2019年後期の朝ドラ、101作目のタイトルやヒロインが、発表されました。

放送スタートまで、1年近くあるので、現在伝えられる情報は、多くありません。

 

しかし、ドラマの大筋は分かりましたので、お伝えしたいと思います。

 

物語は、初の女性陶芸家の波乱万丈のストーリーとなります。参考にされたモデルも分かりました。

 

限定されたキャストですが、あらすじも含め、お伝えします。

 

 

 

朝ドラ「スカーレット」のキャストは誰?

朝ドラ スカーレットのキャスト戸田 恵梨香さん
引用元:http://www6.nhk.or.jp

朝ドラ「スカーレット」のキャストが発表になりましたね。

 

まず、ヒロインに、戸田 恵梨香さんが決まりました。役柄は、川原 喜美子(かわはら きみこ)です。

 

現在は、まだ、ヒロインのみの発表です。2019年後期の朝ドラですので、キャストが揃うのは、もう少し先になりますね。

 

キャスト予想

川原 喜美子の妹、次女、三女

川原 喜美子の父親、母親

川原 喜美子の夫

川原 喜美子の長男

陶芸家の人々

川原 喜美子の周りに集まる青年陶芸家たち

 

朝ドラ「スカーレット」のあらすじ

朝ドラ スカーレットのあらすじ
引用元:http://www6.nhk.or.jp

ヒロインの川原 喜美子(かわはら きみこ)は、1937年に大阪で生まれました。妹が、二人います。

 

長女の喜美子は、小さい頃からよく働きました。戦後間もない9歳で、滋賀県の信楽に移住します。

 

しかし、暮らしは貧しく、喜美子は、家族を支えるために、懸命に働きました。

 

絵が好きだった喜美子は、当時では珍しく、女性で陶芸家を目指すようになりました。でも、男性ばかりの世界で、苦労を続けます。

 

やがて、同じ陶芸家の男性と結婚します。息子も生まれ、夫婦で、理想の陶芸家を目指します。

 

しかし、結婚生活は破綻し、別れることになりました。喜美子は、独り苦しい陶芸家の道を歩みます。

 

喜美子は、勢作に打ち込みます。困難が続きますが、周りには、今まで面倒を見た若者が、集まってきます。

 

互いに、励まし、助け合いながらも、独自の信楽焼を求めて、焼き続けます。

 

朝ドラ「スカーレット」で戸田恵梨香がヒロイン!

ヒロイン役の戸田 恵梨香さんは、いま一番人気の女優です。ドラマや映画のヒットが認められて、朝ドラ主演を掴みまましたね。

 

戸田 恵梨香さんは、2000年に朝ドラ「オードリー」の子役で出演していますので、19年ぶり、2度目の出演となります。

 

戸田 恵梨香さんは、数多くの作品氏出演していますが、映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」やドラマ「崖っぷちホテル!」などが、印象深いですね。

 

戸田 恵梨香さんは、ドラマ「スカーレット」で、15歳の少女から演じることになります。

 

ヒロインを演じることで、「深い愛情、人との繋がり、出会いが、いかに大事であるかを伝えたい。」と、コメントしています。

 

戸田 恵梨香さんプロフィール

生年月日:1988年8月17日
出生地:兵庫県神戸市
身長:164 cm
血液型:AB型
職業:女優
ジャンル:テレビドラマ、映画、CM
活動期間:2000年~
事務所:フラーム
(引用:Wikipediaより)

 

 

朝ドラ「スカーレット」のモデルは誰?

朝ドラ スカーレットのモデル神山 清子さん
引用元:https://www.kyoto-np.co.jp/fukushi/column/kitaiku/160404.html

朝ドラ「スカーレット」のヒロイン、川原 喜美子のモデルは、神山 清子さん(こうやま きよこ)さんです。

 

神山 清子さんは、「日本の女性陶芸家の草分け」と、言われている方です。

 

1936年8月2日生まれですから、現在(2018年)82歳となりますね。

 

出生地は長崎ですが、11歳の時、信楽に移り住みます。和洋裁の学校で学んだ後、陶器の絵付けを経て、27歳で独立します。

 

当時、女性の陶芸家はなく、男性社会で苦労して、修行をしています。特に、女性が窯場に入ることは、許されなかったそうです。

 

いわゆる、女人禁制だったのでしょうか。

 

神山さんは、出土した信楽焼を見つけ、途絶えていた甲賀の信楽焼の再現を果たします。信楽焼と言えば、タヌキの焼物が有名ですね。

 

神山さんは、試行錯誤を繰り返し、独自の信楽自然釉の作品を作り上げました。作品は、海外の展覧会にも出品され、好評を博しています。

 

神山さんの長男・賢一さんは、母親の姿を見て育ち、同じ陶芸家となりました。しかし、慢性骨髄性白血病となり、31歳で亡くなっています。

 

そのため、神山さんは、骨髄バンク運動を全国に広げる活動をしています。

 

波乱万丈の神山さんの半生は、「母さん子守歌うたって–寸越窯・いのちの記録」として出版され、「火火」として映画化されました。

 

川原 喜美子さんは、女性陶芸家の先駆者ですね。

 

朝ドラ「スカーレット」主題歌は?

