なつぞら あらすじ53話です。

 

なつは、咲太郎に酷いことを言ったと謝りました。

 

そして、9月の仕上げの試験を受ける決心をし、咲太郎に伝えました。

 

試験の当日、なつは面接試験で、漫画映画を作りたいと、意欲を伝えました。

 

いよいよ、試験結果の通知が、なつのもとに届きました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ53話

なつぞら なつ、絵の勉強をする引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、サンドイッチマンとして踊る咲太郎に、自分のために頑張って欲しい。

 

人のことは、ほっといて、と言いました。

 

しかし、咲太郎が描いた、父親とそっくりの家族の絵を見て、なつは咲太郎に会いに行きました。

 

なつは、酷く言い過ぎたことを謝りました。

 

咲太郎は、なつが東洋動画に落ちたのは、俺のせりだと言いました。

 

なつは、自分の実力が足りなかったから、だから見返すと言いました。

 

9月の試験に受かって、漫画映画を作る。それだけは、絶対に諦めない。そう決めたと、言いました。

 

俺には、なつのように、ハッキリと言えるのもがない。

 

自分のために生きてない者は、人も助けられない。

 

誰の力にもなれないと、咲太郎が言いました。

 

お兄ちゃんは、そこに居るだけで、私の力だ。お父さんの手紙と同じ。

 

今度は、鬼ちゃんが持っていてと、父親の描いた家族の絵を渡しました。

 

なつは子供の頃、父親の絵を見て、頭の中で家族を動かし、命を吹き込もうとしていました。

 

お父さんの手紙と一緒に、お兄ちゃんが励まし続けてくれた、ありがとうと、なつが言いました。

 

これは、なつが持っていて、すっと命を吹き込んでくれと、咲太郎が手紙を返しました。

 

 

なつが東洋動画に合格する

なつぞら なつ、亜矢実にお願いをする引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

柴田家に、なつからの手紙が届きました。

 

なつが、東洋動画の入社試験に落ちたことを知り、みんなガッカリました。

 

明美が、そしたら北海道に帰ってくると、嬉しそうに言いました。

 

9月に、もう一度ある募集を目指すと、富士子が伝えました。

 

なんだ、帰ってこんのかと、泰樹が残念そうに、ぶやきました。

 

9月になりました。

 

なつは、再度、東洋動画の試験を受けました。

 

絵の試験は、彩色でした。

 

次に、面接試験です。

 

今回、大杉社長は参加していません。

 

なつは、どうしても漫画映画を作りたいと、話しました。

 

そして、試験の結果が郵送されてきました。」

 

なつは、中味を見て、畳に倒れこみ、足をバタバタ動かしました。

 

やった、やった!と、叫びます。

 

なつは、東洋動画の試験に、合格したのです。

 

知らせを受けた柴田家では、みんなで合格祝いをしました。

 

富士子が、ちょっとでも帰ってこられたらいいのに、と言います。

 

帰ってこんのが、良い知らせだと、泰樹は強がりを言いました。

 

夕見子は、公衆電話から、なつに電話をしました。

 

なつ、おめでとう。負けるな。負けたらつまらんぞ。と、口早に励まして、電話を切りました。

 

なつは、咲太郎が描いた家族の絵を持って、風車に行きました。

 

私をここに置いてもらえませんかと、亜矢実にお願いしました。

 

いつでも、大歓迎と、亜矢実は喜びました。

 

なつぞら あらすじ53話の感想まとめ

なつぞら あらすじ53話の感想まとめです。

 

なつは、やっと東洋動画に採用となりましたね。

 

なぜか、大杉社長が面接試験に参加しなかったのが、幸いしました。

 

後で、なつが入社したことを知り、大杉社長がなつに、何か言うかもしれませんね。

 

いずれ、社長も誤解だったと分かるでしょうが。

 

夕見子が、公衆電話から、なつに電話をかけてきました。

 

夕見子は、北大ですから札幌からの長距離電話です。

 

当時の電話料金が幾らだったか分かりませんが、かなり高いと思います。

 

携帯電話と違って、距離が遠くなるほど、電話料金が高いのです。

 

赤電話に入れた10円硬貨は、水が流れるように、バラバラと落ちていきます。

 

数秒で10円玉がなくなっていくので、夕見子もゆっくり話しは出来ません。

 

でも、きっと嬉しくて、なつに電話したのでしょうね。

 

さて、なつは東洋動画の入社が決まり、いよいよ漫画映画作りが始ります。

 

RECOMMEND
人気記事