なつぞら あらすじ45話です。

 

なつは、咲太郎を知るカスミに、会いに行きます。

 

カズミは、なつ達を連れて、ある場所に行きました。

 

そこは、おでん屋の風車でした。

 

カスミは、風車の女将に、なつの兄が咲太郎だと話します。

 

すると、女将の表情が変わり、動揺しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ45話

なつぞら なつ、亜矢美に会う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、新宿の「クラブ メランコリー」へ行きました。

 

なつは、煙 カスミに咲太郎の行方を尋ねます。

 

カスミは、咲太郎がどこに行ったか知りませんが、なつ達を連れて、あるお店に行きました。

 

そこは、岸川 亜矢美(山口 智子)の「おでん屋・風車」でした。

 

雪之助、雪次郎、それにカスミの付き人の土間 レミ子(藤本 沙紀)も一緒です。

 

カスミが、亜矢美になつを紹介をします。

 

なつは、子供の頃に別れた兄を探しに来た。

 

その兄は、カスミと同じムーランジュールで働いていた。

 

名前は、奥原 咲太郎と言う。

 

なつは、兄と一緒に暮らしたいと思っている。

 

なつやカスミの話を聞いていた亜矢美は、なぜか表情が硬くなってきました。

 

いい気分になった雪之助が、なつのことを話し始めます。

 

なつは、子供の頃、怖い爺さんのいる牧場に預けられ、牧場を飛び出したことがある。

 

兄は、川村屋に借金があり、なつは借金を返すために、川村屋で皿洗いをしている。

 

雪之助は、しゃべりながら酔いつぶれました。

 

レミ子は、咲太郎に私の心を返してと伝えて欲しいと、なつに頼みました。

 

なつは、雪之助を連れて、川村屋の寮に帰りました。

 

なつは、川村屋の寮で、三橋 佐知子(水谷 果穂)と相部屋です。

 

佐知子は、川村屋でウエイトレスをしていました。

 

咲太郎、新宿に戻ってくる

なつぞら なつ、皿洗いで働く引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

次の朝、なつは、十勝にいた時のように、朝早く目が醒めました。

 

佐知子が、咲太郎に渡してくれと、お金を渡しました。

 

佐知子は、少しでも咲太郎の力になりたいと言いました。

 

咲太郎は、この新宿で強く生きていこうと誓った同士だと、佐知子が説明しました。

 

咲太郎は、どんな人なんだろうと、なつは思いました。

 

亜矢美が、お店dせで朝の仕込みをしていると、咲太郎が帰ってきました。

 

何だよ、しけた面をして、元気だしなって母ちゃん。と、調子の良い咲太郎です。

 

咲太郎は、また新宿に戻ってきて、新劇の手伝いをしていました。

 

亜矢美は、なつが新宿に来ていることを教えました。

 

あれは、北海道から追い出されたんだね。

 

北海道で、苦労してきたらしいよ。と、亜矢美が教えました。

 

一方、なつは、朝の食事をしながら、厨房で働く人の絵を描いていました。

 

なつぞら あらすじ45話の感想まとめ

なつぞら あらすじ45話の感想まとめです。

 

なつの新宿での暮らしが、始りましたね。

 

すると、咲太郎に関することが、いろいろ出てきます。

 

レミ子は、咲太郎に、心の操、真心を一晩貸したままだからと、言います。

 

佐知子は、咲ちゃんから、私のこと何も聞いてないよねと、言います。

 

さらに、咲太郎は、亜矢美を「母ちゃん」と呼びました。

 

マダム光子を含めて、咲太郎の周りには、常に女性がいます。

 

なつは、そんな咲太郎を知り、思わず「怖い。」と、つぶやきましてね。

 

さらに、カスミは、ごめんね、あとは亜矢美ちゃんしだいよと、言いました。

 

咲太郎には、なつが知らないことが、たくさんありそうです。

 

咲太郎は、なつが思っているような兄だったのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事