なつぞら あらすじ6話です。

 

なつは、東京の孤児院にいる咲太郎に、手紙を書きました。

 

いくら待っても、咲太郎からの返事が届きません。

 

咲太郎は、東京にいるのか、それとも、なつが里心を起こさないように手紙を書かないのか、なつはあれこれ考えました。

 

そして、我慢できなくなったなつは、朝早く起き、身支度をしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ6話

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、寂しそうに、悲しそうに手紙を胸に抱きしめました。

なつは、夜になって兄の咲太郎に手紙を書きました。

咲太郎に会いたいこと、千遥に手紙を出したいこと、また3人で暮らしたいこと書きました。

 

次の朝、なつが牛舎に行くと、母牛が子供を出産するところでした。

 

なつは、目を丸くして母牛を見つめました。

 

そして、牛の赤ちゃんが無事生まれました。

 

生まれたばかりの子牛はすぐに立ち上がり、母牛が子牛を舐めてあげました。

 

乳牛に乳が出るのは、子牛を産んだからです。

 

なつは、牧場の乳牛は、みんなお母さんなんだと思いました。

 

なつは小学校で、天陽に馬の絵だけでなく、他の絵も見てみたいと言いました。

 

なつの父は絵が上手だったので、なつも絵に興味がありました。

 

なつが、天陽のノートを見ているとき、急に風が吹きました。

 

風に吹かれてページがめくられ、天陽の書いた馬の絵が、パラパラマンガのように動き出しました。

 

なつは、天陽のノートをパラパラとめくり、嬉しそうに眺めました。

 

なつが、小学校から帰ると、郵便配達の人が来ていました。

 

なつは、手紙と10銭を配達の人に渡しました。

 

そして、返事が来たらすぐに届けて欲しいと頼みました。

 

夕見子は、なつに聞きました。なつは、ここに居たいのか、それとも仕方なく居るのかと。

 

そこが分からないと、どう優しくしていいかわからないと、夕見子は言いました。

 

なつは、「それなら、ムリして優しくしなくてもいいよ。私は、大丈夫だから。」と、答えました。

 

夕見子は、怒ってしまいました。

 

照男が、まき割をしていました。

 

なつもやりたいというと、これは俺の仕事だと、照男が言いました。

 

照男は、なつが良く働き、泰樹に認められるのが羨ましいのかもしれませんね。

 

それからしばらく経ちましたが、咲太郎からの返事が来ません。

 

なつは、心配になりました。

 

なつは、手紙に会いたいと書きました。

 

咲太郎は、なつが寂しくならないように、わざと返事を書かないのではと、なつは考えました。

 

なつは、次の朝早く、黙って柴田家を出ました。東京に帰る決心をしました。

 

 

なつぞら あらすじ6話の感想まとめ

なつぞら あらすじ6話の感想まとめです。

 

なつは、天陽の馬音を見ていて、不思議な体験をしましたね。

 

天陽のノートが、風でパラパラとめくれます。

 

すると、ノートに描いてある馬が動き出しました。

 

よく子供の頃に、教科書の端に描いた、パラパラ漫画ですね。

 

なつは、偶然に動く絵馬の絵を見て、ビックリし嬉しくなりました。

 

これが、アニメ映画、当時の漫画映画の原理です。

 

ここから、なつのアニメ映画への憧れが始ります。

 

一方、なつは、東京の兄・咲太郎に手紙を出しました。

 

しかし、返事がありません。

 

なつは、咲太郎に会いたくなり、柴田牧場を飛び出してしまいました。

 

なつは、東京へ帰ることができるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事