朝ドラ「スカーレット」の主題歌は、まだ決まっていませんね。

 

「スカーレット」と言えば、1997年1月29日リリースされた、スピッツの「スカーレッ」がありますね。

 

この曲が、朝ドラ「スカーレット」の主題歌って繋げる人もいますが、すでに、TBSのドラマ「メロディ」で、主題歌として使われています。

 

歌の内容も、朝ドラ「スカーレット」には、合いませんね。

 

スピッツ「スカーレット」
作詞:草野正宗、作曲:草野正宗

離さない このまま 時が流れても
ひとつだけ 小さな 赤い灯を
守り続けていくよ
喜び 悲しみ 心ゆがめても
寒がりな 二人を 暖めて
無邪気なままの熱で

朝ドラの主題歌としては、オリジナル曲が選ばれる可能性が高いですね。主題歌や歌手、グループなど、今から楽しみですね。

 

朝ドラ「スカーレット」の信楽焼とは?

朝ドラ スカーレットの信楽焼とは
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E6%A5%BD%E7%84%BC

朝ドラ「スカーレット」に登場する信楽焼とは、滋賀県甲賀市信楽で、有名な陶芸ですね。

 

特に、タヌキの置物が、よく知られています。タヌキが、徳利と大福帳を持って立っていれば、だいたい「アッ、信楽焼!」と言われますね。

 

信楽焼は、奈良時代(710年~794年)に、始ったと言われています。最初は、日常品でしたが、京都や奈良に近いことから、室町末期には、茶器が作られるようになりました。

 

特徴としては、灰釉によって、やや黒ずんでいます。

 

信楽焼を代表する狸の置物は、明治時代に、藤原銕造が作ったと言われています。現在は、11月8日が「信楽たぬきの日」と定められ、信楽でイベントが開催されていますね。

 

信楽焼は、瀬戸焼、常滑焼、越前焼、丹波立杭焼、備前焼とともに、日本六古窯の一つとなっています。

 

しかし、一般的に有名な信楽の「狸の置物」は、意外と新しいのですね。

 

朝ドラ「スカーレット」の放送いつから

2019年度後期の連続テレビ小説「スカーレット」の放送予定は、次のようになっています。

 

放送予定:2019年9月30日~2020年3月

放送時間:8時00分 – 8時15分(15分)

制作統括:内田ゆき

プロデューサー:長谷知記

演出:中島由貴、佐藤 譲 ほか

音楽:冬野 ユミ

 

朝ドラ「スカーレット」の脚本

朝ドラ スカーレットの脚本家 水橋 文美江さん
引用元:http://www6.nhk.or.jp

朝ドラ「スカーレット」の脚本は、水橋 文美江(みずはし ふみえ)さんです。

 

水橋 文美江さん脚本のNHKドラマは、2002年の「緑のクリスマス」、2012年の「つるかめ助産院~南の島から~」、2019年1月からの「みかづき」が、ありますね。

 

24時間テレビドラマスペシャルでは、「最後の夏休み」「父さんの夏祭り」「ふたり 私たちが選んだ道」「ユウキ」「母さん、俺は大丈夫」

 

など、多くの作品を手がけていますね。

舞台は戦後まもなくの混乱・復興期から、女性の生き方や働き方が大きく変化した高度経済成長期の辺りまで。日本中から、いえ、世界中から応援され、愛されるヒロインを目指して……

元気な朝がやってくるので、楽しみにして欲しいと、水橋 文美江さんは、コメントしています。

 

水橋 文美江さんは、1964年1月15日、石川県金沢市で生まれています。

 

ヒロインと共に、半年間、ドラマを作り上げて生きます。朝から希望が湧いてくるドラマを、期待したいですね。

 

まとめ

2019年後期の朝ドラ「スカーレット」の情報です。

 

まだ1年先のことなので、まだ、詳しい情報は、揃っていませんね。最近の傾向として、働き方の問題から、以前より早く、連続ドラマの情報が出始めます。

 

クランクインも早くなり、キャストやスタッフは、撮影期間が長くなりますね。

 

その間、少しずつドラマの内容が漏れてきます。なるべく早くキャッチし、最新情報を伝えたいと思っています。

 

まだ減益で活躍中の女性陶芸家をモデルにした朝ドラ、速く観たいものですね。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事