なつぞら あらすじ30話です。

 

なつは、咲太郎と川村屋で会う約束をします。

 

しかし、咲太郎は、夜になっても現れませんでした。

 

咲太郎は、警察に捕まっていたので、動くことが出来ません。

 

なぜ、咲太郎は、逮捕されたのか。なぜ、マダムに恨まれるのか。

 

その理由が、次第に明らかになってきます。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ30話

なつぞら 咲太郎が逮捕される引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、咲太郎と新宿に行く約束をしました。

 

咲太郎は、六区館の楽屋で思案しています。

 

そこへ、咲太郎の師匠・島貫の相方の松井 新平(有薗 芳記)が、コソコソとやって来ました。

 

松井は、賭け事でついていたため、仕事をすっぽかしたのでした。

 

咲太郎は、松井に儲けたお金を貸して欲しいと頼みました。

 

10万円貸して欲しいが、幾らでもいいからと、松井に土下座しました。

 

松井は、仕方ないなと言いながら、戦利品の腕時計を差し出しました。

なつぞら なつ、咲太郎を待つ引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

翌日、なつと富士子は、川村屋で咲太郎を待ちますが、夜になっても咲太郎は来ませんでした。

 

信哉が咲太郎を探しに行きましたが、一人で戻って来ました。

 

咲太郎が、警察に捕まったと、信哉が言いました。

 

咲太郎が、質屋に持って行った腕時計は、盗品だと分かり、逮捕されました。

 

次の日、なつ達は、事情を聞くために、浅草の六区館へ行きました。

 

ダンサーのローズマリーは、咲太郎が腕時計を盗んでいないと言いました。

 

腕時計が盗まれた日、ローズマリー(エリザベス・マリー)は、咲太郎と一緒にいたからです。

 

でも、警察は、ローズマリーの証言を無視しました。

 

なつと富士子は、どうすることも出来ないまま、川村屋に戻りました。

 

川村屋では、茂木社長が、元ムーランジュールの支配人・藤田 正士(辻 萬長)と待っていました。

 

藤田は、いまや藤田親分といわれる存在です。

 

藤田は、戦後の混乱の中、元ダンサーの岸川 亜矢美(山口 智子)が連れてきた咲太郎を助けました。

 

亜矢美は、咲太郎を子供のように可愛がっていました。

 

咲太郎も亜矢美を母親のように、思っていました。

 

亜矢美が踊っていたムーランジュールが潰れた時、咲太郎は、ムーランジュールを買い戻そうとしました。

 

咲太郎は、10万円で共同経営すれば、買い戻せるという言葉に騙されてしまいました。

 

川村屋のマダム・光子は、咲太郎の10万円の借金の保証人でした。

 

川村屋に、信哉が駆け込んできました。

 

咲太郎は、腕時計を貰った相手を庇って、名前を明かさないといいました。

なつぞら なつ、咲太郎の手紙を読む引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

そして、なつへの咲太郎の手紙を預かってきました。

 

「こんな兄ちゃんのことは忘れて、北海道で幸せになれ。」と、書いてありました。

 

そのころ、十勝では、泰樹が、なつと結婚しろと、照男に言いました。

 

そうすれば、なつは本当の柴田家の家族になる。

 

一生この家に住むことになると、泰樹が言いました。

 

 

なつぞら あらすじ30話の感想まとめ

なつぞら あらすじ30話の感想まとめです。

 

咲太郎の事情が、分かってきましたね。

 

咲太郎には、母親のように可愛がってくれた、岸川 亜矢美がいました。

 

亜矢美は、ムーランジュールのダンサーでした。

 

だから、咲太郎にとって、ムーランジュールは我が家のようなものです。

 

そのムーランジュールが潰れます。

 

咲太郎は、ムーランジュールを取り戻すため、10万円で共同経営者になります。

 

ところが、その話は、ウソで、咲太郎は、詐欺師に騙されました。

 

若い咲太郎に、10万円もの大金を貸してくれる筈はなく、川村屋のマダムが保証人になりました。

 

咲太郎は、10万円を光子に返すまでは、新宿に戻れなくなりました。

 

光子は、咲太郎が騙されたとは知らず、逃げたと思い恨んでいたのですね。

 

事情は分かりましたが、借金を返すための行動が、裏目に出てしまいました。

 

どんな解決策が、あるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事