なつぞら 107話あらすじです。

 

坂場の長編漫画映画が、大失敗しました。

 

漫画のスタッフ全員に、迷惑がかかります。

 

坂場は、責任をとって、辞職願を出しました。

 

そして、なつに、映画が失敗したので、結婚できないことを告げました。

 

なつは驚き、思いのたけを坂場にぶつけました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第107話 坂場が退職し、なつに別れを告げる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

坂場が初監督を務めた長編漫画映画は、大失敗しました。

 

「神をつかんだ少年クリフ」は、哲学的な内容で、子供には理解できず、館内を走り回っていました。

 

演出家の坂場には、ユーモアがなく、子供が楽しめませんでした。

 

坂場の映画は、東洋動画始って以来の最低記録が、確実でした。

 

制作期間も予算も、予定の倍近くになりました。

 

再三の会社からの忠告を無視して、坂場の信念を貫いた結果です。

 

この作品に関わった全スタッフの昇給、ボーナスがカットされます。

 

井戸原も責任を問われ、映画部長を降ろされます。

 

後任は、東洋映画から送り込まれ、企画の自由がなくなります。

 

坂場は、責任を取って、退職願を提出しました。

 

坂場は、なつと会いました。

 

映画が不入りのことを、なつに話しました。

 

なつも坂場も、長編漫画の出来には満足しています。

 

もっと、大人向けに宣伝してくれればと、なつが愚痴をこぼしました。

 

坂場は、会社を辞めてきたと、なつに打ち明けました。

 

僕は終わった、もう終わったんだ。

 

だから、結婚は出来ない。

 

僕のことは、忘れてくれないか。

 

と、坂場が言いました。

 

どうして。仕事と結婚は別でしょ。と、なつが言います。

 

君の才能を、誰よりも生かせる演出家になりたかった。

 

今の僕は、その資格を失った。

 

結局、君を幸せにする才能なんて、僕にはなかったと言うことだ。

 

と、坂場が告げました。

 

 

なつは坂場と別れ引きこもる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、可笑しいと思いました。一度だって、坂場から好きだと、言われたことが、ありません。

 

なつは、いつ坂場を好きになったのか、考えていました。

 

なつは、坂場の言った言葉に恋をしていました。

 

かつて、坂場が言いました。あり得ないことも、本当のように描くこと、と。

 

それは、なつの人生そのものでした。

 

なつは、戦争孤児となり、柴田家に拾われて、あり得ない人生を過ごして来ました。

 

そして、これ以上の幸せはないと思っていた頃、坂場と出会いました。

 

なつは、坂場の才能を好きになったのではなく、坂場の言葉や生きる力を好きになったのです。

 

なつは、あり得ないくらい、坂場を好きになりました。

 

だけど、坂場は、好きでないことを才能のせいにしました。

 

そんな人とは、一緒にいたくないと、なつは涙を流しながら、去って行きました。

 

翌日になりましたが、なつは出社していません。

 

仲と下山は、坂場に声をかけました。

 

二人は、辞職願を取り下げに行こうと、言いました。

 

みんな坂場のやりたいことに、付いて行った。

 

完成した映画は、満足している。

 

あんな映画は、世界にもない。

 

と、仲が言いました。

 

そんなことは、どうでもいいんです。

 

僕は、もっと大事なものを失いました。

 

と、坂場は、逃げるように去って行きました。

 

一方、なつは、昨夜戻って来たきり、ご飯も食べず、会社も休んでいます。

 

亜矢実は心配になり、咲太郎に連絡をしました。

 

なつぞら 107話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 107話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、坂場と別れてしまいましたね。

 

そもそも、映画が成功したら結婚すると言うことは、失敗したら結婚しない、と言うことです。

 

結婚よりも映画の成功が大事、と言うことになります。

 

これだと、仮に結婚しても、妻は二の次になります。

 

いずれ、破綻する夫婦の関係です。

 

仕事が大切なことは分かりますが、あなたはその次だ、と言ったら、普通は怒られます。

 

人の気持ちに寄り添えない人は、いずれ上手くいかなくなりますね。

 

なつは、密かな希望と夢を持っていたのでしょうが、立ち直るしかないですね。

 

RECOMMEND
人気記事