半分、青い。39話(第7週「謝りたい!」)です。すずめが、律と再会しました。喫茶おもかげの中です。

 

すずめは、秋風から出された課題のカケアミを、完成させました。秋風を探し、見てもらうため、喫茶店へ来たのです。

 

すずめは、ケンカした裕子から、スクールペンを貰って、カケアミを仕上げました。裕子とは、ある事件がキッカケで、和解できました。

 

半分、青い。39話キャスト
楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子

萩尾 和子:原田 知世
萩尾 律:佐藤 健

朝井 正人:中村 倫也

秋風 羽織:豊川 悦司
菱本 若菜:井川 遥
小宮 裕子:清野 菜名
藤堂 誠(ボクテ):志尊 淳

語り:風吹 ジュン

 

連続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。39話ネタバレ、あらすじ

半分、青い。39話
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

『律が通う西北大学の1限目は、早いです。8時20分からです。律君は、1限に体育です。自由選択で弓道をとりました』

 

『正人君も、お付き合いで弓道です。体育だけは、すべての学部が、合同で行います』

 

律の弓道の腕前は、まあまあ上手です。しかし、正人は、全くダメでした。矢が、的まで届きません。

 

正人が、なぜ弓道を選んだのか、律に聞きました。律は、『これやってみたかった。高いとこ、届く」と、弓で、木の枝を突きました。

 

『律君の心深くに、高校時代の、あの伊藤 清との出会いが、宝石のように、輝き続けていました』

 

裕子の私用電話

すずめは、オフィス・ティンカーベルで、朝の掃除をするため、仕事場に入りました。

 

すると、裕子が電話をしています。「申し訳ないんですけど、そろそろ夏のものを。はい、よろしくお願いします。お手数かけますが」と。

 

裕子が、すずめを見て、「私用電話、会社が始まる前だったら、していいんだよ。誰もいない時だったら、いいって」と、言いました。

 

すずめは、裕子の電話が、私用電話ときいて、驚きました。裕子の話し方から、仕事だと思ったのです。

 

電話の相手は、裕子の実家の母親でした。出来れば、何も話したくないが、夏服が必要なので、仕方なく電話をした裕子でした。

 

『裕子さん、お国はどちら、と言うと、東京です。世田谷区のお嬢です』

 

すずめが、「本当のお母さんじゃないとか」と、言いにくそうに聞くと、裕子が笑いました。いじめるのは、本当の母親ではないと言う、すずめの単純な発想が、可笑しかったのです。

 

すずめ、船の写真

その日の午後、すずめは、秋風に写真を差し出しました。写真を見た秋風は、「なんだ、これは!」と、言います。

 

秋風は、フォルムの美しいクルーズ船”ホワイエ”の写真を撮ってくるよう、すずめに指示しました。「このピンクのどちゃくそ趣味の悪い船は、なんだ!」と、怒ります。

 

『その頃、まだインターネットは普及してなく、漫画の中に、横浜港のお洒落な遊覧船が必要であれば、それを写真で撮ってくる必要がありました』

 

ホワイエは、午前11時から午後2時まで、横浜港を出航していました。原稿は、午後2時までに必要だったので、不可能なミッションでしたと、菱本が、フォローしました。

 

秋風は、「不可能を可能にするのが、お前の仕事だ。なぜ泳いで追いかけないのか」と、無理難題を言いました。

 

すずめ、秋風を無視する

半分、青い。39話
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

この事件の2時間前、すずめは、菱本に確認の電話をしました。代わりに出た、裕子に、ホワイエが見つからず、ピンクの海賊船が来たことを伝えました。

 

裕子は、「それ、凄いレアな船だ。女子みんな好き。それでいいよ。それが」と、すずめに言いました。すずめは、裕子のアドバイスを聞いて、ピンクの海賊船の写真を撮りました。

 

菱本が、「先生、お言葉でございますが、このピンクの海賊船は、若い女性に大変人気があります。登場人物が、これでデートと言うのも、今を捉えている」と、言いました。

 

秋風は、「そうか」と、写真を見つめます。菱本が、その隙に、すずめに行くよう合図しました。

 

自分の席に戻ったすずめは、雑用をします。すると、秋風がすずめの傍に来て、「おい、岐阜のサル。時間の無駄だ。田舎に帰って、タマネギでも売れ」と、左の耳元でささやきました。

 

次に、大きな声で、「君は、田舎に帰れ」と、同じく左耳に、声をかけました。すずめが、「アッ、先生、私、左聞こえないんで」と、言いました。

 

『右の耳で、聞こえているじゃないのかい。と、誰もが思っていました。秋風以外は』

 

