なつぞら 101話あらすじです。

 

雪次郎は、蘭子が好きだと告白しました。

 

また、新劇団に誘われたことも明かしました。

 

すると、蘭子は、笑い出し、勘違いしていると言いました。

 

しかも、雪治朗の演技は最悪で、一緒にやりたくないと、蘭子が言いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第101話 雪次郎に蘭子が決別を告げる

雪次郎、蘭子から決別の言葉引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

雪次郎は、蘭子の家に招かれ、蘭子が好きだと、打ち明けました。

 

蘭子は、家に呼んだので、勘違いさせたのかもと、言いました。

 

雪次郎は、そいう覚悟をして来たと、答えました。

 

雪次郎は、劇団を辞めていった虻田達から、誘われていたことを話しました。

 

でも、雪次郎は、迷わず断りました。

 

雪治朗の夢は、蘭子と芝居をすることだったからです。

 

新しい演劇を作るなら、蘭子と一緒に作りたいと、雪次郎は思いました。

 

赤い星座を蘭子と、盛り上げていきたいと、考えていました。

 

雪次郎は、蘭子を絶対に裏切らないと、言いました。

 

すると、蘭子が、ヤッパリ勘違いしていると、笑いながら言いました。

 

蘭子が、この夜雪次郎を自宅に誘ったのは、ダメ出しをするためだと言います

 

雪治朗の演技は、最低で最悪だった。

 

下手過ぎて、舞台の上で何度も笑いそうになった。

 

悪いけど、雪次郎と一緒には、もう何も出来ない。

 

虻田のところへ行って、新しい演劇を作ったら。

 

アマチュアは、アマチュアらしくね。

 

と、雪次郎は、蘭子の家から追い出されました。

 

雪次郎が去った後、蘭子は一人で涙を流しました。

 

雪次郎は、風車へ行きました。

 

なつや亜矢実、レミ子が、落ち込んでいる雪次郎を見て驚きました。

 

雪次郎は、そのまま朝まで、風車で眠りました。

 

なつも雪次郎に付き合って、風車のカウンターで眠りました。

 

 

雪次郎、蘭子との話を後悔する

雪次郎、蘭子との話を打ち明ける引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

雪次郎は、昨夜、蘭子とのことを詳しく話しませんでした。

 

目が覚めた雪次郎は、蘭子を傷付けてしまったと、言いましました。

 

蘭子に、好きだと告白し、虻田達に誘われたことも打ち明けました。

 

雪次郎は、新しい劇団に誘われた時、嬉しくて、やってみたい気持ちがありました。

 

蘭子は、雪治朗のそんな気持ちを見抜いたのかもしれません。

 

雪次郎は、下手過ぎて一緒に芝居を出来ないと、言われました。

 

しかし、亜矢実は、それは蘭子の本当の気持ちではない。

 

雪次郎を新しい劇団に行かせるため、ウソをついたのだと、言いました。

 

雪治朗の実力を認めたので、そうしたのだと、咲太郎も言いました。

 

蘭子にとって生きることは、舞台に立つことで、そのために、誰も犠牲にしたくないと思っていると、なつが言いました。

 

雪次郎は、もう一度真摯に考えてみることにしました。

 

なつは、それからもテレに漫画の挑戦が続きました。

 

坂場は、相変らず、なつに原画の描き方で、いろいろ注文をつけました。

 

そんな坂場との仲に、変化が起きるのでしょうか。

 

なつぞら 101話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 101話あらすじ感想のまとめです。

 

雪次郎は、蘭子から見事に振られましたね。

 

蘭子は、雪次郎が新劇団に誘われた話を聞きました。

 

虻田達は、蘭子に可愛がられてる雪次郎に、嫉妬をしてます。

 

そんな蘭子と別れて、自分達の演劇がしたいということです。

 

つまり、蘭子の演劇は、古くて進歩的ではないと、言うことですね。

 

そんな蘭子がトップにいては、若手の好きなようにはできません。

 

だから、離れて行ったのでしょう。

 

蘭子は、この話題を持ち出されて、傷付いたかもしれません。

 

将来のある雪治朗のために、叱咤し、新しい道を行くように言いました。

 

一方、なつ達も新しいテレビ漫画の手法を模索しています。

 

なつも雪次郎も、新境地を目指して、産みの苦しみを味わっていますね。

 

RECOMMEND
人気記事