なつぞら あらすじ2話です。

 

なつは、柴田家の夕食に驚きました。

 

東京では、見たこともないほど、テーブルいっぱいに、料理が並んでいました。

 

なつは、兄が迎えに来るまで、置いて欲しいとお願いします。

 

それまで、牧場で働くと言うと、泰樹は働きなさいと、言いました。

 

厳しい牧場の仕事に、なつは耐えられるのでしょうか。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ2話

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、柴田家のみんなと一緒に、始めての夕ご飯を食べます。

 

そこには、食糧難の東京とは比べ物にならない、豪華な食事がありました。

 

なつは、思わず「夢みたい。」と、つぶやきました。

 

さらに、絞りたての牛乳も飲みました。

 

東京では、ろくな食事も出来ず、サツマイモばかり食べています。

 

なつは、夕見子の服を借りて小学校に行くようにと富士子が言います。

 

夕見子と同じ3年生です。

 

しかし、夕見子は、大事な服をなつに上げないと言い張ります。

 

なつは、牧場で働くので、兄が迎えに来るまで置いて欲しいと、剛男と富士子にお願いしました。

 

泰樹は、「いい覚悟だ働きなさい。その方がここに居やすいだろう。」と厳しく言いました。

 

東京にいた頃は、子供たちの力だけで、物乞いまでしながら生きていました。

 

なつは次の日、朝早く起き牛舎に行きました。

 

牛舎には、戸村 悠吉(小林 隆)と息子の菊介(音尾 琢真)が、働いていました。

 

なつは、みんなの働く様子を見て手伝い方を覚えようとします。

 

なつが、不意に牛に近づいた時、注意されました。

 

牛は、知らない人に敏感で、蹴られることもあるし、乳が出なくなることもあります。

 

なつの厳しい牧場の仕事が、始りました。

 

 

 

なつぞら あらすじ2話の感想まとめ

なつぞら あらすじ2話の感想まとめです。

 

なつは、柴田家の食事に驚きますね。

 

東京では、お目にかかれない豪華な食事が並んでいました。

 

柴田家の家族とっては、普通の夕食ですが、空襲でやられた東京では、食べるものも満足になく、住む所もない人が多いのです。

 

なつは、絞りたての牛乳も美味しく飲みました。

 

牛乳も牧場以外では、めったに飲めません。

 

戦後は、栄養を補給するため、生の牛乳ではなく、脱脂粉乳を飲んでいたそうです。

 

でも現在のように、あまり美味しくはなかったようですね。

 

さて、なつは、タダで世話になりたくないので、なんとか役に立とうとします。

 

厳しい泰樹は、小さな子供のなつにも、容赦がないようです。

 

なつは、頑張ることができるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事