なつぞら 135話あらすじです。

 

なつは、天陽の家族から、天陽の最後の様子を聞きました。

 

天陽は、自分の最後を悟り、家族に会うために、戻りました。

 

そして、本物の馬を完成させました。

 

なつは、アトリエで天陽の自画像と向き合いました。

 

なつは、どうしたらいいのか、問いかけました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第135話 なつ、天陽の最後を聞く

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、天陽のアトリエに行きました。

 

優が、天陽の遺作をみて、本物のお馬さんをやっと見られたねと、言いました。

 

どうしてこれが、本物だと思ったの?

 

動かないのに。と、なつが聞きました。

 

だって、絵を動かすのは、ママのお仕事でしょ。と、優が、答えました。

 

なつは、優の言葉を聞き、泣き出しました。

 

天陽の家に戻り、天陽の最後の様子を聞きました。

 

天陽は、退院が来週に決まったので、待てなくて、絵を描く為に戻って来ました。

 

しかし、退院の話は、ありませんでした。

 

天陽は、もうダメなことを分かったのです。

 

医師も、いつ伝えようかと、考えていました。

 

それで、天陽は、最後に家族に会いたくて、自転車に乗って、帰って来ました。

 

天陽は、生活のために絵を売っていたので、家族のために絵を残そうとしたのでした。

 

天陽がいなくなったので、離農するしかなくなりました。

 

天陽の絵を売れば、子供の生活には、当面困らないだろうと思われました。

 

しかし、靖枝は、嫌だと言いました。

 

ここから、絶対に動かない。絵も絶対に売らない。

 

天陽は、ここに帰って来たんです。家族と一緒にいるために。

 

天陽は、自分の畑で亡くなった。

 

天陽が、自分の命をこの土地に、土に、蒔くために戻ってきたと思う。

 

と、靖枝が言いました。

 

天陽の子供、道夫(中川 望)も彩子(古川 凛)も、働くから、ここにいたい。

 

と、昔の天陽と同じことを言いました。

 

それなら、俺もここで働く。

 

家族の言葉が、きっと天陽の遺言なんだろう。

 

と、父の正治(戸次 重幸)が、言いました。

 

 

なつ、天陽に答えを貰う

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、再び天陽のアトリエに行きました。

 

陽平(犬飼 貴丈)が、天陽の自画像を見せてくれました。

 

等身大の天陽が、アトリエの中で、椅子に座って、正面を向いています。

 

天陽は、こんな風に、ここにいたんだな。

 

ここは、天陽そのものだ。と、陽平が言いました。

 

天陽は、絵を描いて売ることも、自然なことだとだと、言いました。

 

売る為に絵を描くことも、狩りみたいなものだ。

 

家族のために狩りをしていると思えば、それも自然なことだろう。

 

と、天陽は語っていました。

 

そのころ、靖枝(大原 櫻子)は、畑に行き、天陽が亡くなった場所で、うつ伏せになり、土に頬を寄せました。

 

そこへ、泰樹がやって来ました。

 

天陽に、会いにきた。

 

天陽は、ここにおる。

 

そのととを、靖枝が忘れなければ、天陽は、何時までも生きていられる。

 

わしの中にも、天陽はおる。

 

泰樹は、そう言いました。

 

なつは、一人になって、自画像の天陽と向き合いました。

 

すると、天陽が、語りかけました。

 

「どうしたんだよ、なっちゃん。

 

アニメーターを辞めたいと、悩んでいるのか?

 

それなら、答えは、もう出ているだろう。

 

優ちゃんが、君の答えだろ、今は。

 

絵を動かすのが、君の仕事だって、優ちゃんに、言われたんだろ。

 

それで、十分でないかい。

 

だって、今のなっちゃんを動かしているのは、優ちゃんだろ。

 

したら、なっちゃんは優ちゃんのために、狩りをすればいいだけだ。

 

なっちゃんは、ここを旅立ったあの日から、ずっと、俺との約束を守ってくれた。」

 

どこに居たって、俺となっちゃんは、なにもない広いキャンバスの中で、繋がっていられる。

 

頑張って来い!なっちゃん。

 

あの日、天陽がそう言って、なつの手を握り締めました。

 

「これからも、頑張れ。なっちゃん。」

 

そう言って、自画像の天陽が、手を出しました。

 

なつも手を出し、握ろうとすると、天陽の手が消えました。

 

「天陽くん。ありがとう。」

 

なつは、大粒の涙を流しました。

 

なつぞら 135話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 135話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、天陽のアトリエで、天陽に会いましたね。

 

等身大の自画像が、ありました。

 

なつは、アニメーターを辞めようかと、迷っていました。

 

天陽は、昔のように、なつの答えを教えました。

 

優が、天陽の絵を見て言った、「絵を動かしのが、ママの仕事」です。

 

確かに、育ち盛の子供には、母親は大事な存在です。

 

でも、一緒にいる時間が少ないのなら、中味を濃くすることもできます。

 

子供が、母親に抱いている夢を、壊さないことも大切です。

 

なつは、自分なりに、問題を解決し、道を開拓していくのでしょうね。

 

天陽が亡くなったことで、なつは、また、何か大切なことを掴んだと、期待します。

 

RECOMMEND
人気記事