なつぞら あらすじ第68話です。

 

なつと咲太郎は、傷心したまま風車に戻りました。

 

なつは、自分だけが幸せになれないと、絵を描く気力も失います。

 

しかし、咲太郎の言葉で、なつは思い直します。

 

千遥のために絵を描く、千遥に見て欲しい漫画映画を作ると、決心をしました。

 

そして、次回作品のキャラクターの絵を明け方まで描き続けました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第68話

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと咲太郎は、千遥に会うため、船橋まで行きました。

 

しかし、千春が6歳の時に、家出をしたことを知ります。

 

なつや咲太郎に会いたくなって家出をしたのではなく、おばさんに苛められて家を出たと聞き、なつはショックを受けました。

 

なつは、何のために生きているのか。自分だけ、好きなように生きていいのか。と、悩みました。

 

生きている理由なんて、どこにもない。自分で作るのよと、亜矢実が言いました。

 

俺が、悪かった。千遥をあんな目に合わせてしまった。けど、千遥が、どこかで生きていると信じている。

 

と、咲太郎が、なつに言いました。

 

だったら、今すぐ千遥今を探さないと、絵なんか描けないと、なつが言います。

 

千遥のために描くんだ。漫画映画は、子供の夢だ。千遥に見せてやれよ。これからも、千遥に見て欲しいものを作れ。

 

千遥のために作れ。なつ、お前は絵を描け。と、咲太郎は、なつを励ましました。

 

 

なつは徹夜でキャラクターを描く

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

富士子は、夜中に夢を見て、目が覚めました。

 

夢の中で、子供の頃のなつが、一人で泣いていました。

 

大丈夫かねと、富士子は心配しました。

 

なつは、キャラクターに応募するため、提出する絵を描き始めました。

 

涙を浮かべながら、朝まで描きました。

 

その日は、なつの二十歳の誕生日でした。

 

なつが、仕事に出かけるため降りていくと、咲太郎と亜矢実が、ハッピーバースデーを歌いました。

 

テーブルの上には、昨日、信哉が買ってきたバースデーケーキに、ローソクの火がついていました。

 

なつは、願い事をして、ローソクの火を吹き消しました。

 

なつは、遅刻していたので、急いで出かけました。

 

なつを見送った咲太郎は、なつだけでも護らないと。千遥には、可哀そうなことをした。と涙を流しました。

 

なつぞら あらすじ第68話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第68話の感想まとめです。

 

なつは、千遥かを思い悲しみましたね。

 

自分だけが、北海道で楽しく過ごしたことを、後悔するかのようでした。

 

なつも、けっして全て幸せではなっかたのです。

 

北海道では、生活環境の違いから、かなり苦労をしました。

 

ただ、なつが引き取られた柴田家の人々が、千遥よりも良かったですね。

 

なつの悲しみが、富士子にも伝わったのか、なつが泣く夢を見ました。

 

泰樹もまた、眠れぬ夜となったようです。なつのことを思っていたのでしょう。

 

しかし、なつは咲太郎に言われて、千遥のために、漫画映画を描くことを決心しました。

 

アニメーターとして、千遥に見て欲しい映画を作り、千遥が見てくれるといいですね。

 

RECOMMEND
人気記事