なつぞら 92話あらすじです。

 

なつは、風車で夕見子と駆け落ちした高山に、会いました。

 

高山は、独自の理論で、なつも反発します。

 

一方、坂場は、仲達と意見が食い違いました。

 

なつが、坂場に理由を求めます。

 

すると坂場は、なつに思いがけない言葉をかけました。

 

なつは、一瞬、動揺しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第92話 なつ、高山の理論に反発する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつが、風車に帰ると、夕見子の恋人が、来ていました。

 

彼は、高山 昭治(須藤 蓮)と、名乗りました。

 

高山は、一見、泰樹によく似ています。

 

それもそのはず、高山は、泰樹の真似をしていました。

 

高山は、泰樹の写真を見て、ヒゲを生やしました。

 

泰樹には、開拓者の一世にしかない雰囲気があると、高山は評しました。

 

咲太郎が、雪次郎やレミ子を連れて、帰ってきます。

 

咲太郎が、高山に住んでいる場所を聞きます。

 

駆け落ち中だから、教えられないと、高山が話しません。

 

高山は、物書きで、ジャズの評論がしたいのだと、なつが紹介しました。

 

高山は、モダンジャズが、好みでした。

 

新宿は、モダンジャズが流行っている。それを知らなければ、古いと高山が言いました。

 

なつは、人それぞれ好みがあるので、古いと言われるのは、おかしいと反論しました。

 

君は、それでも映画を作っていつ人なのか。

 

音楽も映画も、時代によって変わっていくのは、当然だ。

 

それに気付かず、古いものに固執することを古いといって、何が悪いのか。

 

でも、古いのがダメとは、言っていない。

 

君の言う通り、人それぞれだからね。

 

と、高山が言い、ジャズ喫茶で待っていると、帰って行きました。

 

高山の言っていることは分かるが、言い方があると、雪次郎は憤慨しました。

 

高山は、お金持ちの跡継ぎで、親の決めた許婚がいます。

 

それで、大学の卒業の前に、柵の外へ踏み出しました。

 

翌日、なつが出社すると、下山が、原画作成に加わると、発表しました。

 

子供が、純粋に楽しめる「ヘンゼルとグレーテル」にすると、下山が説明しました。

 

坂場は、考え方が古いと、仲に言いました。

 

これからの漫画映画は、大人のためにも作るべきだと、言いました。

 

仲は、反論します。

 

漫画映画は、子供のためだ。

 

大人になっても、夢や希望を残してあげることが、漫画映画の使命だ。

 

坂場も言います。

 

オモチャとしての夢なら、それでもいいでしょう。

 

子供の頃に分からなかったことが、大人になって分かることもある。

 

そういう漫画映画でないと、オモチャとして、廃れていく。

 

他の映画以上に、作品としての質を高めていかないと、未来に残らない。

 

と、坂場が言いました。

 

分かったよ。だけど、子供が楽しめる、純粋な漫画映画にしてくれ。

 

それが出来なければ、理想は高くても、つまらない漫画映画と言われる。

 

と、仲が言いました。

 

それが出来なければ、君は失格だと、井戸原も言いました。

 

 

坂場、なつにプロポーズ?

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

つは、どうして仲に、そんなことを言ったのかと、坂場に問い詰めました。

 

坂場は、なつに説明しました。

 

言うつもりはなかったが、話の流れでつい。

 

仲の作品ではなく、考え方が古いと言った。

 

でも、仲の作品は、可愛いくて大好きだ。

 

しかし、子供は、可愛いとだけ感じるのではなく、面白いと思うだけでもない。

 

もっと、いろんな感情を世界から受け取っている。

 

子供の頃、空襲にあった。

 

焼け跡を一人で、家族を探して歩き回った。

 

幸い親は生きていたが、あの孤独と、飢えの絶望感は、忘れられない。

 

大人の冷たさ、子供の卑しさを、見せ付けられた。

 

でも反対に、見知らぬ人の愛も、知った筈だ。

 

そういう子供のときの体験が、今の僕やあなたを作っている。

 

だから、仲達と違うものを作るのは、僕らの使命です。

 

と、坂場が言いました。

 

麻子は、この作品だけは、最後までやらせて欲しい。

 

みんなで決めた通りに、作らせて欲しいと、仲に頼みました。

 

仲は、ジャマをするつもりはないと、仲は言いました。

 

坂場の影響を受けているねと、仲は言いました。

 

初めは、疑っていたと、麻子が言います。

 

でも、なつと坂場の熱意は、本物です。

 

二人は、ずっと先のアニメーションのことを考えている。

 

なつを最初に認めたのは、あなたでしょと、麻子が言いました。

 

坂場は、仲達とは違うアニメーターになって欲しいと、なつに言いました。

 

世界の表も裏も描けるような。

 

現実を越えた現実を見せられる、それを丸ごと、子供達に体験させられる。

 

そんなアニメーターになって欲しい。

 

僕も、そんな演出家になりたい。

 

一緒に、作って欲しい。

 

一生をかけても、あなたと作りたい。

 

と、坂場が、なつを見つめて言いました。

 

なつぞら 92話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 92話あらすじ感想のまとめです。

 

なつの前に、高山という新しい男性が現れましたね。

 

高山は、夕見子と同じように、時代が進んだ考え方を持っています。

 

古い常識を壊し、新しい自由な考え方を主張します。

 

坂場も同じですね。

 

仲達の従来の考えを古いと言い、時代の先を見越した考え方を模索します。

 

なつも、高山や坂場に触発され、理想のアニメーターを目指すようですね。

 

いろんな価値観が共存する世界をつくっれるといいです。

 

さてさて、坂場の最後の一言、ビックリですね。

 

ナレーターのウッチャンは、「腰が抜けた」と言いました。

 

あれは、坂場のプロポーズでしょうか。

 

唐突にも思えますが、明日が、楽しみですね。

 

RECOMMEND
人気記事