なつぞら 89話あらすじです。

 

「ヘンゼルとグレーテル」の結末も決まり、なつ達は、原画の作成が始りました。

 

一方、咲太郎のプロダクションも、アフレコの仕事がスタートします。

 

声優が集まり、収録が始りました。

 

しかし、口の動きが合いません。

 

さらに、雪治朗の十勝訛りで、アフレコがストップします。

 

ついに、7回の録り直しとなりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第89話 咲太郎、声の収録が始る

なつぞら アフレコが始る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、短編映画の結末を考えます。

 

悪魔の森が、魔女の助けで、光溢れる平和なの森になりました。

 

なつが発想したストーリーで、原画の制作が始りました。

 

坂場が、ストーリーをまとめ、神地と絵コンテを作ります。

 

なつは、麻子と一緒に、原画を描きます。

 

麻子は、坂場の独断と、新人・神地の絵コンテに、大きくため息をつきました。

 

一方、咲太郎のプロダクションも動き出しました。

 

30分シリーズの西部劇のアフレコが、始りました。

 

咲太郎は、声優を集めて、収録を始めます。

 

元弁士の豊富 遊声(山寺 宏一)もやって来ました。

 

声優は、ドラマの画面を見ながら、声を入れます。

 

レミ子は、男の子の声を担当しました。

 

収録は、順調に進み、咲太郎も安心しました。

 

ディレクターの藤井

 

 

雪治朗の訛りで録り直しが続く

なつぞら 雪次郎、訛りが抜けない引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

しかし、途中で、急にストップがかかりました。

 

島貫のセリフが、画面の口と合っていません。

 

島貫は、役者のように、自分のタイミングで、芝居をしていました。

 

さらに、雪次郎は、北海道の訛りが出ています。

 

最初から、もう一度、やり直しとなりました。

 

しかし、雪次郎が、大事なところで訛ります。

 

結局、7回も録り直しとなりました。

 

最後は、訛りの治らない雪次郎のセリフを、豊富が代わって喋りました。

 

雪次郎は、豊富から口を塞がれ、唖然としました。

 

なつは、麻子や茜と一緒に、喫茶へ行きました。

 

麻子が、咲太郎のプロダクションのことを聞きました。

 

なつは、外国のテレビ映画の吹き替えだと、説明しました。

 

なつは、麻子に、短編映画の仕事について、感想を聞きました。

 

面白くないと言ったら、どうするのと、麻子が言いました。

 

麻子が納得していないと嫌なので、辞める。

 

麻子と、一緒に作りたい。

 

日本で、最初に原画を描く女性は、麻子しかいない。

 

入社した時から、麻子が目標だ。

 

だから、納得のいく漫画映画を作って欲しい。

 

それを、一緒に作りたい。

 

と、なつは言いました。

 

あなたって、ずるいわ。

 

そうやって、一途に自分の想いを貫こうとする。

 

だから、周りで悩んでいる人は、何も言えなくなるでしょ。

 

でも、物を作るには、大事なことよ。

 

それがないと、すぐに妥協するから。

 

だから、私のことは、気にしなくていいの。

 

あなたは、作品のことだけを考えていなさい。

 

それで、いいと言っているの。

 

それが若さというもので、私だってそうありたいのよ。

 

とにかく、頑張りましょう。

 

と、麻子が言いました。

 

なつぞら 89話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 89話あらすじ感想のまとめです。

 

なつ達は、物語の結末も決まり、原画の制作に入りましたね。

 

坂場が、作業の割り振りをします。

 

しかし、麻子は一貫して、坂場のやり方に不満です。

 

なつをはじめ、坂場や神地など、新人や未経験の人に、引っ張られるからです。

 

でも、それが若さであり、情熱であり、怖いもの知らずでもあります。

 

実は、麻子もそうしたいと、思っています。

 

しかし、社会に位置づけられた人は、なかなか崩せないものがあるのでしょうね。

 

麻子のジレンマのようです。

 

一方、咲太郎のプロダクションにも仕事がやって来ました。

 

外国映画の吹き替えです。

 

当時のアフレコは、声だけを吹き替えすることは、できません。

 

効果音やバックミュージックなどを含めて、全ての音を全編作り変えます。

 

それも、1本通しで作り上げます。

 

なので、声優が失敗すると、最初から録り直しとなります。

 

雪次郎は、何度アフレコしても、十勝訛りが抜けません。

 

とうとう、口を塞がれてしまいました。

 

始ったばかりの声優の仕事も、大変ですね。

 

RECOMMEND
人気記事