なつぞら あらすじ第60話です。

 

なつの再試験が、終わりました。

 

なつは、指定された15枚に対し、30枚の動画を描きました。

 

しかし、結果は不合格となりました。

 

絵が上手でもなく、線も美しくありません。

 

湧いてくるイメージに、手が追いつかないのです。

 

さらに、絵を描く技術が低いことも、なつは自覚しました。

 

一方、十勝では、阿川家に大きな動きがありました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第60話

なつぞら なつの試験結果発発表引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつが、アニメーターになれる試験が始りました。

 

なつは、自分でも「へたくそ」と、つぶやきながら、描いていきます。

 

そして、終了の時間となりました。

 

なつの隣で受験していた三村 茜(渡辺 麻友)が、声をかけました。

 

あなたってスゴイのね。よくそんなに描けたわ。

 

三村は、すごい勢いで動画を描き始めたなつを、驚いた様子で見ていた女性です。

 

試験の終了後、採点が始りました。

 

なつが描いた枚数は、ダントツの一番で、30枚も描いていました。

 

しかし、ほとんどがラフの状態で、クリーンンナップしたものは、13枚だけでした。

 

なつは、絵の勉強をしたことがなく、独学でした。

 

でも、なつには動画を描く勘が備わっていました。

 

なつは、その夜、悔しそうに絵の清書の練習をしました。

 

翌日、試験の結果が発表されました。

 

なつは、不合格でした。

 

井戸原は、どうして30枚も描いたのかと、なつに聞きました。

 

イメージが湧いてきて、どうしても描きたくなった。でも、自分の描きたいものに、手が追いついていかない。

 

それが、もどかしくて、自分は下手なんだと、よく分かった。それが悔しくて。

 

と、なつが話しました。

 

まいったね。イメージに手が追いつかないとは。あれでもう、我々と同じことで悩んでいるんだから。

 

あの子も、一生悩むんでしょうね。

 

井戸原と仲は、驚いた表情で話しました。

 

 

照男が砂良にプロポーズをする

なつぞら 照男が砂良にプロポーズ引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

天陽は、阿川親子の家に、牛乳を持って行きました。

 

すると、柴田牧場の戸村 菊介(音尾 琢真)も、バターを持って来ました。

 

バターは、砂良(北乃 きい)に食べさせたいと、照男が作ったものでした。

 

菊介は、砂良が好きなのか?砂良は照男が先に好きになった。なつが居なくなったら、砂良か。

 

と、天陽に言いました。

 

そこに、照男が突然やって来ました。

 

好きです、結婚してくださいと、照男が砂良に、プロポーズしました。

 

天陽も菊介も、お願いしますと、砂良に頭を下げました。

 

砂良は、天陽のプロポーズを、シッカリと受け取りました。

 

なつは、天陽に手紙を書きました。

 

照男と砂良の結婚ために、協力したことのお礼を言いました。

 

今は、仕上げの彩色に頑張っている。当分、北海道には帰らない。東京で、頑張って生きていく。

 

手紙が届いた天陽は、ベニア板に描いたなつの絵を消しながら、涙をこぼしました。

 

なつぞら あらすじ第60話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第60話の感想まとめです。

 

なつの試験は失敗でした。アニメーターになれませんでしたね。

 

なつは、クリーンンナップした線も、ゆがんでいました。

 

なつは、絵を描く基礎を学んでいません。

 

才能はあるのですが、絵を描く基本ができていません。

 

さらに、努力が必要と言うことですね。

 

一方、照男は砂良にプロポーズをし、結婚できることになりました。

 

このプロポーズは、ちょっと変でしたね。

 

天陽と菊介が協力して、一芝居打ったからです。

 

結果は、みごとに成功し、砂良もOKを出しました。

 

さて、なつがアニメーターになる道は、まだまだ険しいのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事