なつぞら あらすじ39話です。

 

なつは、東京行きの話を、天陽に相談しました。

 

天陽は、ごまかさないで、本当の気持ちを話せばいいと言います。

 

なつが、自信がないと言うと、いつもの天陽とは違い、激しい口調になりました。

 

なつは、いろんな人の思いに、悲しく悩みます。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ39話

なつぞら なつ、天陽に相談する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、いつものように朝の仕事に出ました。

 

なつは、夕べのことは忘れて、ずっとここで頑張るからと、泰樹に謝りました。

 

泰樹は、その必要はないと言って、立ち去りました。

 

なつは、天陽の家に行き、昨夜のことを話しました。

 

天陽は、なぜそんなウソをついたのか、なぜアニメーションを作りたいと言わないのか、と言いました。

 

なつは、自分でも漫画映画を作れるのか信じられないので、そんなことは言えなかったのです。

 

それに、酪農よりもやりたいことがあるとは、言えなかったのです。

 

泰樹を裏切ることになると、なつは思ったからです。

 

言わない方が裏切りだ、たとえ裏切ったとしても、その覚悟はないのかと、天陽が言いました。

 

東京へ行ってもできるかどうか分からないと、なつは言いました。

 

そんな奴は、何も出来ない。行かない方がましだ!と、天陽が、強い口調で言いました。

 

なつは、だから行かない、行ける訳ないと、反論しました。

なつぞら 照男と砂良引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

一方、富士子と照男は、阿川の家に行きました。

 

なつを助けて入れたお礼を言うためです。

 

なつは、阿川家で一晩中絵を描いていました。

 

弥市郎は、すごく集中して描いていたと話しました。

 

砂良は、家の中の木彫りの作品を、全部描いたのでは、と言いました。

 

富士子は、なつがそんなに絵を描くことが好きなのだと、初めて知りました。

なつぞら なつ、天陽の家で話す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

天陽の家では、天陽の両親を交えて話しています。

 

タミが、漫画映画を作りたいのと、なつに言いました。

 

東京に戻ると言ったら、柴田さんはガッカリするだろうと、天正治が言いました。

 

天陽は、東京の兄・陽平に相談した方がいいと、言いました。

 

なつがどうしたいのか、自然の気持ちに従えばいいだけだ、悩むことなんてないと、天陽はいいました。

なつzら 夏の絵のノート引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

その頃、富士子は、家に戻り、なつの部屋のノートを開きました。

 

たくさんの絵を描いています。パラパラ漫画もありました。

 

夕見子が、なに人のノートを見ているのと言います。

 

なつの落書きは、病気で治らないと、夕見子が言いました。

 

富士子は、なつが本当に絵を描きたいのだと思いました。

 

 

天陽は、泰樹のことを話しました。

 

なつは、帰り支度を始めました。

 

大樹は、できるかどうか分からなくても、たった一人で北海道になって来た。

 

泰樹は、なつの見本であり、誇りでもあるだろう。

 

そうすると、なつがどうすべきか、分かるだろう。

 

なつは、自分の信じたことをやればいい。

 

分かった、分かったから、そんなに応援しないでよと、なつは悲しそうに言いました。

 

なつが帰って行く後ろ姿を、天陽は見つめていました。

 

なつぞら あらすじ39話の感想まとめ

なつぞら あらすじ39話の感想まとめです。

 

なつの心は、複雑に揺れ動いていますね。

 

命が助かり、アニメーターになると決意しました。

 

しかし、泰樹の願いに裏切ることは出来ません。

 

さらに、天陽が応援すればするほど、悲しく苦しくなります。

 

天陽とも別れたくないのに、天陽は、東京行きを勧める。

 

まさに、四方から引き裂かれるような思いでしょうか。

 

なつは、高校3年生にして、最大の分かれ道ですね。

 

さて、照男です。

 

砂良は、照男が持ってきた牛乳が、嬉しそうでした。

 

そんな可愛い砂良を見て、照男も嬉しそうです。

 

照男が持って来た牛乳を、砂良が煮込み料理に入れました。

 

お椀に入れた煮込みを、照男は美味しそうに食べました。

 

照男と砂良、新たな展開になるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事