なつぞら 88話あらすじです。

 

なつ達は、みんなで「ヘンゼルとグレーテル」のストーリーを考えます。

 

神地の発案で、魔女が味方になりました。

 

しかし、結末を決定できません。

 

なつは、会社に泊まりこみ作業をします。

 

そして、十勝の森の夢を見ました。

 

夢からヒントを得たなつは、結末のアイデアを絵に描きます。

 

ついに、なつは、ストーリーを完成することが出来ました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第88話 咲太郎、声優のプロダクションを立ち上げる

なつぞら 咲太郎、プロダクションを立ち上げる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

短編映画の制作会議が、始りました。

 

なつが提案した「ヘンゼルとグレーテル」がテーマです。

 

ヘンゼルとグレーテルが、魔女に捕まって、逃げ出す方法を検討します。

 

なつは、魔女を支配する悪魔の存在を提案しました。

 

すると、新人アニメーターの神地が、突然「面白い!」と、声を上げました。

 

そして、魔女がグレーテルの味方になると、提案しました。

 

なつは、「スゴイ。面白い。」と、ワクワクしました。

 

その夜、なつが風車に戻ると、赤い星座の女優・亀山 蘭子(鈴木 杏樹)が、お店にいました。

 

付き人の土間 レミ子(藤本 沙紀人)や雪次郎(山田 裕貴)、角筈屋書店の茂木社長(リリー・フランキー)もいます。

 

蘭子は、漫画映画に出てから、声の出演依頼が、多くなりました。

 

最近は、外国のテレビ映画の吹き替えが、多くなっています。

 

そこで、咲太郎は、劇団を辞めて、会社を設立する決心をしました。

 

声だけのプロダクションを始めます。

 

声だけの俳優、つまり声優の会社です。

 

蘭子が、プロダクション所属の第1号となります。

 

雪次郎もレミ子も、声優として出演します。

 

しかし、蘭子達は、劇団は辞めません。芝居をしながら、声優をします。

 

声優は、収入のない役者の救いにもなると、咲太郎が説明しました。

 

これからは、テレビが一家に1台の時代になる。

 

いいところに目を付けたと、茂木社長は、賛成しました。

 

そこへ、藤正親分ことと藤田 正士(辻 萬長)が、風車にやって来ました。

 

藤正は、芸人の島貫 健太(岩谷 健司)と松井 新平(有薗 芳記)を連れてきました。

 

咲太郎が、劇団を興したと聞いて、島貫や松井も使って欲しいと頼みました。

 

藤正には、役者と声優の区別が分かりません。

 

咲太郎は、仕方なく2人を引き受けました。

 

 

なつ、ストーリーを完成させる

なつぞら なつ、ストーリーを完成する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

季節は、初夏になりました。

 

なつ達は、「ヘンゼルとグレーテル」のストーリーに悩んでいます。

 

作品の生みの苦しみを、味わっていました。

 

物語の結末が、決まりません。

 

兄を助けるグレーテルに、魔女は心を打たれ、森を支配する悪魔に反抗します。

 

そして、ヘンゼルとグレーテルを連れて、森を逃げます。

 

そこに、悪魔が放ったオオカミが、迫ってきます。

 

その後のストーリーが、決まりません。

 

坂場は、子供たちが、森を如何に信じるかだと言いました。

 

なつは、その夜、会社に残り、作業を続けました。

 

十勝をイメージしながら、森の絵を描きました。

 

そして、そのまま眠ってしまいました。

 

なつは、吹雪の森で遭難し、弥市郎に助けられた夢を見ました。

 

なつを抱き上げた弥市郎が、坂場に代わりました。

 

なつは、驚き暴れます。

 

そのとき、なつが、うなされているのを心配した坂場が、なつを起こします。

 

なつは、湯の中で、あるヒントを思い付きました。

 

魔女が魔法で、森の木を怪物に変える。

 

その怪物が、ヘンゼルとグレーテルを護り、オオカミを退治します。

 

その怪物は、森の木に宿った魔女の魂です。

 

なつは、坂場に話したストーリーを、絵に書きました。

 

なつは、イメージを描き、坂場は、ストーリーを作りました。

 

二人の作業は、朝まで続きました。

 

出社してきたメンバーに、なつがエンディングを説明します。

 

最後は、木の怪物が、悪魔の塔を倒します。

 

すると、食べられた多くの子供たちが、瓦礫の中から蘇ります。

 

木の怪物は、塔のあった跡で、大木となります。

 

森は光に包まれ、平和がやって来ました。

 

完成したストーリーを元に、原画の制作が、一斉に始りました。

 

なつぞら 88話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 88話あらすじ感想のまとめです。

 

なつやメンバーは、生みの苦しみに直面しますね。

 

最後の結末が、出来ません。

 

坂場は、子供たちが信用出来る森にしたいと、思っています。

 

原作の童話は、意外と残酷で恐ろしい終わり方をします。

 

子供たちが怖がる漫画映画に、したくないのです。

 

しかし、アニメーターは、作家や脚本家ではないので、苦労します。

 

なつは、北海道で育ったので、森のことは良く知っています。

 

おまけに、吹雪で遭難の経験もしています。

 

この体験が、ストーリーの結末に役立ちました。

 

世の中で、役に立たないことは、ないのですね。

 

そう言いながらも、咲太郎が、声優のプロダクションを立ち上げます。

 

今までの経緯件が役立ち、成功するのでしょうか。

 

咲太郎の場合は、ちょっと心配ですね。

 

外画、外国のテレビ映画の吹き替え

 

RECOMMEND
人気記事