なつぞら 87話あらすじです。

 

なつの企画で、短編映画が決まりました。

 

さっそくチームを組んで、制作会議が始りました。

 

なつが、あらすじを説明します。

 

すると、新人アニメーターの神地が、突然、意見を言い出しました。

 

しかも、自分のアイデアを、その場で絵に描きます。

 

そして、面白いストーリーが見えてきました。

 

なつは、神地の発想を聞きながら、ワクワクしてきました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第87話 なつの企画で制作が始る

なつぞら なつ、制作会議に出る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつの部屋を訪れた坂場は、妹の千遥も、絵が上手だったことを知り驚きました。

 

なつ達兄妹は、ヘンゼルとグレーテルが落としたパンのように、絵が兄妹を繋いでいたのです。

 

なつの話を聞いた坂場は、この作品は、なつが作るべきだと言いました。

 

そのために、坂場が、この企画を必ず通すと、言い切りましました。

 

坂場が断言した通り、短編映画の企画が決まりました。

 

メンバーが集まり、坂場が、進め方、方針を発表します。

 

今回は、短編映画なので、長編映画とは違うやり方を採用する。

 

脚本は、みんなで作る。

 

キャラクターのイメージを膨らませ、アニメーターの意志やアイデアで、ストーリーやセリフも考える。

 

漫画映画では、アニメーターが、作家にもなり、役者にもなる。

 

あり得ない話でも、本当のように見せる力は、アニメーターにしか発揮できない。

 

と、坂場が、進め方を述べました。

 

すると、「面白い!」と、神地 航也(染谷 将太)が、言いました。

 

新人アニメーターの突然の発言に、みんなが驚きました。

 

さっそく、制作活動が始りました。

 

アニメーターは、まずキャラクターを描きます。

 

なつが、ヘンゼルとグレーテルを描きます。

 

麻子は、魔女を担当しました。

 

麻子は、脚本は、脚本家が書くべきだと、仲に訴えました。

 

短編だから、珍しいやり方でもない。

 

日本では、短編ばかりなので、アニメーターが。脚本を作っていた。

 

坂場は、その原点をやろうとしている。

 

仲は、短編には口を出さないので、なつと麻子が中心になって、進めてくれと言いました。

 

なつは、坂場と一緒に、キャラクターから、物語のイメージを膨らませていきました。

 

そして、なつが描いたイメージを元に、ストーリー作りが始ります。

 

ヘンゼルとグレーテルは、継母に捨てられ、森を彷徨い、魔女のお菓子の家をを見つける。

 

ここまでは、童話の原作と同じです。

 

しかし、その先は、魔女を始末せずに、魔女から逃げさせたいと、坂場が言いました。

 

なつは、魔女を動かす、本当の親玉が、森の奥の高い塔に住んでいる。

 

その塔には、闇の世界を支配する悪魔が住んでいる。

 

魔女は、捕まえた子供たちを、その塔に連れて行く。

 

しかし、ヘンゼルとグレーテルは、鳥に助けられる。

 

ヘンゼルが落としたパンを食べた鳥たちが、恩返しをする。

と、説明しました。

 

 

 

なつ、神地の登場でワクワクする

なつぞら 神地、意見を言う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

「面白い!」

 

また、神地が、突然、声を発しました。

 

そして、僕もやっとこの企画に乗れるような気がしたと、言いました。

 

ヘンゼルとグレーテルは逃げ出すが、またグレーテルが、悪魔に捕まります。

 

そのため、兄のヘンゼルが、助けに行くと、なつが説明しました。

 

それでは面白くない。逆だと神地は、言いました。

 

魔女の手伝いをさせられながら、兄を助けようとしてきた。

 

そのグレーテルの想いを、最後まで貫かせるべきだ。

 

塔に絡まっているツタをよじ登ればいい。

 

と、神地は、グレーテルが塔をよじ登る様子を、スラスラと描きました。

 

悪魔の目的についても、神地が話しました。

 

悪魔は塔でオオカミを飼っている。

 

そのオオカミの餌食として、魔女に子供たちを捕らえさせる。

 

そして、また、闇の狼たちと、戦う様子を、スラスラと描きました。

 

すると、麻子が、短編なのに、話を複雑にしてどうするのかと、反論しました。

 

打ち合わせが終わり、なつは、下山や麻子、坂場と、喫茶で休憩しました。

 

麻子は、自分が何を作っているかわからない。それが、不満だと言いました。

 

その時、神地がやって来ました。

 

神地は、今日話したことを、絵コンテにしていました。

 

神地は、魔女のキャラクタは、怖いけど愛嬌があって、大好きだと言います。

 

たから、つい味方にしてしまった。

 

見ている子供も、喜ぶんじゃないかと、言いました。

 

これからは、神地のように、絵も話を作るのも得意なアニメーターが現れても、不思議ではないと、下山が言いました。

 

これからの日本の漫画映画には、どんな才能が現れるか、分からないと、坂場も感心しました。

 

なつは、なんだかワクワクしてきました。

 

なつぞら 87話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 87話あらすじ感想のまとめです。

 

いよいよ、短編映画の制作が始りましたね。

 

しかも、なつが考えた企画です。

 

坂場も張り切って、企画を通しました。

 

メンバーは、下山、麻子、なつ、茜、堀内、坂場、それに、新人の神地です。

 

神地の意外な発想で、脚本もまとまります。

 

しかし、麻子は、あまりに速い展開で、ついていけないようです。

 

しかも、原画担当は、脚本を考えないものだと思っています。

 

しかし、当時の日本の漫画映画は、短編です。

 

原画と脚本とキャラクタを、一緒に考えるやり方が、日本のアニメ映画を発展させたのでしょうね。

 

なつ達が制作する短編アニメが、楽しみですね。

 

RECOMMEND
人気記事