なつぞら あらすじ43話です。

 

なつが、東京へ行く日が近づいています。

 

照男のバター作りも成功しました。

 

明美とのお別れもしました。

 

夕見子の北大受験も結果が発表されました。

 

そして、なつの旅立ちの日、雪月で送別会が行われました。

 

しかし、泰樹は参加せず、牧場に一人残りました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ43話

なつぞら 夕見子の合格発表引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつが十勝農業高校を卒業し、3月下旬となりました。

 

ある日、夕見子に郵便が届きました。北海道大学からです。

 

封書の中味は、夕見子の北大受験結果が入っています。

 

夕見子は、封筒を受け取ると、一人で見ると言って部屋に戻りました。

 

なつや柴田家の家族は、「えーっ!」と言ったまま、立ち去る夕見子を見つめました。

 

それから、いくら時間が過ぎても、夕見子が戻って来ません。

 

みんなは、ただ座って夕見子を待っています。

 

話し合いの結果、泰樹が夕見子の様子を見に行くことになりました。

 

しかし、泰樹はみんなで行こうと言いました。

 

恐るおそる部屋の戸を開けます。

 

すると、夕見子は入試結果の知らせを持ったまま寝ていました。

 

その書類には、「入学許可書」と書いてありました。

 

夕見子は、今までの疲れがドッと出て、眠り込んでいたのです。

 

夕見子の北大合格は、地元の新聞社が取材に来るほど、大変な出来ことでした。

 

そして、「音問別初の女子北大生誕生」と、記事になりました。

 

照男は、なつに手伝ってもらい、バター作りに挑戦します。

 

なつがいなくても、美味しいバターを作る自信がつきました。

 

なつは、夜になると絵を描く勉強をします。

 

なつの絵を見て、明美が上手だねと言いました。

 

明美が、なつに抱きついて、私のこと忘れないでねと、言いました。

 

明美は、ずっと大事な私の妹と、なつが言いました。

 

 

なつ、旅立ちの日の送別会

なつぞら なつの送別会引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

ついに、なつの旅立ちの日となりました。

 

なつは、送別会に出かけます。

 

泰樹は、牛の世話があるので、送別会も見送りも行きません。

 

なつは、爺ちゃん、今までありがとうございましたと、泰樹に礼をいいました。

 

そんな他人行儀な挨拶は止めとけやと、泰樹が笑います。

 

また帰ってくるからと、なつが言うと、気をつけてなと、泰樹は、なつを見て言いました。

 

雪月では、なつと雪次郎の送別会・夕見子の合格祝いが、開催されました。

 

なつの目標は、東京で漫画映画を作ることです。

 

小さい頃、なくなった父親が描いた家族の絵を、空想の中で動かしていました。

 

昔が生き返ればいいなと、思いながら。

 

その時から、漫画映画は、なつにとっての夢でした。

 

なつは、家族のもとで酪農を手伝いたいとも、思っていました。

 

それを裏切るのは辛いと、なつが言いました。

 

それは、裏切りではなく、成長だ。

 

9年前、9歳で十勝まで来て、家に来て、ここまで成長してくれて、ありがとう。

 

父さんは、本当にうれしい。

 

と、剛男が言いました。

 

なっちゃん、今まで本当にありがとう。

 

俺は、なっちゃんが、好きだ。

 

それは、これからも変わらない。

 

と、天陽が言いました。

 

雪月に来たみんなは拍手をして、なつを見送りました。

 

なつぞら あらすじ43話の感想まとめ

なつぞら あらすじ43話の感想まとめです。

 

いよいよ、なつの出発ですね。

 

明美が、物心付いた頃から、なつはいました。

 

だから、明美にとって、なつは本当の姉でしたね。

 

別れの日、富士子が、留守番お願いねと泰樹に言いました。

 

泰樹は後ろ向きのまま、黙って手を上げました。

 

そして、なつがいなくなってから、泰樹は、むせび泣きました。

 

泰樹にとっても、辛い別れすね。

 

ところで、送別会と合格祝いでは、夕見子と雪次郎も抱負を語っています。

 

夕見子は、世界の女を目指しますと言いました。

 

雪次郎は、北大の夕見子に、美味しいと言ってもらえるお菓子を作ると、語りました。

 

若さっていいな、と思えるシーンでしたね。

 

RECOMMEND
人気記事