なつぞら 100話あらすじです。

 

雪次郎の舞台が、始りました。

 

なつや咲太郎など、知り合いが劇場に集まります。

 

舞台の初日を観て、みんな感激しました。

 

そして、舞台は、大成功で終了しました。

 

打ち上げの夜、雪次郎は、蘭子から家に誘われました。

 

二人だけで、お祝いをしようと、蘭子が言いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第100話 雪次郎が主演の舞台、初日が幕開け

雪次郎、初日の舞台を終わる引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

昭和38年(1963年)の秋、雪次郎が主役を務める舞台が、初演を迎えました。

 

なつや咲太郎、亜矢実らは、雪次郎の晴れ舞台を見逃せないと、劇場にやって来ました。

 

マダム光子、坂場、茜も観劇に来ました。

 

そして、雪次郎の演劇が終了しました。

 

みんなは、雪次郎に会い、凄く良かったと感想の言葉を伝えました。

 

蘭子も現れ、雪次郎を共演者だと認めました。

 

それから、風車に集まり、宴会となりました。

 

坂場が、舞台について語りました。

 

蘭子の芝居はすごいが、新しい演出に挑戦する意欲がなかった。

 

蘭子の芝居を見せるだけの芝居に見えた。

 

雪次郎が、新しいものを見出すキッカケになればいい。

 

劇団を変えていく、そういう存在の役者になって欲しいと、坂場が言いました。

 

ただの共演者で、満足するな。

 

離れていった劇団員を見返してやれと、咲太郎が言いました。

 

なつは、坂場の言い方を注意しました。

 

人に反感を持たれるような、話し方をしないでと。

 

坂場は、素直に謝りました。

 

なつと坂場のやり取りを見ていたマダムが、二人は仲がいいのねと、言いました。

 

坂場は、仕事仲間ですからと、言い訳をしました。

 

 

雪次郎が欄子の家に誘われる

雪次郎、欄子の家でお祝い引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

みんなを見送った後、雪次郎が言いました。

 

坂場は、恋人でないのかと。

 

なつは否定しましたが、坂場は好きかもと、雪次郎が言います。

 

なつは、分からないと、返事しました。

 

なつは、今は、テレビ漫画を成功させることだけを考えています。

 

切ないな。もっと人に甘えたらいい。好きなら好きと言いたらいい。

 

と、雪次郎が言います。

 

私は、仕事が一番好きで、同士でいることが、一番いいと、なつが言いました。

 

それから、雪治朗の舞台は、無事に千秋楽となりました。

 

雪次郎は、蘭子にお礼を言いました。

 

蘭子が、今夜打ち上げが終わったら、家にいらっしゃいと、誘いました。

 

二人だけで、お祝いしましょうと、蘭子が言いました。

 

その夜、なつが風車に戻ると、レミ子が待っていました。

 

雪次郎が、蘭子の家に誘われて、行ったことを教えました。

 

蘭子は、恋愛も仲間も、自分の演技の肥やしにする、根っからの女優です。

 

そんな人に雪次郎が溺れたら、役者として潰されるかもしれません。

 

その頃、雪次郎は、欄子の家を訪れていました。

 

雪次郎は、蘭子さんが好きですと、言いました。

 

私は、芝居しかない女よと、蘭子が言いました。

 

だから好きです。このまま、蘭子さんと、芝居を続けたい。

 

これは、勘違いですか。

 

そういう覚悟をして来ました。

 

と、雪次郎が言いました。

 

なつぞら 100話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 100話あらすじ感想のまとめです。

 

雪治朗の舞台は、無事終わりましたが、蘭子との関係が、微妙ですね。

 

雪次郎が、いきなり好きですと打ち明けました。

 

蘭子は、家に呼んだので、勘違いさせたのかと、言いました。

 

しかし、雪次郎は、勘違いでもなく、覚悟を決めて来たと、言いました。

 

雪次郎は、どんな覚悟を決めたのでしょう。

 

蘭子は、そんな雪次郎に、どう対応するのでしょう。

 

明日が、見ものですね。

 

一方、なつと坂場の仲も、ハッキリしませんね。

 

まあ、こちらは、雪次郎よりも、分かり安かもしれませんが。

 

明日を楽しみにししています。

 

RECOMMEND
人気記事