内村光良さんが、朝ドラ「なつぞら」の「語り」に決定しましたね。

 

「なつぞら」は、2019年4月1日から放送が始る朝ドラです。

 

内村光良さんは、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンのウッチャンとして有名ですね。

 

人気のテレビ番組も数多くあります。いずれも、ウッチャンの優しい語り口調で、ヒットしていますね。

 

今回、朝ドラの語りに、ウッチャンが選ばれたのは、温かくホッとする話し方や、優しい気配りが評価されたからでしょうね。

 

 

 

「なつぞら」の「語り」内村光良に決まる!

なつぞら 語りに決まった内村光良
引用元:https://www6.nhk.or.jp/drama/

「なつぞら」の「語り」は、内村光良・ウッチャンに決まったと発表されました。

 

内村さんは、朝ドラも含めて、ドラマの語りは、初めてとなります。

ずっと見続けていた“朝ドラ”からまさかの「語り」の依頼が! これは大仕事です。半年間毎朝自分の声が流れるのかと思うとプレッシャーもありますが、物語にこうして参加できることが何よりもうれしいです。頑張ります!

と、内村さんは、少々緊張のコメントを出していますね。

 

テレビの内村さんの番組で、コメントはしていますが、ドラマの語りとなると、ちょっと違いますね。

 

ウッチャンらしい語りになるのか、朝ドラらしい語りなのか、それとも、今までにない挑戦した語りをするのか、楽しみですね。

 

恒例の紅白では、従来のNHKの総合司会ではなく、ウッチャンらしい好感の持てる司会をしていました。

 

朝ドラの語りでも、ウッチャン調の語りが、期待できそうですね。

 

「なつぞら」の「語り」がウッチャンに決まったワケ!

「なつぞら」の「語り」が、ウッチャンに決まったワケも発表されていますね。

 

その発表によると、やはり、内村さんの紅白の司会が、良かったようです。

 

内村さんは、2017年と2018年の紅白歌合戦の総合司会を2年連続で務めました。

おととし、紅白で拝見した、内村光良さんの司会がすばらしく感動しました。内村さんが発するその言葉には、優しさと慈愛が満ちあふれていました。きっとヒロイン・なつの波乱に満ちた半生を、太陽のように明るく照らし続けてくれるに違いないと思い、内村さんに語りをお願いしました。

2017年の司会が良くて、「感動した」と、制作の方が語っていますね。

 

確かに、いつもの紅白とは、雰囲気が違っていました。はっきり言えば、民放の音楽番組を見ているようでしたね。

 

型に嵌った感じがなく、自然に楽しく見ることができました。

 

内村さんのウッチャンらしい司会が、評価されて「語り」のキャストが決まったのですね。

 

ウッチャンの紅白司会の評判とは!

内村さんは、2017年の紅白で、初めて総合司会を務めました。

 

NHKの司会ではなく、アドリブや笑いを含めた、自然な司会で、楽しく見ることができましたね。

 

安室奈美恵さんが歌った時は、安室ちゃんの大ファンで、ロケのため見られないイモトに、「安室ちゃん、やっぱり、かっこよかったよ!」と、叫びました。

 

こんなウッチャンの優しさが、視聴者にも伝わったようですね。ウッチャンへの高評価が、ネットに溢れました。

 

2018年も内村さんは、紅白の綜合司会を務めました。

 

今回は、紅白を卒業する指原莉乃さんに、ミル姉さん姿で応援しました。「指原放牧」「がんばれ」と書いたプラカードを持ちながらです。

 

今年も、ウッチャンらしさ満開で、好評価でしたね。

 

まとめ

朝ドラ「なつぞら」の「語り」に、内村光良さんが、決まりました。

 

年末恒例の紅白が、終わった直後の発表です。やはり、紅白の司会の評判が良かったのですね。

 

実際に、制作側も評価しています。

 

NHKの堅苦しい司会進行が、ウッチャンの司会で、変わってくるのでしょうか。

 

同じように、朝ドラの語りも、大きな変化があるのでしょうか。

 

2019年が、激動の年となる象徴なのでしょうか。

 

4月からの放送開始が、楽しみになってきましたね。

 

スポンサードリンク

 

RECOMMEND
人気記事