なつぞら あらすじ37話です。

 

なつは、雪の中に倒れてしまいました。

 

しばらくして、なつは目を覚まします。

 

見知らぬ家で、寝かされていました。

 

そこは、一人の男と娘が住む家出した。

 

しかし、家の中には、動物の置物が、そこらじゅうに置かれ、異様な雰囲気でした。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ37話

なつぞら なつ、砂良に助けられる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、吹雪の中で倒れてしまいました。

 

その時、なつの傍に人影が近づいて来ました。

 

しばらくして、なつは、物音で目を覚ましました。

 

なつは、いろりの火の横で、布団に入って寝ていました。

 

辺りを見回すと、動物の顔が並んでいます。

 

なつは、驚いて起き上がりました。

 

すると、男と娘の後ろ姿が見えました。

 

ここはどこなんですか、なつが恐るおそる聞きました。

 

砂良が、あんたを見つけて助けたんだと、男が言いました。

なつぞら 砂良と弥市郎引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

砂良とは、阿川 砂良(北乃 きい)、阿川 弥市郎(中原 丈雄)の娘です。

 

阿川親子は、森の奥に住んでいました。

 

砂良は、なつが農業高校の演劇部で、倉田先生から教わっていることを知っていました。

 

倉田先生は、阿川家をよく訪れ、話し聞いていました。

 

その縁で、倉田先生に誘われて、阿川親子は、なつの芝居を見に行きました。

 

砂良は、なつが吹雪の中泣きながら歩いてているのを見付けました。

 

弥市郎は、熊の木彫りを作り、帯広の土産物屋で売っています。

 

弥市郎は、東京で教師をしていましたが、終戦後、北海道に来て森の中で暮らすようになりました。

 

砂良の母親も、空襲で亡くなりました。

 

なつは、弥市郎に戦争を恨んでいるかと、聞きました。

 

もちろん恨んでいる、砂良の母親を助けられなかった自分にも、と弥市郎が言いました。

 

そういう怒りや悲しみは、どうしたら消えるのかと、なつが聞きました。

なつぞら 木彫りをする弥市郎引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

自分の魂に向き合い、それを消さずに込めるんだ。

 

怒りや悲しみから、新たな絶望を生まないために、木彫りの中に閉じ込めている。

 

それを自分の魂に変えるのだと、弥市郎が言いました。

 

次の日の朝早く、なつは阿川の家を出ました。

 

家に帰る途中、朝日が昇ってきました。

なつぞら なつ、朝日を見るめる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、輝く朝日の空を見上げて、一粒の涙を流しました。

 

柴田牧場では、朝の仕事が始っていました。

 

そこに、天陽がやってきます。

 

なっちゃんいますか、と天陽が言うと、全員が凍りつきました。

 

照男は、なつに行けと言ったので、大騒ぎをします。

 

慌てて外に飛び出した照男を、みんなで引き止めます。

 

その時、牧場の遠くに、なつの姿が現れました。

 

 

なつぞら あらすじ37 話の感想まとめ

なつぞら あらすじ37話の感想まとめです。

 

なつは、吹雪で遭難しますが、救われましたね。

 

砂良が、湖にオショロコマを取りに行って、偶然なつを見つけました。

 

倉田先生に、芝居で登場するオショロコマを教えたのは、砂良でした。

 

なつにとって、砂良は白蛇姫そのものでしたね。

 

弥市郎は、子供たちに、軍国主義を教え込んだので、教師を続ける気にはなれなかったようです。

 

自分が教えたことで、多くの若い命が亡くなったことに、耐えられなかったのです。

 

ここにも、戦争で苦しむ人がいました。

 

なつは、弥市郎の魂を込めるという言葉に、何か思うところがあったようですね。

 

美しい朝日を見て、決意が固まったようです。

 

RECOMMEND
人気記事