なつぞら 137話あらすじです。

 

なつは、坂場に「大草原の小さな家」をやりたいと、伝えました。

 

坂場は、急いで企画書を書き上げました。

 

麻子は、なつの参加に大賛成です。

 

北海道を舞台にした、なつの新しい物語が、始ります

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第137話 なつ、また仕事を続けたい

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、開拓者の話し「大草原の小さな家」を一緒にやってみないかと、坂場に言われていました。

 

優から、絵を動かすのが、なつの仕事とも言われました。

 

天陽は、そのことをなつに教えました。

 

なつが描いた「大草原の小さな家」の絵を見て、優が、これ見たいと、言いました。

 

なつは、急いで坂場に電話をします。

 

なつは、「大草原の小さな家」の企画について聞きました。

 

坂場は、まだ企画書も書いていませんでした。

 

それ、私がやりたい。私に、やらせて欲しいの。

 

と、なつが伝えました。

 

坂場は、嬉しそうに、帰ってから話すことにしました。

 

なつは、仕事を続けることを富士子に伝えました。

 

なつは、また、天陽に答えを教えてもらったのです。

 

土曜日の夜に、なりました。

 

札幌の放送局で働く明美(鳴海 唯)が、帰って来ました。

 

柴田家は、大勢の家族が揃い、賑やかな夕食となりました。

 

なつは、月曜日には東京に戻ります。

 

もっとユックリすればいいのにと、明美が言いました。

 

ママは、忙しい人だから、我儘は言わず、助けてあげないと、と優が言いました。

 

大人びた優に、全員驚きました。

 

明美も放送局で働く、シッカリ者になっていました。

 

だんだん姉の夕見子に、似て来たと、みんなが言います。

 

泰樹が、なつに、仕事を続けるのかと、尋ね寝ました。

 

なつは、本当は、もう辞めてもいいかと思っていました。

 

でも、天陽と話をして、また仕事をやりたくなりました。

 

だから、やると決めました。

 

明美は、天陽と、何時、どこで、話したのか不思議に思いました。

 

なつは、何時でも、どこでもさ。と答えました。

 

明美は、更に分からなくなりました。

 

砂良(北乃 きい)は、なつは、仕事を続けるべきだと言いました。

 

千遥が、どこかで見ているかもしれないからです。

 

きっと、千遥は、なつの作品を見て、なつは元気だと安心している筈です。

 

なつは、作品を作りながら、ずっと千遥に呼びかけていたのだと、思いました。

 

私は、ここにいるから、また会いに来てねと。

 

だから、なつは、仕事を辞める訳にはいかないのでした。

 

 

坂場、急いで企画書を書き上げる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

坂場は、なつの想いを聞いて、「大草原の小さな家」の企画書に取り掛かりました。

 

そして、完成した企画書を、麻子に提出しました。

 

 

なつが、その気になったと聞き、麻子は驚きました。

 

今、取り掛かっている作品が終わったら、東洋動画をやめると言うことです。

 

坂場のためではなく、自分から言い出しました。

 

それなら、大歓迎と麻子もマコプロのメンバーも大喜びしました。

 

なつは、北海道に行って決心をしたので、間違いないと、酒場が言いました。

 

企画書には、作画監督:奥原 なつ、原案:「大草原の小さな家」と、書いてありました。

 

小説を原案として、私たちが物語を生み出したいと、坂場が説明しました。

 

なつと優が、東京に戻って来ました。

 

坂場は、天陽が描いた、雪月の包装紙を見ました。

 

そして、小さく描かれた少女を見つけました。

 

なつは、それを描いてみたくなりました。

 

その絵と、あの物語が重なったのです。

 

それで、どうしても描いてみたいと、なつは思いました。

 

天陽は、以前、言いました。

 

アニメーションの世界は、分かたない。

 

なつと生きられるのは、坂場だけだ。

 

どうか、なつのことを、よろしくお願いします、と。

 

優が、起きてきて、酒場に、本物の馬を見たと、報告しました。

 

その馬は、天陽が最後に描いた、馬の絵でした。

 

坂場は、なつに企画書を見せました。

 

なつは、もう企画書が出来たことに驚きました。

 

舞台は、日本。北海道です。

 

なつの新しい物語が、始りました。

 

なつぞら 137話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 137話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、「大草原の小さな家」をやりたいと、坂場に言いましたね。

 

天陽が描いた包装紙の絵と、小説の風景が、重なったのです。

 

天陽が、なつの迷いの答えを、出してくれました。

 

なつが、東洋動画を辞めるのは、難しいでしょう。

 

でも、なつは、マコプロダクションに移りたいのではなく、作品を創りたいのです。

 

それは、千遥へのメッセージでもあります。

 

私は、ここで頑張っている。

 

ここに、会いに来て。

 

と言う、メッセージですね。

 

何時か、必ず、なつの想いは、届くと思います。

 

RECOMMEND
人気記事