なつぞら 99話あらすじです。

 

なつは、テレビ漫画の原画制作が始りました。

 

しかし、制約のある描き方に苦労します。

 

神地も、簡略化した表現を提案しました。

 

一方、雪次郎は、団員が抜けた劇団で、次回作の舞台稽古を始めました。

 

蘭子の指導を受けながら、夜遅くまで稽古に励みます。

 

そして、ついに、雪次郎が初主演する舞台が、初日を迎えました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第99話 なつと雪次郎、新境地で頑張る

なつ、原画のポーズをする引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、レミ子と雪治朗の部屋に行きました。

 

雪次郎は、配役に反対する劇団の仲間との話し合いを語りました。

 

団員は、新しい劇団を作ろうと、誘います。

 

蘭子との競演が夢だった雪次郎は、誘いを断りました。

 

雪次郎は、団員に分かってもらえたと、言いました。

 

そうなっら、心を決めて頑張るしかないと、なつが言いました。

 

なつも、テレビのアニメーションで頑張ると話しました。

 

でも、長編映画と違って、テレビ向けの作り方が、なつには分かっていませんでした。

 

赤い星座では、残った劇団員で、次回作の稽古が始りました。

 

演目は、ロシア文学チェーホフの戯曲「かもめ」です。

 

蘭子と雪次郎は、親子の役を演じます。

 

稽古中、雪次郎は、無駄な動きが多いと、蘭子に注意されました。

 

自分を見せようとせずに、役の人物がいるように見せなさいと、指摘されました。

 

一方、テレビ漫画「百獣の王子サム」は、絵コンテが出来上がり、作画作業が始っています。

 

なつは、サムが駆け抜けるカットの原画を描いています。

 

すると、神地が、そこは、そんなに丁寧に描かなくていいよと、言いました。

 

早く走るシーンは、流線だけを動かせば、サッと走り去ったように見えると、教えました。

 

なつが、実際に描いてみて、なるほどと感心しました。

 

赤い星座の稽古場では、夜になっても、蘭子と雪次郎が、稽古をしています。

 

蘭子が、雪治朗の演技に、全くダメと言います。

 

雪次郎が、初めて蘭子の芝居を見に来た時、欄子の芝居に、アマチュア精神を感じると言いました。

 

高校の演劇部顧問だった倉田先生が、アマチュア精神を忘れた芝居をするなと、よく言っていました。

 

本物の役者こそ、普通の人間としてしゃべります。

 

雪次郎は、蘭子の芝居を見て、アマチュア精神を感じたのでした。

 

蘭子も、芝居を教えてくれた先輩から、同じことを言われていました。

 

新劇で一番大事なものは、アマチュア精神だと。

 

その先輩は、いつまでも稽古に付き合い、いろいろ教えてくれました。

 

先輩は、移動演劇隊に入り、昭和20年8月6日、広島で被爆し亡くなりました。

 

あの人と同じ言葉言った雪次郎には、あの人の分も生きて演じて欲しいと、蘭子が言いました。

 

 

雪次郎主演の舞台、初日を迎える

なつ、雪治朗の舞台初日に行く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、慣れないテレビ漫画の原画を描いています。

 

なつが描いた原画を、みんなで見ました。

 

サムは動かず、顔は固まったまま、涙だけが動きます。

 

動かすところは動かして、動かさないところも個性として考える。

 

と、なつが、やり方を説明しました。

 

なるほど。単純な動きでも、登場人物の表情が伝わるかもしれない。

 

登場人物の個性に合わせて、動きにメリハリを付ける意識があれば、省略された動きでも、生きいきと見せられる。

 

登場人物を演じる能力こそが、東洋動画のアニメーターの強みだ。

 

動きは抑えても、アニメーターの感情を抑える必要はない。

 

と、坂場が言いました。

 

なつは、いつものように、自分でポーズをしながら、原画を描きました。

 

赤い星座では、蘭子と雪治朗の演劇の稽古が進んでいます。

 

そして、ついに「かもめ」の舞台が、初日を迎えました。

 

なつと茜、坂場も、雪次郎の晴れ舞台を見るため、劇場に来ました。

 

咲太郎と亜矢実の席に、マダム光子もやって来ました。

 

いよいよ、雪治朗が初主演する舞台の幕が開きます。

 

なつぞら 99話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 99話あらすじ感想のまとめです。

 

なつのテレビ漫画の原画制作が、始りましたね。

 

なつは、繊細で滑らかな動きの長編映画を作ってきました。

 

ところが、同じやり方では、毎週30分の放送ができません。

 

口パクだとか、3コマで駆けるとか、独特の手法が、開発されていきますね。

 

なつが、どんなテクニックを考え出すのか、これからが楽しみです。

 

一方、雪次郎も始めての主役に挑戦しています。

 

でも、別れていった団員との関係が、どう影響するのか気になりますね。

 

このまま、何事もなく過ぎるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事