半分、青い。第25話ネタバレ(第5週「東京、行きたい!」)です。すずめと律は、秋風 羽織と、面会できました。

 

すずめは、自分で描いた漫画を秋風に見てもらいます。画用紙にエンピツ描の手作りの漫画に、秋風は驚きます。突然、秋風は、すずめに一言、言いました。

 

半分、青い。キャスト第25話
楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子

萩尾 律:佐藤 健
木田原 菜生: 奈緒

秋風 羽織:豊川 悦司
菱本 若菜:井川 遥

語り:風吹 ジュン

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。第25話ネタバレ、あらすじ


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

秋風 羽織の漫画には、すずめの思っていることが、みんな書いてありました。それで、すずめは世界が分かりました。すずめの中で、何かが開いたような気がしました。

 

そんな時、すずめは、農協の就職試験に合格しました。すずめは、就活にすべて失敗し、残った最後の一つだったので、家族は喜び大勢を集めて、就職祝いをしました。

 

律は、合格祝いとして、秋風 羽織のトークショーのチケットをプレゼントしました。そして、すずめと律は、名古屋まで出かけました。

 

トークショーの終わりに、すずめが差し入れした五平餅が気に入った秋風は、すずめを控え室に呼びました。

 

すずめと律は、秋風 羽織に、会いました。

秋風は、「これ、とても美味しかったです」と、言いました。五平餅が、すずめの店で作られていることを知った秋風は、「売れますよ、これ」と、褒めました。

 

すずめは、秋風に写真をお願いして、律と3人で記念撮影をしました。そして、別れのとき、迷ったすずめは、思い切って、漫画を描いていることを打ち明けました。

 

すずめ、秋風の弟子に


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

持って来た漫画を見て欲しいと、お願いしました。律は、すずめの突然の行動に驚きました。

 

秋風は、すずめの描いた漫画「神様のメモ」を見ます。漫画をスケッチブックで、描いたこと、鉛筆で描いたことに、驚きます。ベタは、奇跡的に、筆ペンで描いていました。

 

秋風は、「漫画は、インクで描くんだ。Gペンとか、丸ペンとか、ケント紙とか、知らない?」と、言います。

 

秋風は、「この人、バカなの?スクリーントーン、みんな手で描いている」「透明なシートに模様がついていて、カッターで切り抜いて貼るの」と、言いました。

 

律は、「田舎なので、近所にスクリーントーンは売ってなくて、本人が手で描くと思っているのなら、それでいいと、思っていました」と、答えました。

 

秋風は、「君は、少し賢い。タジオ」と、言いました。”タジオ”は、映画に出てくる美少年で、秋風は、美しい少年を、すべて”タジオ”と呼びます。

 

秋風は、漫画の描き方、手順を説明します。

「漫画は、ネームと言って、まずストーリーを考えて、シナリオを書いて、コマ割りして、アタリをつけて、鉛筆で下書きして、ペンいれをして完成だ」

 

すずめは、そんなこと、全く知りませんでした。いきなり描くと、思っていました。

 

秋風は、「天才?」と、言います。律は、「コイツは、規格外すぎて、本当に天才かどうかは、この漫画が面白いかどうか」だと、言いました。

 

秋風は、「私の弟子に、なりませんか」と、突然切り出しました。すずめは、驚きながらも、「なります」と、即答しました。

 

 

 

すずめ、漫画家になる決心


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

すずめと律は、名古屋まで出て行きましたが、結局、喫茶ともしびで、お好み焼きを食べています。

 

すずめは、農協を辞めて、漫画家になるための作戦を立てます。誰から説得するのか、順番を考えました。

 

すずめは、本気です。もう漫画家になる、東京へ出て行くつもりでした。

 

しかし、最大の難関は、晴です。晴が、激怒して錯乱することは、間違いありません。

 

すずめは、「秋風 羽織が、ヒット作品を描くところを横で見られる。夢の世界が作られるところを、見られる。だから、絶対に行く。農協で野菜は、売らん!」

 

「そして、私は自分の世界を描く。漫画家になる!」と、その時はっきり決めました

 

律は、「お前、すげーな。アホなんか天才なんか、分からん」と、ビックリしました。

 

『私が生きていたら、何番目に説得されていたんでしょうね。でも、すすめ、お婆ちゃんは、賛成ですよ。人生って一度きりしかないので、飛び込んだらいいんですよ』

 

東京では、菱本が、「先生、どういうつもりなんですか」と、秋風に聞いています。秋風は、「まあ、見ていなさい。面白いことになりますよ」と、答えました。

 

すずめ、晴に打ち明ける


引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

『しかし、すずめも人の子、結局誰にも言い出せないまま、1週間が過ぎていました。就職祝いのパーティまでやってもらったわけだし』

 

『でも、すずめのポケットには、お守りのように、秋風の名刺が入っていました。それは、すずめの夢の種です。いつでも電話すれば、そこに繋がる』

 

晴の元に、すずめのスーツを幸子が持ってきました。既製品と違い、オーダーしたスーツでした。

 

すずめが帰ってきたので、さっそく試着をさせます。すずめが、スーツに着替えてくると、晴も、これで安心と、喜びました。

 

すずめは、思い切って言いました。「私、農協には行かん。明日にでも農協に行って、内定を取り消してもらう」

 

「すずめは、東京に行く。それで、漫画家になる」

 

半分、青い。第25話ネタバレ、感想

すずめの描いた漫画を秋風先生は、見ましたが、どうだったんでしょうか。

 

すずめは、漫画を描く手順や方法、ツールなどを知りません。いきなり、画用紙にエンピツ描きですね。

 

でも、結局は、漫画が面白いかどうかですね。テクニックは、後から学べますが、才能や感性は、持って生まれたものですね。

 

秋風先生は、弟子にならないかと誘いました。面白いことになる、と言いましたが、何を考えているのでしょうか。

 

また、苦労して取りつけた農協の合格、果たして晴は、取り消しを許すのでしょうか。律は、京都へ行くのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事