なつぞら あらすじ38話です。

 

なつは、無事に戻ってきました。

 

そして天陽に、アニメーターになる決意を打ち明けました。

 

なつは、夕食の後、柴田家の家族に、東京へ行く許しをお願いしました。

 

すると、泰樹が激しく怒り、なつは家を出ようと荷造りを始めました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ38話

なつぞら なつ、天陽に打ち明ける引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

天陽や柴田家の人々が大騒ぎする中、遭難したと心配されたなつが、帰って来ました。

 

なつは、森に住む彫刻家の親子に、助けられたと話しました。

 

剛男は、それは阿川さんであることを知っていました。

 

なつは、心配をかけたみんなに謝りました。

 

それから、なつは、天陽を牧場の外まで送って行きました。

 

私、漫画映画をやってみたい、アニメーターになると、今朝決めたんだと、打ち明けました。

 

なつは、そのことを天陽に、一番に話したかったのです。

 

天陽は、複雑な表情で、なつの話を聞きました。

 

そうか、決めたか。なっちゃんの決意が聞けてよかったと、天陽が言いました。

なつぞら なつ、東京へ行きたいと言う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

その夜、なつは、みんなに決意を話しました。

 

お願いがあります。何年かしたら、私を東京に行かせてください。

 

東京へ行って、兄を支えたいと思っている。

 

高校まで行かせて貰ったので、お返しをしてから東京へ行くと、なつが言いました。

 

その必要はない。行きたかったら、行けばいい。

 

なつを牛飼いにさせたのは俺の勝手だから、これ以上勝手に付き合う必要はない。

 

牛飼いとも、この家とも何の関係もない。出て行きたければ、行けばいい。

 

すぐに行け。お前の顔は、もう二度と見たくない。

なつぞら 泰樹が怒る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

と、泰樹が言い、最後には、「勝手に出て行け!」と、怒鳴りつけました。

 

分かった。分かりました。どうも、すみませんでした。と、なつが言い、席を外しました。

 

なつは、部屋の戻り、荷造りを始めました。

 

止めなさい。どこへ行くの。追いかけて来た富士子が、止めます。

 

だけど、申し訳なくて、ここには居られないと、なつが泣きました。

 

富士子が、なつの頬を叩きました。

 

これで、帳消しにしたらいい。

 

出て行くあんたに、申し訳ないと言われるなら、憎まれたほうがいいと、富士子は、なつを抱きしめ、二人で泣きました。

 

剛男は、学校を卒業するまで、よく考えて決めればいい、誰も反対はしないと、言いました。

 

なつは、自分勝手で恥ずかしいと謝りました。

 

 

なつぞら あらすじ38話の感想まとめ

なつぞら あらすじ38話の感想まとめです。

 

なつは、ついに東京へ行く決心を柴田家の家族に、言いましたね。

 

しかし、泰樹の一言で、気まずい雰囲気になりました。

 

いつものことながら、なつが泰樹の意向と別なことをしようとすると、泰樹は激しく怒ります。

 

なつが可愛いからでしょうが、自分で言っているように、泰樹の勝手に縛り付けるのも可哀そうです。

 

みんなは、家族だからと言います。

 

なつもそう思っているでしょうが、一方で、世話になったとも思っていますね。

 

この兼ね合いは、一生続くのでしょうね。

 

話は、変わって阿川家の話題です。

 

阿川親子は、熊が出る森に住んでいます。

 

今は、人間も熊もなれてきて、出会ってもお互い驚かないそうです。

 

それどころか、熊が砂良にラブレターを持ってきたと言います。

 

もちろん熊は、手紙など書けません。

 

熊がラブレター代わりに、秋鮭を持ってきたと言う話しです。

 

そんなことって、あるのでしょうか。驚きの話しですね。

 

RECOMMEND
人気記事