なつぞら あらすじ34話です。

 

なつと天陽は、雪月の新商品を味見します。

 

地元のバターを使ったお菓子です。

 

ばつは、雪之助から今後のバター作りを期待をされました。

 

なつが、十勝に縛られる条件が、次第に整ってきます。

 

そんな中、なつをかけた、天陽と照男のスキー大会の日が、やって来ました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ34話

なつぞら なつ、雪月のお菓子を試食引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと天陽は、映画の帰りに雪月に立ち寄りました。

 

雪之助と雪次郎が、新しく作ったお菓子を持ってきました。

 

雪月の新商品は、バターを使った、「バター煎餅」です。

 

ミルクバケットの形をした、ビスケットです。

 

雪之助は、このお菓子を地元の銘菓にしたい、と言いました。

 

「バター煎餅」を入れる容器も作りました。

 

昔、依田勉三の晩成社が作っていたバターの缶と、同じデザインです。

 

とよは、泰樹も懐かしいだろうからと、缶に「バター煎餅」を詰めて、なつに持たせました。

 

泰樹へのお土産です。

 

雪之助は、バターのことは、なつと相談してやって行くから、期待しているよと、なつに言いました。

 

なつは、戸惑いながらも、「はい」と、返事をしました。

なつぞら なつ、天陽と列車で帰る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

天陽は、帰りの列車の中で、東京へ行くことを泰樹に相談してみればと、なつに言いました。

 

なつは、行きたいなんて言ってないと、言いました。

 

「だったら、行くなよ。」と、天陽がつぶやきました。

 

なつは、天陽を見つめました。

 

天陽は、今度のスキー大会に出るよと、話題を変えました。

 

天陽が、スキー板は自分で作ると言うと、大丈夫なのと、なつが笑いました。

なつぞら なつ、お土産を渡す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

家に戻ったなつは、お土産の「バター煎餅」を出しました。

 

なつは、お菓子屋にバターが売れるなら、バターを作ってもいいんじゃないかと、言います。

 

泰樹は、なつと照男に任せるから、二人で考えろと言いました。

 

なつが、天陽はスキー大会に出ると言うと、照男もスキー大会に出ろと、泰樹が言いました。

 

照男と天陽の戦いだと言う戸村親子に、照男は、困った顔をしました。

 

富士子は、なつが照男との結婚話しを知ったら、どうなるのかと、剛男に言いました。

 

富士子は、なつが家族のことを思って、照男との結婚を断れないなら、それは残酷な話しだと言いました。

 

富士子は、いまのままの家族でいたいと、剛男に言いました。

なつぞら 泰樹、スキーを買うか引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

泰樹は、照男のために、スキー板を買ってきました。

 

それは、ずるい、天陽は自分で作るんだよと、なつが言います。

 

泰樹は、勝てばいいんだと言いました。

 

そして、開拓青年団スキー大会の日になりました。

 

照男は、天陽に大事な話があると、呼び出しました。

 

なつのこと、どう思っている、好きなのかと、照男が言いました。

 

天陽は、突然の照男の言葉に、戸惑いました。

 

 

なつぞら あらすじ34話の感想まとめ

なつぞら あらすじ34話の感想まとめです。

 

雪月の「バター煎餅」は、ミルクバケットの形をした、バタービスケットですね。

 

北海道のお土産といえば、六花亭のマルセイバターサンドが有名です。

 

バター煎餅のモデルは、バターサンドでしょうか。

 

雪月のバター煎餅は、絞ったミルクを入れる容器の形をしたビスケットです。

 

でも、「開拓者の郷 十勝バター煎餅」って、ちょっと硬い名前ですね。

 

これから、ビスケットの間に、アズキバターなどを挟んで、進化するのでしょうか。

 

ちょっと楽しみですね。

 

さて、いよいよ決戦のスキー大会が始ります。

 

天陽と照男の勝負は、どうなるのか、なつが、二人のどちらを応援するのか、この辺りが、勝敗の決め手にになるのでしょうね。

 

しかし、ここに来て強引な泰樹の存在が、気になります。

 

RECOMMEND
人気記事