なつぞら 142話あらすじです。

 

なつは、主人公ソラのキャラクタを描きました。

 

今度は、坂場や仲間の賛同が得られ、キャラクタが決まりました。

 

そして、新しいメンバーも加わります。

 

いよいよ、第1話の絵コンテが出来上がり、制作がスタートしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第142話 なつ、ソラのキャラクタを完成

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、テレビアニメの主人公「ソラ」のキャラクタを完成させました。

 

可愛いじゃない。

 

野性味も感じられる。女の子だけど、弱い子には見えない。

 

と、メンバーの評価は、上々です。

 

ソラは、赤いほっぺに合わせて、赤い服を着ています。

 

坂場も、この子の日常なら、見たくなると、満足しました。

 

主人公の活躍よりも、生きる力そのものを描きたいと、坂場は思っていました。

 

ソラは、いいキャラクタで、新しいと、神地も賛成しました。

 

その後、なつは、優を迎えに行き、仕事場に戻って来ました。

 

優は、保育園が終わった後、マコプロで過ごすことになりました。

 

ある日曜日、なつの家に、佐々岡 信哉(工藤 阿須加)と柴田 明美(鳴海 唯)が、やって来ました。

 

信哉と明美は、札幌から東京の放送局へ移動になっていました。

 

信哉は、なつが働きながら仕事ができることに、感心しました。

 

明美は、結婚しても、好きな仕事が続けられる環境を羨ましく思いました。

 

東京の放送局は、人数もニュースも多いので、大変です。

 

でも、信哉がデスクなので、明美は助かっていました。

 

話題は、なつ達のテレビ漫画になりました。

 

なつは、泰樹のこれまでの歩みを思いながら、作りたいと思っています。

 

なつを知っている人は、なつの物語と思うかもしれないが、坂場はそれでもいいと考えています。

 

もとの原作も、作者の実体験をもとに書かれていました。

 

そうすれば、千遥が見ても、なつの話しだと思うかもしれません。

 

なつは、千遥が、どこかで見ていることを信じていました。

 

坂場は、ソラの話を、なつの実体験と重ねてもいいと、考えています。

 

そうしなければ、なつと一緒に作る意味がないのです。

 

坂場は、泰樹の話を聞いて、開拓者精神の底には、悲しみがあると感じました。

 

人との結び付きを、何よりも大切にする。

 

他人を家族のように受け入れる。

 

その優しさが生まれることを、知りました。

 

坂場は、それこそが、自分たちが描くべき物語であると、思いました。

 

坂場は、そこで、新しい登場人物を考えました。

 

それは、子供の頃のなつであり、泰樹でした。

 

また、千遥であるかもしれません。

 

家族とは、本当の家族かどうかではなく、それを望む意志があるかどうかです。

 

それを描きたいと、坂場は言いました。

 

自分の魂を絵に吹く込むことが、全てだから。

 

信じて付いていくだけだからと、なつも賛成しました。

 

 

テレビアニメ第1話の製作を開始

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと坂場は、絵コンテを一緒に作りました。

 

原作の「大草原の小さな家」に、なつ自身の経験も織り交ぜた、新しい物語が、生まれようとしています。

 

二人が生み出す物語は、ようやく形になり始めました。

 

マコプロに、新しいメンバーが加わりました。

 

制作進行の石沢 裕也(大野 泰広)と町田 義一(鈴鹿 央士)、動画チェックの立山 久子(伊藤 修子)です。

石沢と町田は、外注とのやり取りを任せられました。

 

締め切りは守るよう、麻子が言いました。

 

第1話の絵コンテの打ち合わせが、始りました。

 

主人公の一家が、荷馬車に荷物を積んで、旅をしています。

 

両親と妹、主人公のソラの家族です。

 

住んでいた家が洪水で流されたため、新天地を求めて旅をしています。

 

旅の途中、河に流されている少年がいました。

 

少年の友達のリスが、助けを求めて鳴いています。

 

ソラが、リスの鳴き声に気付きます。

 

そして、父親が、少年を助け出しました。

 

少年の名前は。「レイ」です。

 

レイの家族は、洪水で流されました。

 

孤児となったレイは、ソラたち家族と一緒に、新天地に向って旅をします。

 

レイも主人公の家族となって、育っていきます。

 

ソラとレイ、この二人の成長を通して、開拓者家族の物語を描きます。

 

キャラクタも決まり、作画作業が始りました。

 

なつは、坂場に動画をチェックしてもらいます。

 

坂場は、荷馬車の動きが気になりました。

 

荒れた大地を走っている振動が、感じられません。

 

舗装された道ではないので、一定のリズムの揺れにはなりません。

 

坂場は、そのリアリティを指摘しました。

 

子供が見ても大人が見ても、本当だと思える表現をしたいのです。

 

なつは、小さい頃、泰樹の馬車に乗り、帯広に行ったことを思い出しました。

 

なつは、記憶と想像力で、再び動画を描き始めました。

 

なつぞら 142話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 142話あらすじ感想のまとめです。

 

いよいよ、「大草原の少女ソラ」の制作が、始りましたね。

 

坂場の要求は、昔と同じです。

 

馬車の揺れのリアリティまで、要求されました。

 

なつは、子供の頃の記憶を辿り、再現に挑戦します。

 

長編漫画ではないので、あまり凝ると、放送に間に合いません。

 

さて、なつは、どんな方法で解決するのでしょうか。

 

また、千遥の話題が出ました。

 

千遥も結婚をし、子供もいる筈です。

 

なつの仕事を知っているので、子供と一緒にテレビアニメを見ている可能性は高いです。

 

なつも、そう願って作品を作っています。

 

果たして、実際はどうなんでしょう。

 

再び千遥は、なつに会いに来るのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事