なつぞら あらすじ第78話です。

 

なつの初めての漫画映画「わんぱく牛若丸」が、完成しました。

 

なつは、慰労パーティで、農業高校の「FFJの歌」を、力いっぱい歌いました。

 

そして、坂場が言った、アニメーションにしかできない表現を、確認することが出来ました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第78話 「わんぱく牛若丸」の完成

なつぞら なつ、完成パーティで歌う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和33年(1958年)春になりました。

 

「わんぱく牛若丸」の制作も大詰めとなっています。

 

作画課は、麻子が檄を飛ばし、大忙しの状態です。

 

なつの初めてのアニメーターの仕事も、間もなく終わります。

 

そして、やっと作画の作業が、終了しました。

 

原画の枚数は、15,112枚、動画は、79,089枚になりました。

 

作画の終了を祝って、パーティが開催されました。

 

なつは、初めて動画を描いて、たくさん描くのが如何に難しいか、大事かということを実感しました。

 

麻子は、お煮しめを作って来ました。

 

なつも、風車のおでんを持って来ましました。

 

みんなで、美味しく食べ、飲んでいます。

 

すると、井戸原が、いい気分になって、誰か歌えと言い出しました。

 

すると、露木が、馬の前足4本描いた奴、出て来いと、言いました。

 

なつが黙っていると、下山がなつの手を挙げました。

 

なつは、仕方なく前に出て、FFJの歌を歌い出しました。

 

なつの歌に、和やかな会場が、シーンと静かになりました。

 

みんな、唖然とした顔で、なつを見つめます。

 

なつの後は、皆がよく知っている歌で、盛り上がりました。

 

なつは、陽平(犬飼 貴丈)を見つけ、近寄りました。

 

陽平は、天陽に手紙を描いているかと、聞きました。

 

なつが、忙しかったので、しばらく出していないと、言いました。

 

 

なつ、アニメションの表現が分かる

なつぞら なつ、坂場から表現のヒントを聞く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

天陽は、こんな時に言うのも何だけどと、前置きして、意外な話を、なつに伝えました。

 

天陽が、今年の冬に結婚すると、教えました。

 

「えつ!」と言ったまま、なつは、周りの騒ぎが遠のくのを感じました。

 

なつは、我に返り、天陽にお祝いの手紙を描くと、言いました。

 

それならそうと、手紙で知らせてくれればいいのにと、明るく言いました。

 

その夜、風車に帰ったなつは、閉店した風車にいました。

 

すると、信哉(工藤 阿須加)が、やって来ました。

 

信哉は、なつに報告があると言います。

 

信哉は、帯広支局へ転勤になりました。2、3年は戻れません。

 

今度は、なつと信哉が、反対になりました。

 

そして、「わんぱく牛若丸」が、公開となりました。

 

「わんぱく牛若丸」は、子供が楽しめる漫画映画として評判になり、大ヒットしました。

 

坂場は、アニメーションにしかできない表現は、見つかりましたかと、なつに聞きました。

 

そう簡単には、見つかりませんと、なつが答ます。

 

坂場は、あの馬の足は、偶然でしたかと、言いました。

 

なつは、坂場の考えを聞かせてくれと、言いました。

 

それは、ありえないことも、本当のように描くことです。

 

ありえないことのように見せて、本当を描くことです。

 

と、坂場は語りました。

 

どんなにありえないことも、本当らしく見せる動きがある。

 

大きな嘘から、真実を描き出す。

 

それを出来るのは、アニメーションしかない。

 

と、なつは気付きました。

 

腑に落ちましたかと、坂場が言いました。

 

そして、昭和34年(1959年)5月、それからまた1年、なつは、動画の仕事を続けました。

 

だが、まだ、ポスターや映画に、なつの名前は出ません。

 

この1年で変わったことと言えば、風車にピンクの公衆電話が置かれたことでした。

 

ピンク電話に、富士子から電話が、かかってきます。

 

なつは、今年は十勝に帰ることを決めました。

 

十勝と新宿が、電話で繋がりました。

 

なつぞら あらすじ第78話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第78話の感想まとめです。

 

なつの初めての漫画映画「わんぱく牛若丸」が、完成しましたね。

 

なつが描いた、馬の4本足も、みごとに表現されていました。

 

この絵をキッカケに、なつは、坂場からアニメーションんにしかできない表現を学びました。

 

ありえないことも、本当のように描くこと。

 

ありえないことのように見せて、本当を描くこと。

 

後は、なつが、どう表現するかです。

 

そうすれば、なつの名前も知られるようになり、千遥が見つかるチャンスもあります。

 

第14週は、なつが始めて十勝に帰ります。

 

どんな、ドラマが待っているのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事