なつぞら 91話あらすじです。

 

なつの所に、夕見子が現れ、大騒ぎとなりました。

 

同時に「ヘンゼルとグレーテル」の決起集会と重なります。

 

夕見子は、女性の生き方の持論を語ります。

 

亜矢実や蘭子は、若い人の考え方を羨ましく感じました。

 

なつも、夕見子を通じて、女性の生き方を考えました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第91話 夕見子、なつに彼氏を語る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、短編映画の企画やストーリーなど、新境地を開いて行きました。

 

夕見子も東京にやって来て、新しい女性の姿を求めています。

 

風車では、夕見子や雪次郎らも加わり、「ヘンゼルとグレーテル」決起集会が始りました。

 

夕見子が上京してきたことで、駆け落ちでもしたのかと、聞かれました。

 

世間一般から見たら、そうなりますかねと、夕見子が答えました。

 

相手は、同じ大学の学生です。

 

このままm北海道にいたら、二人は結婚するのかとか、認めるとか認めないとか、親から言われる。

 

そういうことから自由になるため、東京へ出てきた。

 

愛って、志だ。志が消えたら愛も消える。

 

愛の不合理さを認めるから、女は不幸になる。

 

と、夕見子が持論を言いました。

 

なつには、夕見子が言っているこよは難しくて、理解できません。

 

その夜、夕見子は、なつの部屋に泊まりました。

 

なつは、なぜ東京へ来たのか、その人はどういう人なのか、教えて欲しいと言いました。

 

その人は、物書きを志している。

 

騙されてるとか、心配は要らない。なつも、その人に会えば分かるから。

 

迷惑かけて、悪いね。

 

と、夕見子が、語りました。

 

 

なつ、女性の生き方を学ぶ

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

翌朝、風車では、みんなで朝食を食べました。

 

夕見子は、仕事を探すと言います。

 

亜矢実は、とりあえず風車で働かないかと、聞きました。

 

風車は、咲太郎のプロダクションの事務所になっているので、電話番も頼むと、咲太郎が言いました。

 

一方、「ヘンゼルとグレーテル」は、作画作業が始っています。

 

神地が原画を描いたので、見て欲しいとやって来ました。

 

デッサンの狂いもなく、よく描けています。

 

これでいいので、動画も描いてと、麻子が言いました。

 

坂場は、仲や井戸原から、意見を言われました。

 

勉強のための短編でも、劇場公開を前提に作らないといけない。

 

「ヘンゼルとグレーテル」に、社会風刺は、入っていないのか。

 

悪魔と魔女は、アメリカと日本の関係ではないのか。

 

見る側が、どう受け止めるかは自由だ。

 

しかし、純粋に、子供が楽しめるものにして欲しい。

 

と、坂場は責められました。

 

漫画映画は、子供が見るものとする考え方は、もう古いのではないか。

 

と、坂場は、反論しました。

 

なつと麻子は、遅くまで原画を描いています。

 

夕見子の考えは、間違っていないと思う。

 

女にとって、結婚は志でしょ。

 

結婚するかしないかを含めて、女は何を一番に考えるかで、生き方が決まってしまうから。

 

と、麻子が言いました。

 

なつは、仕事か結婚、どちらか選ばないといけないのかと、聞きました。

 

どんな選び方をしても、人から責められることはない、ということよと、麻子が答えました。

 

その夜、なつが風車に戻ると、お店に男性がいました。

 

なつを見たその男性は、泰樹そっくりでした。

 

その男こそ、夕見子と一緒に上京してきた学生でした。

 

なつぞら 91話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 91話あらすじ感想のまとめです。

 

なつが住む風車で、夕見子が働くことになりましたね。

 

そして、相手の男性も紹介すると、言いました。

 

さっそく、なつが帰ると、夕見子の相手が、風車に来ていました。

 

その男性を見て、なつはビックリします。

 

私もテレビの画面を見て、驚きました。

 

なぜか、そこに泰樹が、いるからです。

 

いつ、なぜ、東京へ出てきたのかと、思いました。

 

しかし、良く見ると、泰樹は少し若い。

 

アレッ、と思ったら、夕見子の付き合っている男性でした。

 

夕見子も、なんだかんだで、泰樹のような男性が、好きなのですね。

 

でも、このことを泰樹が知ったら、どうなるのでしょうか。

 

ちょっと、怖い感じがしますね。

 

RECOMMEND
人気記事