なつぞら あらすじ第66話です。

 

次回の長編漫画が「わんぱく牛若丸」に決まりました。

 

登場するキャラクターを応募で決めます。

 

なつも、キャラクターに挑戦することにしました。

 

そんな時、信哉から千遥の消息を知らされました。

 

なつは、咲太郎と共に、千遥に会いに行きます。

 

なつは、千遥を見つけられるのでしょうか。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第66話

なつぞら なつ、キャラクターに応募する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、作画課に入り、アニメーターになりました。

 

昭和32年(1957年)夏、次回作の長編映画のタイトルが、発表されました。

 

「わんぱく牛若丸」です。

 

今回は、キャラクターを、みんなから募集することになりました。

 

無記名でキャラクターを募集し、検討会を開きます。

 

「わんぱく牛若丸」の脚本が配られ、お盆休み明けが期限となりました。

 

なつも、キャラクター募集に参加することを決めました。

 

その時、突然部屋のスピーカーから音楽が流れ、大杉社長がやって来ました。

 

日本で始めて挑んだ長編漫画映画「白蛇姫」が、7月に公開され、大ヒットしています。

 

次回作「わんぱく牛若丸」 も頑張って、いい漫画映画にしてください。

 

お母さんは、こんな漫画映画を作っていたと、子供に誇れるような仕事をしてください。

 

と、大杉社長が激励しました。

 

なつは、大杉社長の話しに、納得できません。

 

お母さんが、むかし漫画映画を作っていた、と言うことは、もうアニメーターを辞めているということ。

 

結婚をしたり、子供ができたら、アニメーターを辞めるということ。

 

そんなのおかしい。と、なつは、三村 茜(渡辺 麻友)に、不満を言いました。

 

すると、横で聞いていた麻子が、辞めろと言わせなければいい、と言いました。

 

茜は、麻子が去った後、あんな風になりたいの?と、なつに言いました。

 

 

なつは千遥を探しに行く

なつぞら なつ、千遥の消息を知る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、家に戻り「わんぱく牛若丸」の脚本を読みます。

 

どのキャラクターにするか、考えました。

 

なつは、富士子を思い出しながら絵キャラクターを描きました。

 

なつは、アニメーターの仕事ができる幸せを感じていました。

 

その時、咲太郎が部屋に来て、信哉がお店に来ていることを教えました。

 

なつは、慌てて下りて行きます。

 

信哉は、千遥が千葉の船橋にいたことを知らせました。

 

船橋まで信哉は行きましたが、はっきりした人は見つけられませんでした。

 

なつは、会いに行こうと、咲太郎に言いました。

 

千遥が、確実にいそうな、8月15日お盆に行くことにしました。

 

その日、なつと咲太郎は、船橋の栄春荘を訪れました。

 

アパートの前で、どうするか迷っていると、一つの部屋のドアが開きました。

 

若い女性と足の悪い老人が出てきました。

 

目の前をすれ違う二人に、「千遥!」と、なつが声をかけました。

 

二人が振り返り、見つめ合いました。

 

なつぞら あらすじ第66話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第66話の感想まとめです。

 

なつは、新作「わんぱく牛若丸」のキャラクターに挑戦しますね。

 

牛若丸は、源 義経(みなもと の よしつね)の子供の頃の名前です。

 

牛若丸は、京都の五条の大橋で弁慶と戦った話が有名です。

 

アニメでは、牛若丸、母親の常盤御前(ときわごぜん)、仇の平清盛(たいら の きよもり)、武蔵坊弁慶(むさしぼう べんけい)

 

などのキャラクターが登場します。

 

なつは、母親の常盤御前の絵を描いていました。

 

富士子のイメージで、常盤御前のキャラクターを選ぶのでしょうか。

 

さて、なつと咲太郎は、千遥を探して舟橋まで行きましたね。

 

千遥に会えるのでしょうか、千遥と仲良く暮らせるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事