なつぞら あらすじ33話です。

 

なつの知らない結婚話しがあることで、柴田家の雰囲気が、いつもと違ってきました。

 

そんな中、なつは天陽とアニメ映画を見るため、帯広の映画館に行きました。

 

なつは、ディズニーの漫画映画に驚きながらも楽しみます。

 

なつのアニメーションの夢が、大きく膨らんできました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ33話

なつぞら なつ、天陽とアニメ映画を見る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつが、学校から戻ると、珍しく泰樹と富士子と剛男が、話し込んでいました。

 

泰樹が、なつに折り入って話があると言いました。

 

富士子が慌てて、今はないでしょと、泰樹を制しました。

 

夕食の時、いつもと違って静かなので、何かあったのと、夕見子が言いました。

 

富士子も剛男も、もちろん何でもない普通だよと、否定します。

 

明美は、なつが黙っているからだ、悩みでもあるの、お兄ちゃんの夢を見たんでしょと、聞きました。

 

富士子も剛男も泰樹も、ビックッとします。

 

剛男が、どっちの兄と、思わず聞きました。

 

なつは、東京のお兄ちゃん、寝る前にどうしているかと、思っていたからだと、答ました。

 

なつの兄の咲太郎は、無実が証明され、警察から解放されました。

 

でも、その後の行方が分からないので、なつも心配していました。

 

明美は、人が亡くなる時、大事な人の夢に出てくると言いました。

 

なつは、明美の話を聞いて、少し不安な表情をしました。

なつぞら なつ、天陽と映画館へ行く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

数日後、なつは天陽と「ディズにー・ファンダジア」を見るため、帯広の映画館に行きました。

 

なつは、カラーのアニメーションを見ながら、東京で聞いた、仲 努の言葉を思い出していました。

 

仲は、アニメーションは動きが命なんだ、絵に命を吹き込むことなんだと、語っていました。

 

ちゃんと勉強すれば、アニメーターになれる、とも仲は言いました。

 

なつは、子供のころの情景が、アニメーションのように浮かんできました。

 

ファンタジアが終わると、東洋映画社長の大杉 満(角野 卓造)が、画面に出てきて、話し始めました。

 

世界でも最新式の東洋映画スタジオを作り、漫画映画で広く世界に進出すると、語ります。

 

その第1作目は、中国の昔話を題材にした『白蛇姫』であることを宣伝しました。

 

そして、志のある人を求めていると、大杉社長が画面から語り掛けました。

 

なつは、アップになって熱く語る大杉社長の言葉を、感動の表情で聞いていました。

なつぞら なつ、天陽と雪月へ行く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと天陽は、映画が終わり雪月に行きました。

 

なつは、アニメーションの世界は、何でもできるねと言いました。

 

何でもできるということは、何もないのと同じだと、天陽が言います。

 

何もない広い土地と同じで、土を耕す方法を覚えて、植えられる種を見つけて、それを手に入れないと、何も出来ない。

 

なつは、それでもそういう土地に行きたいのかと、天陽が言いました。

 

なつは、そういうことか、そういうとこに行くのは無理だなと、なつが言いました。

 

本当は、行きたいんだろうと、天陽が言います。

 

なつは、ムリムリと、笑顔を作って否定しました。

 

 

なつぞら あらすじ33話の感想まとめ

なつぞら あらすじ33話の感想まとめです。

 

なつと天陽は、「ファンタジア」の漫画映画を見に行きましたね。

 

ディズニーのファンダジアは、漫画映画の最高傑作で、総天然色の長編漫画絵巻、と映画館に書いてありました。

 

当時は、カラーのことを総天然色と呼んで、珍しがっていたのですね。

 

映画を見ることが一番の娯楽で、しかもディズニーの長編アニメ、ステレオの音楽ですから、なつも興奮したようです。

 

極めつけは、アニメ映画の最後に、東洋映画のPRと、アニメーターの募集までありました。

 

なつの心は、大きく動かされたと思います。

 

でも、なつの立場上なかなか素直に、アニメーターになりたい、なんて言えません。

 

天陽は、なつの想いを感じているようですが、なつには牧場を継ぐこと、結婚すること、など大きな問題が待っています。

 

なつにかけられた泰樹の大きな期待、うーん重いですね。

 

RECOMMEND
人気記事