なつぞら あらすじ28話です。

 

なにやら、川村屋の不穏な空気の中、なつと富士子は、お店の寮に滞在することになりました。

 

翌日、信哉が、咲太郎の情報を持ってきました。

 

浅草の六区館に、咲太郎らしい人が、いると言いました。

 

なつと富士子は、浅草に行きました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ28話

なつぞら なつ、富士子と泣く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと富士子は、川村屋の寮に無料で泊めてもらう代わりに、夕食はお店で食べることになりました。

メニューは、川村屋の名物インド風バターカリーです。

 

カリーのルーは、別の容器に入っていて、自分の好きなように、ご飯にかけて食べるシステムでした。

 

なつは、柴田牧場の手作りバターのほうが美味しいと思いました。

 

マダムの光子は、一度店のカレーに試してみたいわと、言いました。

 

食事の後、なつと富士子は、寮の部屋に案内されました。

 

なつは、後少し滞在して、手掛かりがなかったら帰ろうと、言いました。

 

気を使っているんだねと、富士子が言います。

 

夕見子は、土地に縛り付けるのは、なつだけにしてと言いました。

 

でも、何かあったら、私のことを母親と思わないで、オバさんだと思って、いつでも味方だと思ってくれればいいと、富士子が言いました。

 

どうして、そんなことを言うの。お兄ちゃんに返そうとして、東京に連れてきたの。イヤだよ。私から母さんを取らないで。

 

なつは、富士子にしがみ付き、泣き出しました。

なつぞら 夕見子と雪次郎の会話引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

雪月で、夕見子が雪次郎と会っています。

 

雪之助は、新作のかき氷を出してくれました。

 

かき氷に、リンゴのシロップがかけてあり、中にはパイナップルが入っています。

 

雪次郎は、卒業したら東京で、お菓子の修行をするんだと、雪之助が言いました。

 

雪之助は、若い頃に新宿の川村屋で修行していました。

 

なつと富士子は、その川村屋で、クリームパンを食べています。

 

クリームは、雪月のシュークリームの味と似ていました。

 

雪之助が、川村屋で学んだクリームですね。

 

川村屋に、信哉がやって来ました。

 

信哉は、浅草まで行って、咲太郎の情報を探して来ました。

 

すると、咲太郎らしい人物がいることが、分かりました。

なつぞら 咲太郎らしき男引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

浅草の六区館の楽屋に、若い男性が、役者の島貫 健太(岩谷 健司)を呼びに行きます。

 

島貫は、相方が来ないので、ステージには出ない。若い男に、お前出てこいと、言いました。

 

なつと富士子は、浅草の六区館に行きました。

 

咲太郎らしい人は、六区館の幕間のコントの手伝いをしているようだと、信哉が言いました。

 

六区館に入ると、若い女性が踊っていました。

 

なつは、場違いな雰囲気に戸惑いました。

 

 

なつぞら あらすじ28話の感想まとめ

なつぞら あらすじ28話の感想まとめです。

 

28話では、意外な関係が判明しましたね。

 

雪月の雪之助は、若い頃、新宿の川村屋で修行をしたそうです。

 

なつと富士子が食べた川村屋のクリームパンは、雪月のシュークリームと同じ味でした。

 

雪之助は、同じレシピでクリームを作っていたのですね。

 

そのため、雪之助は、雪次郎にも川村屋で修行しろと、言いました。

 

北大を目指す夕見子と一緒の、札幌に住みたい雪次郎は、少しガッカリデすね。

 

さて、咲太郎らしい若者は、浅草の六区館で、コント役者の付き人をしています。

 

しかし、師匠の相方が来ないので、ムリを押し付けられているようですね。

 

 

RECOMMEND
人気記事