なつぞら 140話あらすじです。

 

なつ達一行は、ロケハンのため十勝へ行きました。

 

泰樹から、開拓時代の苦労話を聞きます。

 

なつも知らない話しでした。

 

そして、牧場を見学し、酪農の体験もしました。

 

一行は、開拓者が開墾した大草原に感動しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第140話 泰樹、開拓者の話を聞かせる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつ達一行は、開拓者の暮らしを取材するため、十勝の柴田牧場にやって来ました。

 

まず搾りたての牛乳を、ご馳走になりました。

 

新鮮で美味しい牛乳を堪能しました。

 

この牛乳の違いを、絵で表現するには、どうしたらいいのか、早速、頭を悩ませました。

 

マコプロのメンバーは、泰樹の話が聞きたくて、集まりました。

 

泰樹が、十勝にやって来た頃の話しです。

 

泰樹は、富山から北海層に来ました。

 

泰樹には、親がいませんでした。

 

幼い頃に、流行り病で、両親を亡くしました。

 

それで、親戚の農家の養子となりました。

 

働かなければ、ただの厄介者でした。

 

泰樹は、18歳の時、北海道に渡りました。

 

北海道の原生林を、3年で切り開き、国の申請に合格すれば、自分の土地になります。

 

泰樹は、たった一人で開墾しました。

 

しかし、土が悪く、作物は育ちませんでした。

 

それで、牛飼いになりました。

 

最初は、帯広に近い十勝川の辺でしたが、大正11年に音問別(おといべつ)へ移住しました。

 

富士子が8歳の時、十勝川が氾濫し、大洪水になったからです。

 

その時、家も畑も牛舎も、全部流されました。

 

家族と馬が、助かっただけでした。

 

再び、音問別での開墾が始り、1年もしないうちに、泰樹の妻が、病気で亡くなりました。

 

坂場が、開拓者にとって、一番の心の支えは何かと、質問しました。

 

家族に限らず、誰もが支え合って、開拓者は強くなったと、泰樹が答えました。

 

泰樹は、今は幸せそうに、微笑みました。

 

マコプロのメンバーは、柴田家に泊まります。

 

富士子と砂良は、納屋を改装して、アイスクリームを提供しようと考えています。

 

これは、二人の開拓でした。

 

 

なつ達、十勝をロケハンする

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、9歳で柴田牧場にやって来ました。

 

なつは、夜明けと共に、乳絞りを始めました。

 

なつも泰樹と同様、家族がいませんでした。

 

泰樹の開拓者精神を受け継ぎ、成長して来ました。

 

なつは、人と支え合いながら、強くなりました。

 

泰樹と同じように。

 

皆は、牛舎で乳絞りを見学しました。

 

今は、機械で絞りますが、なつの時代は手絞りでした。

 

桃代が、手絞りでの搾乳を体験しました。

 

下山は、いろんな場面をスケッチします。

 

一行は、番長こと門倉(板橋 駿谷)の農家も訪れました。

 

昔使われた、古い農機具を見せてもらいました。

 

一方、陽平は、靖枝が耕す、天陽の畑をスケッチしました。

 

その開拓者が切り開いた、大草原の景色を、一行は眺めました。

 

アニメーションもアニメーターが切り開かなければ、何も見られません。

 

一行は、いい景色を作ろうと、誓い合いました。

 

下山がスケッチするため、優が草原を走りました。

 

すると、驚いた牛が、優に向って来ました。

 

皆が驚きますが、どうすることも出来ません。

 

その時、なつが、牛の前に立ちはだかり、牛を止めました。

 

なつの咄嗟の行動に、坂場は、目を丸くして驚きました。

 

なつぞら 140話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 140話あらすじ感想のまとめです。

 

なつ達のロケハンは、柴田牧場に行きましたね。

 

泰樹の話を聞いたり、実際の牧場生活を体験したり、昔の農機具を見学したりします。

 

番長の家で、開拓当時の農機具も見ました。

 

「ラッパ」という、種を撒く農具がありました。

 

十勝で開発された三つの畦を掘り起こす「三畦(さんけい)カルチベータも、無図らしい農具です。

 

昔の開拓者の意外な出身地も判明しました。

 

番長のお爺さんは香川県、良子のお爺さんは徳島県でした。

 

四国からの開拓民が、北海道で出会い、結ばれました。

 

また、魔界の番長が、十勝の番長と、よく似ていたことも分かりました。

 

ロケハン一行は、テレビ漫画の材料を沢山掴むことが出来ましたね。

 

中には、絵にすることが難しそうなものありました。

 

実際の仕上がりが、楽しみですね。

 

RECOMMEND
人気記事