なつぞら あらすじ5話です。

 

なつは、泰樹に買ってもらった長靴と、夕見子にもらった服を着て、夜明けから仕事をします。

 

すると泰樹が、仕事の後、学校へ行くよう、なつに言いました。

 

なつは、ようやく学校へ行けることになりました。

 

初日、なつはクラスで苛められます。

 

その時、一人の男子が、なつを救ってくれました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ5話

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

その夜、夕見子は、なつに自分の洋服をあげました。

 

「ありがとう。」と、なつは嬉しそうに受け取りました。

 

なつは、次の朝、泰樹が買ってくれた長靴を履き、夕見子に貰った洋服を着て、牛舎に向かいました。

 

「おはようございます!」と、なつが元気よく挨拶をします。

 

「おはよう、なつ。」と、泰樹が言ったので、剛男や悠吉、菊介は、ビックリしました。

 

そして、泰樹は、仕事が終わったら学校へ行くように、なつに言いました。

 

なつは、チョッと驚き、「はい。」と嬉しそうに返事をしました。

 

朝食のあと、剛男が付き添い、照男、夕見子とともに、なつは学校へ初めて登校しました。

 

途中、牧場で働くみんなに、「行ってきます!」と、なつが手を振ります。

 

照男は、泰樹が手を振り返すのを見て、ビックリしました。今まで、そんなことをする泰樹ではなかったのですね。

 

夕見子は、もうムリして働かなくてもいいよ、と言いました。

 

夕見子は、牛乳が嫌いだし、牛は臭いので、乳搾りも牛舎の掃除もしたくないのです。

 

なつは、夕見子と同じ席になりました。担任は、花村 和子(岩崎 ひろみ)先生です。

 

クラスには、おなじく東京から入植して来た、山田 天陽(荒井 雄斗)がいました。

 

なつは、東京では浮浪児だったので、病気を持っていると同級生に怖がられました。

 

それを天陽が、助けてくれました。

 

なつは、休み時期暗に天陽にお礼を言いました。天陽は、馬の絵を描いていました。

 

あまりに上手な絵なので、なつはビックリしました。まるで、生きているような馬の絵でした。

 

なつが学校から帰ると、郵便配達が来ていました。

 

なつは、東京に手紙を出すには、どうしたらいいのかを尋ねました。

 

手紙なら、明日取りに来てあげるよと、配達の人は言いました。

 

でも手紙を出すには、送料が10銭かかります。なつには、お金がありませdん。

 

なつが、しょんぼりしていると、富士子が、「どうしたの?」と、聞きます。

 

なつは、手紙を出したいので、10銭貸して欲しいと言いました。

 

富士子は、そんなこと気にしなくていいから、自分の家族にどんどん手紙を書きなさい、と言いました。

 

富士子は、なつに、何も気にせずに思っていることを何でも言いなさいとも、言いました。

 

なつは、亡くなった父からの手紙を読み返しました。

 

 

なつぞら あらすじ5話の感想まとめ

なつぞら あらすじ5話の感想まとめです。

 

なつは、やっと小学校に入りましたね。

 

泰樹からの許しが出ました。

 

泰樹は、懸命に働くなつの姿を見て、昔の自分を思い出したのでしょうか。

 

よく働けば、誰かが助けてくれると言ったことを、泰樹が実践しているようです。

 

一方の夕見子は、なつとは正反対です。

 

牛が嫌いだし、牛乳も飲めません。

 

夕見子は、柴田家の長女ですから、なつとは違い、早朝から働く必要はないのですね。

 

なつは、郵便配達を見て、東京の兄に手紙を出したいと思いました。

 

当時の手紙は、10銭だったようです。

 

10銭とは、1円より下の単位で、0.1円になります。

 

なつは、富士子に10銭貸して欲しいと頼みます。

 

富士子は、手紙を出す時は、お金を貸してなど言わす、いつでも言いなさいといいました。

 

子供らしくない、と言えばそれまでですが、なつの不憫さが、伝わりましたね。

 

まあ、、こうやって、少しずつ普通の暮らしに戻って行くのです。

 

RECOMMEND
人気記事