なつぞら 90話あらすじです。

 

なつは、短編映画の結末をまとめました。

 

重要なキャラクターも完成します。

 

絵コンテが出来上がり、原画の制作が始りました。

 

そんな時、夕見子が突然、上京して来ました。

 

家族に内緒で、学生運動のためやって来ました。

 

夕見子の出現で、なつは不安になりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第90話 夕見子、突然東京にやって来る

なつぞら 夕見子、突然の上京引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、短編映画のストーリーを完成し、キャラクター作りに励んでいます。

 

十勝の森で、弥市郎と会った時に描いた絵を探します。

 

なつは、弥市郎が彫った木彫りの絵を見つけ、キャラクターの参考にしました。

 

風車に、咲太郎が、雪次郎を連れてきました。

 

雪次郎は、足元がフラフラで、咲太郎とレミ子に支えられています。

 

雪次郎は、外国映画の吹き替えで、訛りが抜けず、声優を降ろされました。

 

その時、夕見子が、風車に現れました。

 

雪次郎は、蘭子にも叱られ落ち込んでしまいました。

 

夕見子は、北海道に帰ればと言いました。

 

なつは、北海道大学に通う夕見子が、なぜ東京に来たのかと聞きます。

 

亜矢実が、一人出来たのと、聞きました。

 

夕見子は、友だちと来たと、答えました。

 

夕見子は、十勝の両親に、東京へ来たことを教えたら、もう風車には来ないと、言いました。

 

夕見子は、来年で大学を卒業します。

 

しかし、学生運動のために、東京へ来ました。

 

なつにも雪次郎にも、誰にも言わないでと口止めをして、夕見子が去って行きました。

 

なつは、十勝の家族に知らせない不安を感じました。

 

しかし、夕見子を風車で待つしかないと、思いました。

 

 

風車で短編映画の決起集会

なつぞら 風車でフォークダンス引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、会社に出かけますが、夕見子が気になり、ぼんやりとしていました。

 

麻子が、木の怪物のキャラクターの確認に来ました。

 

なつは、弥市郎の木彫りをキャラクターにしていました。

 

麻子は、面白いねと評価しました。

 

数日後、短編映画の絵コンテが、出来上がりました。

 

面白いわ。やっと、やりたいことが見えてきた。と、麻子が喜びました。

 

これで準備が整いました。

 

なつと麻子が原画を描き、堀内と茜がクリーンナップをします。

 

神地も、原画を描きたいと申し出ました。

 

メンバーの賛同が得られたので、神地も原画担当に加わりました。

 

その夜、なつは、短編映画のメンバーと一緒に、風車に戻りました。

 

風車には、夕見子と雪次郎がいました。

 

店内が、いっぱいになり、賑やかになりました。

 

その頃、下山は、仲と井戸原に絵コンテを見てもらいました。

 

なんだい、これは。ハチャメチャだな。と、井戸原が、言います。

 

ハチャメチャだけど、新しいものを感じる。と、仲が言いました。

 

これは、社会風刺かと、井戸原は感じました。

 

下山は、坂場には、その傾向があるが、なつも坂場の影響を受けていると、言いました。

 

一方、風車では、決起集会で盛り上がっていました。

 

蘭子が、若者たちよ立ち上がれ、と叫びます。

 

蘭子の歌に合わせて、店の外に出て、フォークダンスを踊り出しました。

 

なつぞら 90話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 90話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、絵コンテも出来上がり、いよいよ原画の作成がスタートしましたね。

 

そんな時、夕見子が突然、東京にやって来ました。

 

友だちと、学生運動のために来たようです。

 

一方、下山は、絵コンテを仲と井戸原に見せました。

 

すると、社会風刺かと言われます。

 

当時は、労働者の運動や学生運動が、芽生えてきていました。

 

坂場も、若干その傾向があります。

 

だから、なつも坂場の影響を少し受けています。

 

仲は、チョッと心配になりましたね。

 

なつが、東京映画を受験した時、大杉社長が気にしたからです。

 

社会運動が、社内に広がる恐れがあったからです。

 

仲は、そのこと事が、気がかりだったかもしれません。

 

夕見子が言い出したフォークダンスも、気になりますね。

 

RECOMMEND
人気記事