半分、青い。63話(第11週「デビューしたい!」)です。すずめは、秋風に励まされ、漫画を描き始めました。しかし、いくら描いても、ダメを出されます。

 

1年が経ち、すずめは、律との思い出の笛を、秋風に捨てられました。すずめは、怒秋風に、ひどく怒ってしまいました。

 

さらに1年が経ち、月刊ガーベラに、ついにデビュー作が掲載されることに、なりました。

 

半分、青い。63話キャスト
楡野 鈴愛:永野 芽郁

秋風 羽織:豊川 悦司
小宮 裕子:清野 菜名
藤堂 誠(ボクテ):志尊 淳

語り:風吹 ジュン

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

 

半分、青い。63話ネタバレ、あらすじ

秋風は、すずめに漫画を描けと迫ります。
「これは、神様がくれたチャンスだ。いや、律君がくれたチャンスだ!」

 

すずめは、律と言う言葉を口に出すと、悲しくなると言います。秋風は、すずめの口を手で塞ぎます。
「もうしゃべるな。もったいない。しゃべらなくていい。漫画にするんだ!それを描け!」

 

すずめは、自分の部屋に戻り、真っ白の紙を取り出し、いきなり、顔から描き始めました。

 

打倒、岐阜のサル

半分、青い。63話ボクテ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

秋風ハウスの共同炊事場で、ボクテと裕子が話しています。

 

「すずめちゃんは、凄いのかもしれない」と、ボクテ。

 

「”月が屋根に隠れる”の話、初めて聞いたよね。あの子、感受性が凄いのかも。凄いもの描くかもしれない。秋風先生に天才と言われていた」と、裕子が言いました。

 

「いや、天才とは、言ってない。才能があると」「でもさあ、裕子ちゃん、すずめちゃん、失恋したから、いいものが描けるということ?」と、ボクテが言います。

 

秋風塾では、自分の体験から、物語にしていくというやり方です。

 

「だとしても、あんなに傷付けないと、いいものが描けないとしたら、それは、天才じゃないんじゃない?」
「本当の天才は、全くの想像で描くんじゃないか」と、ボクテは、思いました。

 

でも、とにかく、ボクテと裕子は、すずめに負けないよう、頑張るしかないと、思いました。

 

「打倒、岐阜のサル」です。

 

すずめ、連続ダメ出し

半分、青い。63話ダメ出し
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

裕子は、部屋で机に向かい、漫画を描き始めました。
ボクテも自分の部屋で、描きかけの原稿を仕上げていきます。

 

『このように、すずめの律君失恋は、結果、秋風ハウスの三人全員の、創作意欲を炊きつけることになりました』

 

『そして、すずめが本当に、秋風先生の言うように、才能があったか、というと・・・』

 

すずめの原稿を読み終えた秋風は、原稿を放り投げました。
「ダメ、全然ダメ。構成が、なってない。セリフに、溺れるな」

 

『なかなか、天才には遠いようで』

 

すずめは、原稿を描き直す度に、秋風から指摘を受けます。
「視点の誘導が、できてない」「吹き出しの位置が、違う」「見開きが、弱い」
「ベタが、ざつ」「パース、とれてない」

 

「お前は、いつまで”月・屋根”描いとるんじゃ、おんどりゃあ~!」と、河内弁まで飛び出します。
「日が暮れて、カラスが鳴くぞ!」と、放り投げた原稿が、宙に舞いました。

 

すずめ、アシスタントで1年

半分、青い。63話すずめ
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

部屋で寝ていたすずめが、飛び起きます。額に汗をかいています。
そして、机に向かいました。

 

『こうして、”月が屋根に隠れる”は、何度も何度でも、秋風にダメを出され、同じ物語を150回くらい描かされました』

 

『そして、また、アシスタント作業も、もちろん続きます』

 

すずめ、ボクテ、裕子は、寝袋に入り、オフィスの床で眠ります。
秋風ハウスのお風呂には、スクリーントーンの破片が浮いています。

 

夜のオフィスでは、カップめんのお湯を入れながら、カケアミをします。

 

『忙しすぎて、カップめんは3分を過ぎ、それでも食べます』

 

三人は、スープを吸い込んだ麺を、とにかく、かき込みました。

 

『そうして、1年が経つころには、アシスタントとしては、どうにかこうにか成長し、人物も任されるようになりました』

 

すずめ、笛を吹く

1991年に、なりました。

 

『でも、すずめ、月のキレイな夜と、眠れない夜には、必ず、律君を思い出すのでした』

 

その夜、すずめは、机の引き出しを開け、ハンカチを取り出しました。ハンカチに包んだ、マグマ大使の笛を手にします。

 

