なつぞら あらすじ第65話です。

 

「白蛇姫」が完成した後、次の制作が決まりました。

 

なつは、もう一度動画の試験を受けるよう、仲に勧められます。

 

再び、なつの猛勉強が始りました。

 

そして、動画テストの当日になりました。

 

なつは、試験に合格し、アニメーターになれるのか。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第65話

なつぞら なつ、動画試験を受ける引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

「白蛇姫」は、完成しました。

 

なつは、次の作品に向けて、もう一度、動画のテストを受けないかとう、仲から言われました。

 

なつは、風車に戻り、テストを受けることを話しました。

 

人に期待されないと、チャンスは巡ってこないと、亜矢実は言いました。

 

咲太郎は、漫画の白蛇姫が泣いた時、蘭子の芝居に感動しました。

 

風車に煙 カスミとレミ子が、やって来ました。

 

レミ子は、咲太郎に、新劇をしたいと頼みました。

 

「人形の家」の舞台を観て感動したのです。

 

そのため、劇団「赤い星座」に入りたい、と言うことでした。

 

咲太郎は、漫画映画なら、レミ子も絶世の美女になれると、言いました。

 

なつは、テストに向かって、きれいな線で動画を描く練習を続けました。

 

そして、再び試験の日となりました。

 

8時間の制限時間で、5枚以上の動画を完成させます。

 

なつは、泰樹がくれた時計を傍らに置きました。

 

東京を耕して来い、開拓して来い、と言った大樹を思い出しました。

 

なつは、エンピツを手に、何もない用紙を耕しました。

 

いつか、大樹の歩いた道に、辿り着けるようにと描き始めました。

 

 

なちが動画の試験に合格する

なつぞら なつ、試験に合格する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

動画の試験が終了しました。

 

なつは、今回も一番多い枚数の動画を描きました。

 

なんと、50枚の絵になりました。

 

動画で肝心なのは、線のキレイさと正確さです。

 

見違えるように上達した。アニメーターとしての可能性があることは、誰もが認めざるをえない。

 

と、井戸原が言いました。

 

次の瞬間、「合格だ。」と、仲が言いました。

 

麻子も、なつを押していたと、仲が教えました。

 

なつは、麻子のところに行きました。

 

これからこちらで、お世話になりますと、なつが言いました。

 

よかったわね。頑張りなさいよ。と、麻子が言います。

 

動画の担当者が、みんなで拍手をしました。

 

なつは、アニメーター試験合格の手紙を、大樹に出しました。

 

なつは、咲太郎と川村屋に行きました。

 

咲太郎は、マダムへの残りの借金を返し終わりました。

 

なつは、アニメーターになったことを報告しました。

 

川村屋は、子供客でいっぱいでした。

 

テレビジョンで、「名犬チンチンリン」を放送しているからです。

 

アメリカの子供向けテレビ映画で、日本語に吹き替えていました。

 

子供に分かりやすいよう、役者がしゃべっているのでした。

 

咲たろうもなつも、新しい時代の流れを感心しました。

 

なつぞら あらすじ第65話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第65話の感想まとめです。

 

なつは、やっと動画の試験に合格しましたね。

 

これで、アニメーターになれます。

 

課題は、5枚の動画でしたが、なつは、50枚も描きました。

 

しかも、時間内にキレイな線でした。

 

これだけでも、相当な才能だと思いますね。

 

また、川村屋では、アメリカのテレビドラマを、子供たちが見ていました。

 

本当のタイトルは、「名犬リンチンチン」です。

 

テレビでは、1954年から5年間放送されています。

 

少年とシェパード犬の冒険の物語です。

 

アメリカ製ですから、字幕になりますが、吹き替えの方が、子供に分かり易いですね。

 

当時は、声優などいないので、俳優が吹き替えしていました。

 

本格アニメと吹き替え、今では珍しくないのですが、なつも咲太郎も、新しい息吹を感じたようですね。

 

RECOMMEND
人気記事