」と、聞いてきました。

 

菜生が、「女同士の話しだから、向こうへ行って」と、言うと、ブッチャーが持っていた、人気No.1の”じゃがまる”を見せました。

 

女子2人は、パンを目当てに、ブッチャーを同席させました。

 

ブッチャーは、「菜生ちゃん、誰にモテたの?」と聞くと、「モテたのは、私」と、すずめが言いました。ブッチャーは、驚きました。

 

その声に、後輩たちと話していた律も、すずめたちを振り返りました。

 

 

サンバランドの騒ぎ

つくし食堂では、岡田医院の貴美香先生や商店街の夫人たちが、話し合っています。貴美香先生は、「渋滞が増えるので、よくないと思う」と、言います。

 

例のサンバランドの話題です。テーマパークの予定地は、昆虫や野鳥の住処です。自然が壊されます。しかし、亭主たちが盛り上がっているのは、サンバダンサーの踊り子たちです。

 

すずめが、律やブッチャー、菜生を連れて、学校から帰って来ました。喫茶ともしびは、貸切だったので、すずめの家に、集まりました。

 

その喫茶ともしびでは、サンバランドを企画した瞳が、商店街の主人たちを接待しています。いつもは、ガラガラの店内も、浮かれて踊る男たちで賑わっています。

 

瞳が、一人一人を相手に、サンバを踊ります。仙吉も、宇太郎も楽しそうです。瞳は、契約を取るために、全力で、頑張っていました。

 

運命かもしれない

すずめの出会いを聞いた律は、「それは、運命かもしれない」と、言います。「そんな、カセットテープを拾うような出会いは、この先ないかもしれない」

 

「だから、もう一度会えたら、運命だ」と、言うことです。

 

「そんなに、カッコよくないよ」と、すずめが言うと、「贅沢は、敵だ」と、律が言います。すずめも納得しました。

 

律は、すずめの家からの帰り道に、貴美香先生と会いました。貴美香先生は、子供たちが大人になり、この町を離れて行く。

 

いつか、また、戻ってきたときに、この町が、ホッとする場所だったらいいなと、律に言いました。「高校を卒業して遠くへ行っても、この町を忘れないでねと、貴美香先生は、言いました。

 

運命の再会を果たす


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

次の朝、すずめは、いつものバスを待っています。「あのー、この前の人!カセットテープを拾ってくれた人!」と言う声がします。

 

すずめは、どこから声がするのか、分かりません。すると、向かいの道に、あの自転車の男子学生が、見えました。すずめに向かって、手を振っています。

 

そこに、1時間に1本のバスがやって来ました。このバスに乗らないと、すずめは時刻します。バスが止まり、発車しました。

 

彼は、アッと言う顔をして、走り出したバスを見つめます。動き出したバスの後には、すずめが立っていました。

 

「運命の再会を果たす」

 

半分、青い。感想、まとめ、第17話

これが、すずめの運命なのでしょうか。運命の再会なのでしょうか。

 

すずめは、片方の耳が聞こえないので、バランスが取りにくく、自転車を乗っていませんね。それで、毎日バスで、通学しています。

 

同級生か下級生か、分かりませんが、運命の男子と、初めて会いますね。今まで会っていないのが不思議ですが、これがドラマですね。

 

それに、律も、運命だ、なんて平気で言ってますね。青春時代は、男女間の友情と、恋愛が、微妙な時期ですね。

 

これから、幼馴染の男女4人は、どういう展開になるのでしょうか。残り時間も僅かですね。

 

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事