しばらく笛を見つめたすずめは、笛をくわえ、吹きました。

 

共同炊事場に、ボクテと裕子が来ます。
「すずめちゃんが、律君を呼んでいる」と、ボクテがつぶやきました。

 

 

笛を捨てられる

お昼休み、秋風ハウスの中庭で、すずめが、「これ、捨てて欲しい」と、笛を出しました。
「自分では、1年、よう捨てんかった」

 

『すずめの岐阜弁は、深い心情吐露のスタートです。泣かれるのか。身構えます』

 

ボクテは、すずめから目をそらし、パンを食べます。
裕子は、手を引っ込めます。

 

すると、秋風がやって来て、すずめの手から笛を取ります。
「俺が、捨ててやろう」と、放り投げました。

 

すずめは、唖然として、笛笛が投げられた方を見ました。

 

「こいつが、捨てて欲しいと言ったんだ。
楡野、お前の”月が屋根に隠れる”は、1年も直しているうちに、なんだか分からなくなった」

 

「俺も、何度か読んでいるうちに、若干分からなくなった」
「このままでは、お前は、ボクテの”女光源氏によろしく”にも、小宮の”5分待ってね”にも負ける」

 

「楡野 鈴愛、痛いような気持ちを思い出すんだ。
あの律君に、フラれたばかりの、あの時のお前は、すごかったぞ」

 

秋風を罵倒する

「先生、それを私に思い出させるために、笛を捨てたのですか」
「先生は、おかしいです」
「皆が、先生と同じだとは、思わないで下さい」
「私たちは、漫画家である前に、人間です」

 

「先生は、漫画を描くためのロボット。私は、人間です。漫画を描くために、わざと悲しくなるようなことは、したくないし、悲しいことを喜ぶ変態には、なりたくない!」

 

「先生は、漫画のために何だってする。先生は、漫画を描くために、人の心を捨てたんだ。だから先生は、いい年をして独り者で、家庭も無く、友達もいないんだ!」

 

と、すずめは罵倒しました。

 

秋風は、小さく笑って、「そんなものは、創作のじゃまだ」と言い、去っていきました。

 

秋風、笛を返す

リラクゼーションルームで、秋風が、テーブル型のゲームをしています。
ゲームオーバーになりました。その画面の横に、すずめの笛を置きました。

 

中庭では、ボクテと裕子が、すずめの笛を探しています。
そこへ、秋風がやって来ました。

 

秋風が、ポケットから笛を差し出し、ウサギの後ろに、落ちていたと、言いました。
あの時、秋風hは、笛を投げたふりをして、上着のポケットに入れたのでした。

 

「楡野が、”月・屋根”を描き上げたら、返すつもりでした。どうか・・・」と、秋風が言うと、
「分かりました。すずめには、落ちていたと言います」と、裕子が言いました。

 

ボクテと裕子は、「先生、家族がいなくても、友達がいなくても、私たちは、先生が好きです」と、言いました。

 

秋風は、グッとくるのを堪え、笑って立ち去りました。

 

裕子、デビュー

半分、青い。63話。裕子
引用元http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

裕子が、すずめに、笛を届けました。

 

『そうして、笛はまた、すずめの元に戻り、そしてまた、漫画を描く。アシスタント業務をする。3分過ぎた、カップめんを食べる。この繰り返しで、また1年近くが過ぎたころ』

 

『大御所の原稿が落ちて、そのピンチヒッターと言うことで、とうとうデビューが・・・』

 

1992年、発刊されたばかりの月刊ガーベラをすずめが開きます。
掲載されたのは、小宮裕子の「5分待って」でした。

 

デビューしたのは、裕子デした。
ボクテは、すずめのように、心から喜べませんでした。

 

半分、青い。63話ネタバレ、感想

すずめは、秋風に、才能がある、描け!と言われて、漫画を描き始めましたね。

 

でも、やはり、一時の感情だけでは、描けませんね。
才能があれば、その感情を漫画にすることも、できたかもしれませんが、そうは、簡単にできません。

 

描いても描いても、秋風にダメ出しされますね。なんと、150回も描き直しています。
それでも、結局、ものにならなかった、と言うことでしょうか。

 

さらに、追い詰める秋風に、笛を捨てられ、怒ったすずめは、かなりひどいことを秋風に、言いました。
気持ちは、分かりますが、チョッと言いすぎでしょうか。

 

そんな中で、アシスタントの中から、デビューを果たしましたね。
裕子さんです。

 

すずめは、喜びますが、ボクテは、複雑ですね。競争はしているが、自信もあっただろうし、負けたくない、という思いもありますね。

 

ボクテの嫉妬心が、過ぎなければ、いいのですが。
ボクテも、すずめも、デビューは、いつになるのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事