なつぞら 127話あらすじです。

 

なつが、仕事に復帰しました。

 

赤ちゃんが生まれて1年になるので、坂場の演出の仕事開始もまじかです。

 

だが、優の預け先が決まりません。

 

そんな時、なつに作画監督就任の話がありました。

 

なつは、仕事と子育てで悩みました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第127話 なつ、作画監督を引き受ける

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつ(広瀬 すず)と坂場(中川 大志)に娘が誕生し、泰樹が「優」と名付けました。

 

なつは、産後6週間で職場に復帰し、なつが仕事の間は、坂場が子守をしました。

 

二人は、大変な思いをしながら子育てをしました。

 

でも、なつも坂場も、優の成長が、生き甲斐となりました

 

そして、1年が経ち、坂場もマコプロダクションで働く時期が、近づいて来ました。

 

だが、優を預ける保育園が見つかりません。

 

そんな時、なつは仲に呼ばれました。

 

新しい企画が始り、なつに作画監督の要請がありました。

 

仲は、無理なら断ってもいいと、なつに言いました。

 

なつは、坂場の仕事が始まるのに、優の預け先が決まらず、悩んでいました。

 

しかし、話だけでも聞くことにしました。

 

山川社長(古屋 隆太)と制作部長の佐藤 利之(橋本 じゅん)に、会いました。

 

新しいテレビ漫画シリーズで、今年の秋から開始予定です。

 

企画は、漫画が原作の「キックジャガー」です。

 

キックボクシングを題材にした漫画です。

 

キックボクシングは、スーパースター沢村 忠の登場で、今大ブームとなっています。

 

漫画のヒーローは、ジャガーの覆面をしています。

 

キックジャガーは、孤児院の出身で、孤児のために戦っています。

 

なつなら、この作品の世界観を描けるだろうと、佐藤部長が言いました。

 

なつは、やらせて下さい、と引き受けました。

 

作画監督は、全ての作画に目を通し、絵の質やキャラクタを統一する激務です。

 

なつは、期待してくれるなら、応えてみせますと、断言しました。

 

 

なつ、ベビーシッターを募集する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、作画監督を引き受けたものの、優の預け先を思うと、ため息が出ました。

 

なつの様子を見た神地(染谷 将太)が、心配して声をかけました。

 

なつは、保育園に全部落ちたことを打ち明けました。

 

なつは、家に帰り、坂場に相談もせず、作画監督を引き受けたことを謝りました。

 

二人は、保育園の代わりに、子守を募集することにしました。

 

なつは、募集のためのポスターを描きます。

 

その時、麻子がやって来ました。

 

優の預け先が心配で、訪問しました。

 

麻子は、優の預け先を探す手伝いをするため、来たのです。

 

麻子は、なつが描いていたポスターを手伝いました。

 

沢山描いて、近所の電柱や掲示板に貼ります。

 

なつは、「キックジャガー」の作画監督を引き受けたことを、麻子に話しました。

 

麻子は、東洋動画で制作することが決まり、悔しがりました。

 

麻子は、漫画も読んでいて、キックボクシングも良く知っていました。

 

キックジャガーは、日本人であることがバレない様に、覆面をしていると教えました。

 

その時、また、訪問客がやって来ました。

 

下山と茜、それに明子の家族でした。

 

なつぞら 127話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 127話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、作画監督を引き受けましたね。

 

でも、優の預け先が決まっていません。

 

そこで、ベビーシッターを雇うことにしました。

 

なつの場合は、仕事が長くなりそうなので、良い人を見つけないといけません。

 

賃金は、月6,000円です。ちょっと、厳しそうです。

 

ところで、作画監督の作品は、キックボクシングがテーマです。

 

キックボクシングは、タイのムエタイから来ていますが、日本で生まれた格闘技です。

 

当時、「キックの鬼」沢村 忠が有名で、テレビの視聴率も高かったようです。

 

「真空飛び膝蹴り」を得意として、多くのファンを熱狂させていました。

 

女性のなつには、不向きなテーマのようですが、なつと生い立ちが似ています。

 

そのため、なつの作画監督が決まりました。

 

なつは、公私共に、やれるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事