なつぞら 146話あらすじです。

 

なつと咲太郎、光子、信哉、明美が、揃って、千遥のお店に行きました。

 

お客として来たので、それとなく、互いの事情を話題にします。

 

千遥は、女将でしたが、料理もします。

 

咲太郎は、最後に天丼をオーダーしました。

 

そして、千遥が作る、父の味の天丼が、出来上がりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第146話 なつや咲太郎たち千遥の店に

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、マコプロに来た千遥に、どこに住んでいるのかを尋ねました。

 

千遥は、神楽坂で「杉の子」とういう料理屋をしていました。

 

もし良かったら、お客として来て下さいと、千遥が言いました。

 

その週の土曜の夜、なつと咲太郎は、千遥のお店に行きました。

 

光子や信哉、明美も一緒です。

 

咲太郎が、思い切ってお店に入りました。

 

咲太郎は、奥原の名前で、予約をしていました。

 

お店の中では、千遥が料理をしています。

 

千遥は、咲太郎を見て、幼い頃の兄を思い出しました。

 

「いらっしゃいませ。」と、千遥がお客に、挨拶をしました。

 

咲太郎たちは、千遥の様子がよく見える、カウンターに席を取りました。

 

料理は、お任せにしました。

 

千遥は、「杉の子」の女将でしたが、料理人なので、料理もしました。

 

千遥が、お好みを聞いたので、、咲太郎は、最後に天丼をお願いしました。

 

千遥は、変なオーダーに、驚きましたが、引き受けました。

 

最初の前菜が、出されました。

 

なつは、美味しさにビックリしました。

 

板前(助川 嘉隆)が、咲太郎達は、友達ですかと、聞いて来ました。

 

咲太郎は、千遥に分かるように、なつや光子、信哉、明美を紹介しました。

 

明美が、最近まで北海道にいたことを話しました。

 

千遥は、十勝を訪れた際、明美と会ったことを思い出しました。

 

信哉が、咲太郎のことを説明しました。

 

声優を多く使っているプロダクションの社長だと聞き、板前は驚きました。

 

咲太郎は、光子のことを、心が広くて優しい人だと、話しました。

 

明美は、千遥と板前が、夫婦だと思っていました。

 

でも、主人は店には出ていませんと、千遥が言いました。

 

千遥の夫は、ずっと家には帰って来ていませんでした。

 

なつは、なんだか変だと思いました。

 

 

なつ、咲太郎、思い出の天丼の味

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、女将さんが料理をしていると、思っていませんでした。

 

 

一生懸命、修行をしたのだと思いました。

千遥は、親方に恵まれただけですと、言いました。

 

なつも、同じでした。

 

人生で、いろんな師匠に恵まれました。

 

お陰で、こうして生きていますと、話しました。

 

千遥は、十勝で会った泰樹を、思い浮かべました。

 

最後の料理の天丼を、千遥が作りました。

 

ツユをご飯にかけ、天ぷらをツユに潜らせます。

 

なつが、一口食べ、美味しいと言いました。

 

これだ。これだよ。

 

戦争で亡くなった父が、昔作ってくれた天丼と、同じ味だ。

 

間違いなく、この味だ。

 

俺たちの父親も、料理人だったんんです。

 

と、咲太郎が言いました。

 

千遥は、父親が料理人だったと聞いて、驚きました。

 

父親の天丼の味が、忘れられなくて、食べたくて。

 

どうして、女将に、それが作れたのでしょうね。

 

本当に、不思議だ。と、咲太郎は、涙を流しました。

 

その時、なつは、突然、昔の光景を思い出しました。

 

父が、天ぷらを揚げています。

 

その天ぷらを、千遥と良く似た母が、天丼にしています。千遥と同じように。

 

違う。思い出した。と、なつが、つぶやきました。

 

お母さんだよ。空襲で亡くなったお母さんが、いつも天丼を作ってくれていたんだ。

 

女将さんが、天丼を作っていた母に、似ていたから。

 

それで、思い出したのかもしれない。

 

と、なつが言いました。

 

なつも咲太郎も、涙と共に、思い出の天丼を口にしました。

 

なつぞら 146話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 146話あらすじ感想のまとめです。

 

なつ達は、千遥に会うために、お客として「杉の子」へ行きましたね。

 

お店の手前なのか、事情があるのか、お客として、千遥に会いに行きました。

 

なつ達のことを、千遥に教えるために、会話のようにして話しました。

 

千遥は、その話を聞きながら、家族のことを知りました。

 

人前で、名乗り合うことが出来ないのも、何かもどかしいです。

 

それに、天丼は、料理人の父の味だと思っていたのが、間違いだったと分かりましたね。

 

お母さんが、天丼を作っていたのです。

 

それも、千遥が全く同じように、作っています。

 

親子って、不思議ですね。

 

RECOMMEND
人気記事