なつぞら あらすじ第70話です。

 

なつは、茂木社長から、ディズニーの漫画映画の教科書をプレゼントされました。

 

英語の本ですが、茂木社長から貰った辞書を片手に、勉強をします。

 

そして、「わんぱく牛若丸」の制作がスタートしました。

 

なつのアニメーターの始まりです。

 

なつは、ポスターに名前が載って、千遥が見つけてくれることを願っています。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第70話

なつぞら なつ、動画の勉強をする引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、仕事が終わり風車に帰りました。

 

お店では、茂木社長が、なつを待っていました。

 

アニメーターになったお祝いに、プレゼントを持って来ました。

 

ディズニーのアニメーターが描いた、漫画映画の教科書を、わざわざ取り寄せてくれました。

 

教科書は、英語で書かれてあります。

 

そのため、茂木社長は、もう1つ英語の辞書もプレゼントしました。

 

なつは、お店に来ていた信哉と話しました。

 

千遥の生きる力を信じていると、なつは言いました。

 

咲太郎が帰って来て、蘭子が次回作にも出演することを教えました。

 

「白蛇姫」の演技の評判が良かったからです。

 

なつは、店に貼られた「白蛇姫」のポスターを見て、閃きました。

 

ポスターには、原画や動画制作者の名前が、印刷されています。

 

ポスターに必ず自分の名前を載せてみせると、なつが言いました。

 

どこかで、千遥が「奥原 なつ」の名前を見たら、なつの居場所が探せます。

 

なつは、ポスターに名前が載るよう、絶対に頑張ると誓いました。

 

そして、なつは、英語の辞書で教科書を訳しながら、漫画映画の勉強を始めました。

 

 

なつのアニメーターが始る

なつぞら なつ、島山のチームになる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、富士子に手紙を書きました。

 

千遥のことは、改めて警察に届けることにしたと、知らせました。

 

また、千遥のためにも一生懸命生きるから、心配しないでとも書きました。

 

そして、秋になりました。

 

「わんぱく牛若丸」の制作が、いよいよ始りました。

 

なつは、下山のチームに入りました。

 

5人のメンバーで、麻子も一緒です。

 

原画は、下山が担当します。

 

あとのメンバーは、三山 茜と堀内 幸正です。

 

メンバーが結成されたので、下山の奢りでランチをしました。

 

麻子は、ディズニーの「白雪姫」がきっかけで、アニメーターになりました。

 

茜は、常盤御前のライブアクションに、参加できるのかと、聞きました。

 

動画の担当は、自由参加できると、下山が教えました。

 

なつもライブアクションに参加しました。

 

常盤御前を演じる蘭子と咲太郎が、会場にやって来ました。

 

牛若丸が、常盤御前に会いに来るが、突き放されるシーンです。

 

撮影もするため、スタートのカチンコを鳴らします。

 

しかし、若い助手の男性は、馴れていないため、カチンコがまともに鳴りません。

 

周りから、何をやっているんだ!と、怒鳴られ、やり直しとなりました。

 

なつぞら あらすじ第70話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第70話の感想まとめです。

 

いよいよ、なつのアニメーターが、始りましたね。

 

なつのチームは、下山がリーダーで、麻子も一緒です。

 

麻子は、何かと、なつの言葉を指摘します。

 

なつは、初めての作画作業なので、仕方ないですね。

 

ドラマ後半で、ライブアクションが始りました。

 

ライブアクションとは、俳優の実際の演技を見て、模写します。

 

その絵をアニメーションの資料にします。

 

ディズニーでは、すでに実施されていて、東洋動画でも「わんぱく牛若丸」から導入されました。

 

なつも、俳優の演技を見ながら、手早くスケッチしていました。

 

下山が、お昼休みに、中庭で休憩する人たちをスケッチしていますが、ライブアクションの練習でしょうか。

 

下山のチームは、常盤御前の絵は回ってこないかもしれません。

 

なつの名前が、ポスターに掲載されるといいですね。

 

RECOMMEND
人気記事