立ち去る秋風をみて、すずめは笑いました。そして、心配そうに見ている裕子に、Vサインを出しました。裕子は、安心したような、嬉しいような、はにかんだ様子でした。

 

 

 

ワコさん、空の巣症候群

岐阜のつくし食堂に、ワコさんがやって来ました。晴が、「ワコさん、元気出して」と、声をかけます。

 

『まさかのワコさん、空の巣症候群です。元気ありません。ヒナは、巣から旅立ってしまいました』

 

「夕方になると、泣けてくる」「子供って、スゴイいね。18年も毎日一緒にいて、ポンっていなくなるね」と、ワコさんは、虚しそうに言いました。

 

晴のところにも、ワコさんのところにも、手紙はきません。晴は、忙しいみたいと、言います。

 

「上京した子供から、頻繁に手紙が来るのは、NHKの朝ドラだけだから」と、晴が言いました。

 

「親は、子供に、永遠の片思いやね」と、ワコさんが、笑いながら、言いました。晴も、「本当やね」と、うなずきました。

 

裕子のスクールペン

半分、青い。39話
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

夜の10時50分です。すずめは、カケアミの練習を続けています。やっと、満足のいく練習が終わったので、本番に取り掛かります。

 

すずめが、描き始めようとした時、残業で残っていた裕子が、声をかけました。「それ、丸ペンでしょ。スクールペンと言うのがあるの。線が安定する」と言って、ペンを差し出しました。

 

すずめが、スクールペンで試し描きすると、描き易くて、ビックリしました。裕子は、「それ、あげる」と、言いました。

 

「わたし、あんまり人から優しくされたことないから、優しくするのも馴れてないんだ。でも、やってみると、意外と気持ちよかったりして」

 

「昨日、ケンカ、ゴメンね。なんか、やっかんじゃった」「同じ歳だし、同期だから、裕子と呼んで」と、裕子が言いました。

 

すずめは、裕子に貰ったスクールペンで、秋風の原稿に、カケアミを描き始めました。

 

『たかがカケアミ、されどカケアミ。基本、フリーハンドで平行線が描ければ、誰でもできる、と言われているカケアミ』

 

『カケアミは、白紙をバランスよく線で埋めること。奥が深く、漫画家としてセンスがあるかないか、見抜けると、言われています』

 

すずめ、律と再会

半分、青い。39話
引用元:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

朝になりました。すずめは、机にうつぶせになり、半開きの口で眠っています。菱本が、出社して来て、すずめを起こします。

 

目が覚めたすずめは、描き上げた原稿を見てもらうため、秋風を呼びに1階へ降りて行きました。

 

菱本は、すずめの描いた原稿を見て、ニコニコと微笑みました。秋風の描いた人物の背景に、見事なカケアミが出来ていました。

 

社内に、秋風がいなかったので、すずめは、菱本に教えてもらった、喫茶おもかげへ行きました。

 

喫茶の中には、律が女の子と一緒です。正人に教わった、訛りがバレない、一文節だけのしゃべり方をしています。

 

相手の女の子から、「息切れ?長くしゃべらないから」と、言われました。

 

その時、すずめが店の前までやって来ました。喫茶おもかげを見て驚きます。「なにこれ、ともしびにそっくり」と。

 

すずめが、喫茶の中に入ります。律が、すずめを見つけ、「なんで!」と、見つからないよう、背を向けました。

 

振り返ったすずめが、律を見つけます。女の子を一瞬見て、律に近づきます。「律やないか。こんなところで、なにやっとる」と、岐阜弁丸出しで話しかけました。

 

半分、青い。39話ネタバレ、感想

すずめ、裕子と仲直りできて、良かったですね。裕子は、世田谷のお嬢さまでした。生活には、何不自由なく育っていますね。

 

でも、母親とは、上手くいってないようです。敬語で話をするのですから、普通の親子ではないですね。

 

お嬢さまですから、親以外からは、ちやほやされて育ったのでしょうね。だから、自分から人に何かしてあげるとか、親切にしてあげるなど、経験がなかったのかもしれません。

 

すずめのように自分から人に甘えたり、優しくしてもらおうと振舞うことが出来ないのですね。だから、やっかんでいたのでしょう。

 

それが、ケンカをしたことで、和解できたようですね。おかげで、スクールペンを貰い、見事なカケアミを仕上げることが出来ました。

 

ところで、すずめは律と、再会できましたね。すずめは、秋風の元で、厳しい仕事をしていますが、律は、自由を満喫しているようです。

 

晴とワコさんが仕組んだ、近所どうしの二人、再会して展開があるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事