半分、青い。ネタバレ、あらすじ第23話(第4週「夢見たい!」)です。すずめは、出来上がった漫画を持って、朝早くから律の家の行きました。

 

律は、起きれないので、夕方に会う約束をします。喫茶ともしびに集まった「ふくろう会」のメンバーは、すずめの漫画の出来に、驚きました。

 

半分、青い。キャスト第23話
楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 草太:志水 透哉
楡野 仙吉:中村 雅俊

萩尾 弥一:谷原 章介
萩尾 和子:原田 知世
萩尾 律:佐藤 健
西園寺 龍之介(ブッチャー):矢本 悠馬
木田原 菜生: 奈緒

秋風 羽織:豊川 悦司

語り:風吹 ジュン

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。ネタバレ、あらすじ第23話

すずめは、やっと出来上がった最初の漫画をもって、律の家に行きました。いつものように、マグマ大使の笛で、律を呼び出します。

 

律は、一旦窓を開けましたが、勉強疲れのせいで、そのまま眠ってしまいました。すずめが外から何度読んでも、律は起きません。

 

すると、ワコさんが、家から出て来ました。ワコさんは、朝起きるのが早いので、すでに起きていました。すずめの笛が聞こえたので、出てきたのです。

 

ワコさんは、すずめが朝早くからやって来たので、何事かと思いました。すずめが、漫画を描いたことを知り、ワコさんは、ビックリしました。

 

最初の漫画は律に

すずめは、律が秋風 羽織の漫画を貸してくれたことで、漫画を描くことになりました。ワコさんは、律に秋風 羽織の漫画を教えたのは、私だといいました。

 

ワコさんは、初め律をベートーベンにしようとしました。「運命」くらい、軽く作曲できると思ったようです。その望みは、ピアニストから小説家と変わりました。

 

どれにしても、律がノーベル賞を受賞するのが、ワコさんの夢でした。

 

ワコさんとすずめが話していると、弥一が起きてきました。弥一は、早朝からすずめがいることに、驚きます。

 

すずめが、漫画を描いて持ってきたことを、弥一は知りました。弥一は、すずめの漫画を見ようとして、止め、ました。

 

律に見せるために持ってきたのなら、最初に読むのは、律だなと、言うことです。漫画を描くのを勧めてくれたのは、律でした。

 

しかし、もう学校へいく時間なので、夕方また会う約束をして、すずめは慌てて帰りました。

 

秋風 羽織の顔出し


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

オフィス・ティンカーベルでは、編集長と編集者が、秋風に謝っています。お詫びに、アンティークのメトロノームを持って来ました。

 

しかし、秋風は、使い慣れたメトロノームの方がいいと、つれない返事です。編集長は、次の作品も続けさせて欲しいと、お願いしました。

 

秋風は、その代わりに、一つの提案をしました。全国の主要都市で、トークショーをするkとです。顔出しをする、と言うことです。

 

秋風 羽織は、今まで秘密のベールで包まれていました。神秘性を増すためでした。この意外な提案に、編集長も、オフィスのスタッフも、驚きました。

 

「私は、私の読者に、会ってみたくなりました」」と、秋風は、言いました。

 

すずめのインスピレボリューション


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

夕方、喫茶ともしびに、4人が集まりました。そして、すずめの処女作の漫画を回し読みしています。律は、「すげー、漫画になっとる」と、驚きます。

 

タイトルは、「カセットテープの恋」です。これは、西校の小林のことではなく、ヒントを得た作品です。すずめ曰く、「インスピレボリューション」とのこと。

 

律は、「俺が、最初に読むのではんかった?」と、言いました。菜生は、「すずめが、一番に律に原稿を持って行ったのは、早朝にたたき起こして許される相手が、律だけだったと言うこと」と、解説しました。

 

「そんだけか!」と、律が憤慨しました。すずめは、今日のお好み焼きを奢ると、言いました。

 

 

ふくろう会に秘密なし


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

すずめは、家に帰り、出来上がった漫画を家族に見せました。みんな、嬉しそうに回し読みをしました。

 

そのとき、律から電話がかかります。律は、東大受験をやめて、京大にすることを、すずめに打ち明けました。しかし、すずめは、東大も京大も違いが分かりません。

 

それに、律の進学のことは、ブッチャーから聞いて、すでに知っていました。「ふくろう会」に、秘密はありません。

 

「ふくろう会」とは、すずめたち幼馴染の4人のことで、すずめが、たった今、思いつきました。

 

律は、東大進学を諦めると、すずめがショックを受けると、思っていました。東大へ行ってノーベル賞を貰うことが、すずめの夢だと、律は思っていました。

 

でも、それは、ワコさんの夢だと、すずめは言いました。

 

律が、東大を諦めて、京大に変更することは、ワコさんや弥一には、まだ話していません。すずめは、ワコさんに納得してもらうのが、最大のヤマだと言います。

 

律は、これから話すと、決意していました。ただし、ワコさんの壁は、相当堅そうです。そこで、すずめが、いいことを教えてくれました。

 

律、京大変更の秘策


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

律は、両親に進学の進路を話しました。東大からノーベル賞への夢を抱いていたワコさんは、やはり、まったく取り付く島もありません。

 

ワコさんは、怖くて、能面のような顔をしています。親子3人は、無言の静けさに、包まれていいます。

 

律が、静かに口を開きました。「お母さん、知ってるかい。京大のノーベル賞受賞者は、東大より多いってことを」

 

すると、一瞬にワコさんの表情が、一変しました。「えっ!そうなの!」

 

『その豆知識は、すずめの入れ知恵です。まことに、効果的でした。ブッチャー君から律の志望校変更を聞いたとき、すずめは図書館で調べました』

 

『なぜなら、すずめは、まだ律の夢を信じていました』

 

『すずめは、2作目の漫画に取り掛かっていました。タイトルは。「神様のメモ」です。なにやら、また面白そうな作品のようです』

 

『夢を見るのは、ステキです。私には、何もないと思うか。だからこそ、何にでもなれると思うかは、その人次第で・・・』

 

すずめは、また徹夜で、2作目を完成させました。そして、最初の完成のときと同じように、朝早くから律の家へ行き、笛を鳴らしました。

 

4時半です。「早くなってる。1時間」と、眠気眼の律が、つぶやきました。

 

半分、青い。ネタバレ、あらすじ、まとめ第23話

すずめは、漫画を2本も描きましたね。処女作が「カセットテープの恋」、2作目は、「神様のメモ」です。

 

なんとなく、想像はできそうですが、やはり読んでみたいですね。

 

秋風 羽織先生は、禁断を破って、顔出ししそうですね。名前もそうだし、作品も少女漫画ですから、あの秋風が現れると、ファンはビックリするでしょうね。

 

イメージが違って、幻滅されるのでは、ないでしょうか。

 

現実的には、声優さんですね。声のイメージと、実物のイメージが大きく離れていると、どうなんでしょうか。ちょっと想像します。

 

週の最後の回で、騒ぎが起きそうですね。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事