なつぞら あらすじ第56話です。

 

なつは、彩色をしながら、合間に絵コンテを読み込みます。

 

そうして、捨てられた絵から、動画が勉強できることを知りました。

 

そんな時、作画課で大声を出している女性を目にします。

 

動画セカンドの麻子でした。

 

麻子は、なつにも厳しい言葉を投げかけました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第56話

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、仕上げの彩色を始めました。

 

仲の誘いで、憧れの作画・アニメーターの部屋に行きました。

 

なつは、本物のパンダは知りませんが、絵がとっても可愛いと言いました。

 

じゃあ描いてみれば。書き損じが箱の中に入っているから、持っていって良いよ。

 

と、仲が言いました。

 

なつは、護美箱から持って帰り絵を、何枚か選び出しました。

 

なつは、下山が描いている絵を覗き込みました。

 

下山は、ラフな原画をキレイな状態にして、動画を描く人に渡します。

 

東洋動画では、アニメーターは仲と井戸原 昇(小手 伸也)の二人です。

 

本当のアニメーターは、この二人だけだと、下山が言いました。

 

下山は、原画・セカンドの役割をしていました。

 

下山が説明している時、突然大きな声がしました。

 

出来ているか、出来てないかじゃないんです。良いか悪いかなの。

 

指摘されている男性が、指示通りに描いているだけだよと、反論します。

 

大きな声を出している女性は、原画・セカンドの大沢 麻子(貫地谷 しほり)です。

 

応戦しているのは、動画担当の堀内 幸正(田村 健太郎)でした。

 

麻子は、帰り際に立ち止まり、なつをジッと見ました。

 

彼女は、マコちゃん、と下山が教えました。

 

なつが風車に帰ると、亜矢実が夕ご飯を用意していました。

 

なつは、寝る前に、会社から持って帰った絵を出しました。

 

作画課で拾った絵を描き写し、その技術を学びます。

 

咲太郎が帰ると、なつは絵を描きながら、机で寝ていました。

 

なつは、パンダの絵を沢山描いていました。

 

なつは麻子に睨まれる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

翌朝、亜矢実がなつに服を着せます。

 

昨日より、さらに派手になっていました。

 

なつは、彩色をしながら、桃代に身の上話をしました。

 

苦労したんだねと、桃代が言いました。

 

全然苦労はしてなくて、快適過ぎましたと、なつが言いました。

 

ここは、お嬢さんがいっぱいいる。

 

花嫁修業中のお嬢さんなら、給料が安くても、文句を言わないから、いっぱい雇っている。

 

みんな遊びに来ているようだね。

 

と、桃代が説明しました。

 

そんなお嬢さまたちは、お昼休みを楽しく過ごしていますが、なつは絵コンテを見ていました。

 

なつは、何度も絵コンテを見返して、白蛇姫の世界を想像しました。

 

下山は、護美箱から絵を拾って、家で動画を描いたら良いよと、なつに教えました。

 

その時、麻子が、堀内のところへ来て、やり直すように言いました。

 

表情が良くない。繋ぎが悪い。これは、白蛇が泣くシーン。と、麻子が厳しく言います。

 

堀内は、仕方なく描いた絵を護美箱に捨てました。

 

なつは、捨てられた絵を拾い、中庭で確認しました。

 

中庭では、、麻子が座っていました。

 

何なのあなた。何しにここに来ているの。結婚相手でも探しに来ているの。

 

お洒落ばっかりに、気を使って。会社の男は、みんな自分のものみたいな顔をして。

 

男を捜しに来ているだけなら、目障りだから、私の前をウロチョロしないで。

と言って、去っていきました。

 

なつは、あまりの言い方に、憤慨しました。

 

なつぞら あらすじ第56話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第56話の感想まとめです。

 

なつは、捨てられた絵から学ぶことを知りましたね。

 

下村も本当は、まだ新人なので、捨てられた絵で勉強しているようです。

 

アニメーションは、2枚以上の原画を描き、その間の動きを繋ぐ動画を何枚か描きます。

 

そして、スムーズな動きにします。

 

仲たちが書いた原画を清書し、動画担当に渡すのですが、ただ、原画をトレースするのではなく、間を繋ぐ動画に命を吹き込めと、麻子は言っているのでしょうね。

 

なつは、女性の上司との関係を、うまく構築できるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事