なつぞら あらすじ第71話です。

 

なつ達の作画が、始りました。

 

なつも動画の作成に励みます。

 

そんな時、新人の坂場が現れ、動画がおかしいと言いました。

 

指摘された動画は、なつが描いた絵です。

 

なつは、作画の説明をします。

 

しかし、坂場は理論で追及しました。

 

なつと坂場の論戦が、始りました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第71話

なつぞら なつ、坂場と論戦する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、「わんぱく牛若丸」のライブアクションに参加しました。

 

蘭子が扮する常盤御前が、母に会いに来た牛若丸を、追い返すシーンです。

 

蘭子の熱演で、撮影は順調に進みます。

 

しかし、演出助手の坂場 一久(中川 大志)は、相変らずカチンコをミスし、笑われます。

 

それから、「わんぱく牛若丸」の作画作業が、始りました。

 

なつも作画に励みます。

 

机の上には鏡があり、自分の顔を写し、表情を確認しながら、キャラクターを描いていきます。

 

キャラクターは、人間だけではありません。馬のときもあります。

 

作画作業が、佳境に入ったある日、下山のところに、坂場がやって来ました。

 

この動画は、これでいいのか、動きがおかしくないか、と言います。

 

よく見ると、それは、なつの描いた馬の動画でした。

 

馬が崖を下るシーンで、馬も怖がります。

 

怖がっているなら、体を後ろにのけ反らす。

 

表情だけで表現して、それでいいのか。

 

と、坂場は理論をぶつけます。

 

アニメーターにとって、表情は大事な表現だと、なつが言いました。

 

そういう表現は、動きにリアリティがなければ、ただの説明になると、坂場が反論しました。

 

 

なつは坂場の理論に押される

なつぞら なつ、作画課引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと坂場のやり取りは、際限なく続きました。

 

たまらず、下山が中に入り、動画を描き直すと約束しました。

 

なつは、立ち去ろうとする坂場に聞きました。

 

アニメーションのリアリティって、実際の人間や動物の動きを、そっくり同じに描く、と言うことか。

 

それで、子供は楽しいのか。
アニメーションにしかできない動きをするから、楽しいのではないか、と。

 

坂場は、なつに言いました、

 

皆が、現実的なリアリティを追求しようとしているのか、アニメーションにしかできない表現をを追求しようとしているのか、

 

僕は、まだよく分かっていないと。

 

坂場が帰った後、仲が言いました。

 

アニメーションの作り方に、まだ明確なほう方はない。

 

我々が出来る方法を、見つけるしかないと、下山が言いました。

 

昼休みの中庭で、なつは仕上課の桃代と、久しぶりに会いました。

 

なつは、坂場のことを桃代に聞きました。

 

坂場は、東大卒で哲学専攻だと、桃代が教えました。

 

なつは、坂場に出会って、考えました。

 

アニメーターとして、何がやりたいのか、どこに向かっているのか、と。

 

なつぞら あらすじ第71話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第71話の感想まとめです。

 

なつは、作画の仕事が、始まりましたね。

 

今回から、三つ穴のタップで動画用紙を固定する方式が、採用されました。

 

重ねた紙がズレる心配がなくなる、アニメーションの大きな技術革新です。

 

これで、動画も楽に描けるようになります。

 

なつは、鏡で表情を作りながら、動画を描いていきます。

 

時には、馬の表情などもしました。

 

そんな時、とんでもない新人が現れましたね。

 

なつは、坂場の理論でタジタジです。

 

しかし、なつがアニメーターとして大成するための、貴重な出会いのようです。

 

なつは、アニメーターの方向を、見つけられるでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事