なつぞら あらすじ第74話です。

 

なつは、牛若丸と馬の動画に、苦心しています。

 

そんな時、北海層から、雪次郎に会うため、小畑家全員が上京して来ました。

 

なつも咲太郎も亜矢実も驚きます。

 

雪之助は、咲太郎が誘ったと思い込んでいます。

 

そして、雪次郎の行き先を教えろと、咲太郎に迫りました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第74話

なつぞら 小畑家が状況引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

雪次郎が、役者になるため、川村屋を辞めると言い出しました。

 

それから数日経ったある日、なつは、家で牛若丸と馬の動画を描いていました。

 

徹夜までしましたが、なかなか思い通りの絵が描けません。

 

日曜の朝になり、なつは部屋の窓を開けました。

 

そして、外を眺めると、雪之助(安田 顕)、妙子(仙道 敦子)、とよ(高畑 淳子)が、風車の前に立っていました。

 

なつは、慌てて下に降りて行きました。

 

三人は、雪次郎の手紙を読み、帯広から上京しました。

 

しかし、雪次郎は、川村屋から出て行き、行方が分かりません。

 

それで、なつに会うため風車にやって来たのです。

 

なつは、三人を店に入れました。

 

亜矢実は、騒ぎを聞きつけて、お店に出てきました。

 

咲太郎も起きて来ました。

 

雪之助は、雪月を閉めて、家族全員で出てきました。

 

雪之助は、咲太郎に聞きます。

 

咲太郎が、雪次郎を劇団に誘ったのかと。

 

 

雪次郎に会いに、雪之助、妙子、とよが来る

なつぞら 雪次郎が隠れる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

咲太郎は、雪次郎が夢を追っていけないのか。

 

雪次郎を信じてやればいいのだ。と、言いました。

 

雪之助は、これ以上、雪次郎の人生を狂わせないでくれと、咲太郎に頼みました。

 

なつは、雪次郎が、全て自分で決めたことだと、教えました。

 

咲太郎は、雪次郎が、10倍の倍率で劇団の研究生に合格したことを話しました。

 

そして、みんなからの圧力を受けて、雪次郎が住んでいる、アパートを教えました。

 

雪次郎の居場所が分かったので、雪之助たちは、川村屋に向かいました。

 

職長の杉本は、雪次郎がまじめに働いていたことを伝えました。

 

マダムも雪次郎は、お菓子作りが好きなんだと思っていました。

 

なつは、雪次郎が、本当に演劇が好きだから、苦しんでいると言いました。

 

一方、咲太郎は、雪次郎の家族が、北海道から来たことを、雪次郎に教えました。

 

雪次郎は、困ってしまいます。

 

咲太郎は、本当に家族を捨てる覚悟があるのか。

 

本当にやりたいのなら、正面から向き合え。と、言いました。

 

その時、アパートに雪之助たちが、やって来ました。

 

雪次郎は、押入れに隠れてしまいました。

 

なつぞら あらすじ第74話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第74話の感想まとめです。

 

雪次郎の家族が、全員で東京にやって来ましたね。

 

雪之助は、咲太郎が、雪次郎を唆して、劇団に入れたと思っています。

 

咲太郎は、雪次郎が演劇の夢をもっているのなら、やればいいと考えています。

 

そうすると、やはり、咲太郎が誘ったと、勘違いされますね。

 

もちろん、雪次郎から相談された咲太郎は、応援しました。

 

しかし、自分自身の生き方ですから、雪次郎は覚悟を決めて、自分の言葉で、両親や祖母に向かい合い、説得しないといけないですね。

 

そうしないと、中に入るなつにも、迸りがかかります。

 

家族の勢いを恐れて、押入れに隠れた雪次郎は、どうなるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事