なつぞら 93話あらすじです。

 

日曜日、風車の仕事は休みです。

 

なつは、夕見子と雪治朗の部屋に行きました。

 

それから三人で、映画を見に行きました。

 

その後は、川村屋でカリーライスを食べました。

 

マダムが、席にやって来ます。

 

夕見子は、マダムに相談があると言いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第93話 なつ、夕見子と雪次郎で映画を見る

なつ、夕見子と雪次郎で映画を見る引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、坂場から「一緒に作って欲しい。一生をかけても、あなたと作りたい。」と、言われました。

 

日曜日、風車はお休みです。

 

なつは坂場の言ったことを考えながら、お店の電話番をしています。

 

夕見子は、風車が休みとは知らずに、やって来ました。

 

なつは、夕実子と雪治朗の部屋に行きました。

 

夕見子は、雪次郎に好きな人はいるのかと聞きます。

 

雪次郎は、蘭子に憧れていました。

 

なつも聞かれます。

 

坂場の名前が出ますが、なつは、否定しました。

 

三人は、何もすることがないので、映画を見に行きました。

 

雪次郎は、外国映画の字幕を読んで、吹き替えの練習をします。

 

夕見子は、雪次郎がブツブツとしゃべるので、迷惑だと怒りました。

 

映画の帰りに、三人で川村屋に行きました。

 

なつは、野上(近藤 芳正)に、夕見子を紹介します。

 

東京に遊びに来たのですかと、野上が尋ねました。

 

駆け落ちですと、夕見子が言い、なつが慌てて否定しました。

 

ウエイトレスの佐知子(水谷 果穂)が、案内しました。

 

佐知子は、マダムの紹介でお見合いをし、結婚が決まりました。

 

咲太郎を待つことができなかったと、佐知子が残念そうに言いました。

 

夕見子は、結婚しなくても、一緒に生きる道がればいいと、言います。

 

だったら、結婚って何なのかと、なつは思いました。

 

 

夕見子、マダムにある相談をする

夕見子、マダムに相談をする引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

マダム光子(比嘉 愛未)が、三人の席にやって来ました。

 

なつは、夕見子を紹介します。

 

マダムは、あなたは、家族にとって期待の星ねと、言いました。

 

マダムは、咲太郎が、会社を始めたと知っていました。

 

危なっかしいけど、やっと自分のために動き出したのね。

 

なつの開拓精神が、咲太郎の心を強くしたと、マダムが言いました。

 

夕見子は、立ち上がり言いました。

 

私にも開拓精神がる。相談が、あるのですが、と。

 

なつは、風車に戻って、夕見子の話をしました。

 

夕見子は、新宿でジャズ喫茶を開きたいと、マダムに相談しました。

 

物書きの彼を支えようという訳か。相当入れ込んでいるね。

 

夕見子が、なつの友達なら、ほっとけと言うう。

 

でも、家族だからね。

 

それに、なつが一人で悩むことではない。

 

と、亜矢実が言いました。

 

その夜、なつは、北海道の富士子に電話をしました。

 

そして、夕見子のことを知らせました。

 

なつが、夕見子のことを柴田家に教えると、夕見子は来なくなります。

 

だから、内緒にしておいてと、富士子に伝えました。

 

なつは、電話をしてよかったのかと、不安になりました。

 

なつぞら 93話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 93話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、夕見子が、ジャズ喫茶を開きたいと思っていることを知りましたね。

 

おそらく、恋人の高山をサポートしたいからでしょう。

 

高山は、モダンジャズが、好きだからです。

 

そう聞くと、かなり入れ込んでいると、思われます。

 

しかし、夕見子は、結婚は形だけだ、みたいに言います。

 

なにか、矛盾しているようにも感じます。

 

なつは、そんな夕見子を見て、心配になり富士子に電話をしました。

 

泰樹も剛男も、いつの間にか聞いていました。

 

富士子は、誤魔化しますが、泰樹と剛男は、様子がおかしいと感じます。

 

夕見子の駆け落ち騒動の行方は、どうなるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事